デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
小便小僧の表情ウォッチ

誰もが人知れず咲かせるシリアス

人は小便のとき、真顔になる。このことを知ったのは、とある観光地の施設で入ったトイレの内装が全て鏡張りだったことからだ。

処理中にふと前を見ると、思いのほか真剣な顔をした自分がいた。ちょっとかっこいい、とすら思った。


標準の姿勢で心の準備
シミュレーション開始

さすがにリアルな場面を公開するのはどうかと思うので、放出しているつもりになって、その際にどんな表情になるのか確認してみよう。

ポーズをそれっぽくとって、水たまりの脇に立ってみる。心の放水準備ができたら実験開始だ。


効果音は各自、頭の中でつけてください
ほら、いつにない真顔

実際に出すことはしないものの、頭の中でいつもの放水のイメージを描く。…あぶない!シミュレーションなのについつい熱が入って、本当に出てしまいそうになった。

確かに真剣。人が真剣に何かに打ち込む姿はかっこいいというのはよく言われることだ。だから、小便をする人はかっこいい。そういうロジックだ。

続いて紹介するのは、茨城県守谷市の住宅街にある小便小僧だ。


美しく整えられた住宅街
憩いの広場的なところに彼はいた

守谷市は計画的に住宅都市として整備されたようで、とてもきれいで落ち着いた街だ。整理された道路に整然と立派な家が建ち並んでいる。

そんな中、街の一角の休憩広場にあるのが小便小僧。なんとなく格式の高さがうかがえる。掲示板によると、地域の協力で2004年に設置されたものであるらしい。


「あれから6年か…」
「ずっと小便が止まらないんだよね…」

虚空を見つめるような表情が印象的な小僧だ。腰に片手を当てたポーズは一見余裕があるように見えるかもしれないが、もうお手上げといったあきらめの境地を表しているようにも見える。

「そりゃ真顔にもなるよ…」

はじめの頃こそ止まらないおしっこに「おもしれえ!」と思っていたかもしれないが、ひと月目くらいからおかしいなと思い始めたことだろう。そして1年が経った頃にはすっかり虚ろになったという感じだろうか。

心に湧き続けるとめどない尿意。そういう運命の重みを感じさせる像だと思う。

続いては埼玉県越生(おごせ)市にある小便小僧を見に行こう。これまでの駅・公園・住宅街というロケーションとは一線を画すところにある。

結構な山道を進んでいきます
模擬木の上にたたずむ小僧

本当にあるのかと心配になるような道を進んでいく。しばらく行って突き当たったダムの前に、確かに小便小僧は立っていた。ずいぶん人の気配のないところだ。

通行者に愛想をふりまくという小便小僧の一般的なイメージはここにはない。かなりハードなところにある。


サルとセットになっているのも珍しい
「あー、ごめんね〜。高いとこから」

都市における立ち小便は軽犯罪のそしりを免れない面もあるが、こうした山の中では自然と一体化するような開放感がある。ざっくりした感じでロハスな小僧とも言えるだろうか。

都会ではハレンチと受け取られかねない小便小僧も、大自然の中ではワイルドなハックルベリー。高低差のある放尿がダイナミックで、小なる便という枠にとどまらない。


「鼻のところについてんの、みのむしだから」
「もうどうでもいいわ」

森のさまざまなカスがくっついているのもこのロケーションならでは。鼻のところに下がっているものを拡大して確認すると、みのむしだった。

鼻の下にみのむしついてるワイルド。そんな状況をどうにもできないまま放尿し続ける小僧の表情はやはり虚ろだ。


< もどる ▽この記事のトップへ つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.