デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
気になるレバ刺しを、レバ刺し好きと食べ歩く

4店目「日本再生酒場」

先ほどの店からほど近い、日本再生酒場に来た。新宿三丁目交差点そばの立ち飲み屋で、モツ刺しの品数が多い。おしゃれな内装のせいか女性客も多く、いつも賑わっている。


外の席まで満席でした。

「外でもいいです」と言うと、ドラム缶に案内された。楽しい。
メニューは段ボールながらも国産牛を主張。

レバテキ

ここのレバ刺しはレバテキといって、軽く湯引きされている。そしてごま油と味付けネギが乗せられているので、そのまま食べられる。


レバー好きとネギ好きの夢を叶える食べ物。

いただきます(本日3皿目のレバー)。
レバーとネギの黄金比や〜!
もう何を書いてもこの顔ほどの説得力は出せまい。

レバ刺しに抵抗のある人に食べてほしい

味付けされているので、料理として解釈できる。湯引きがしてあり臓物感もやわらいで見えるし、味も生々しくない。
普通のレバ刺しはちょっとグロくて…という人の入門編にもってこいだと思う。

レバ刺しに興味はあるけどあと一歩踏み込めない。そんな人の未来を変える一皿になりうるかもしれないぞ、これは。


結論:レバ刺しはどう食べてもうまい!

レバ刺しマラソン、完走!

4つ目のレバ刺し終了。ちょっとした達成感がある。打ち上げをしたい。いや、打ち上げでも同じような事するだけだよな。何はともあれ、二週間のレバ刺し巡りは内容が濃かった。

そしてもう一つわかったことは、安藤さんの表情による伝達はどんな言葉にも勝る究極の表現だと思った。完敗だ。


豚の脳みそ刺しを路上で食べられる店ってそうそうないかもしれません。
茹でた牛タンも、ほっとする味でした。

レバーうまけりゃ世は平和

主役のレバ刺しよりも、「んーー」とか「うまーー」とか言ってる人の写真ばかりになってしまった。でも、そういう人の写真を撮るのはつくづく楽しかった。
人によって好き嫌いのある食べ物は、同じ好きな人とは連帯感が生まれるようだ。そして集って食べればこんな楽しいことはないというものです。

食べてる人を撮る(を撮られていた)

< もどる ▽この記事のトップへ  

 
 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.