デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

ハイテクだった渋谷

14年前の僕が興奮気味に書いているのが渋谷駅のトイレである。

渋谷 1996年の記述(抜粋)
総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ ★★
混雑度 ★★★
なし
すごいトイレです。トイレの順番待ちのための電光掲示板があります

このトイレでは、早く出てきそうな個室の前に立つ、という賭けをしなくてすみます。でも紙はありませんでした。

個室を待っている人は一列に並び、この掲示版を見て、空いたところに入ります。ハチ公のランプが消えているところが空いたところです。

「早く出てきそうな個室の前に立つという賭け」って、14年前は誰もフォーク並びをしてなかったのだろうか。思い出してみると確かにそんな気もする。ひどい時代である。


2010年 空き表示はなくなっていた

ハチ公の空き表示は見あたらなかった。トイレのレイアウトも違うので全面改装されたようだ。

個室が並んでる入り口にハチ公表示はあったと思うが、いまはない
きれい。渋谷の駅のトイレって汚いと思っていたけど。

フォーク並びが一般的になったのでハチ公表示が不要になったのかもしれない。人類の英知が普遍的な危機(もれちゃいそう)を遠ざけたといっていい。核戦争まであと何分という時計があるが、あれのおもらし版を作って針を戻したい気分だ。

そしてトイレにはユニクロの袋が落ちていた。トイレに洋服の袋が落ちていることは多いがかなりの確率でユニクロである。トイレで着替える人にユニクロは人気だ。ユニクロが次に広告を出すのはトイレの壁かもしれない(ターゲティング)。


< 代々木 △いちらんへ 恵比寿 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.