デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
14年で東京のトイレは変わったのか

男女兼用だった鶯谷

山手線のなかで1996年当時、唯一男女兼用だった鶯谷である。

鶯谷 1996年の記述(抜粋)


ラブホテルの街、鴬谷です。トイレは、奥の方がが女性用、手前が男性用となっていますが、入り口は同じです。

古い作りですが、わりと清潔です。便器には錆が出ていました。寒々しいトイレです。

総合評価 ★★
清潔さ ★★
広さ
混雑度 ★★
なし

トイレの入り口がいっしょでなかが分かれていた。手前に男性用便器があって、女性用(個室)に行くにはその後ろを通り過ぎる作りになっていた、気がする。

しかしそんなにきれいに見えないこのトイレを「わりと清潔です」と評しているところに1996年のトイレのレベルがわかる。1996年のおれ、かわいそう。

 

2010年 入口から別れていた

21世紀の鶯谷は男女共用ではなくなった。入り口から別々になっている。

誇らしげな入り口
明るくなって紙もあるトイレ

男女別で紙がある!って嬉しそうに書いているが考えてみればあたりまえである。でも14年前から来た気分で書くと家にセグウェイがやってきた!ぐらいのインパクトである。

工夫してあるドア
駅周辺地図に描いてある電車が古い

もともと男女共用だったトイレを別々にしたせいかトイレは狭かった。

狭いトイレを少しでも広く使えるようにか工夫したドアが設置してあった。トイレの外側に膨らんでいるのだ。これでトイレの幅が5センチは広くなる。シークレットシューズみたいなドアである。

そして駅の周辺の七福神の案内図に描いてある電車が古かった。この時代から使われているのだろうか。

京浜東北線沿いがもさもさだった

< 上野 △いちらんへ 西日暮里 >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.