デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


はっけんの水曜日
 
とにかく黒いラーメン「富山ブラック」を食べてきた

中華そば「ぼんてん」

次に来たのが「ぼんてん」。店先に「ブラック」の文字が見あたらない、一見普通のラーメン屋だが・・・。


空いていると思いきや、12時を回るとどっとお客さんが流れ込んできました。
繁華街にあるわけではないのに。
カウンターに置いてあるのはなんだろう。
揚げ玉!?

 

これまた濃い

大喜のインパクトに負けず、すばらしい墨汁っぷりである。見た目の違いは煮卵がある事とブラックペッパーが最初からかかっていない事くらいか。太めの麺は富山ブラックの特徴のようだ。

それにしても富山に来てからというもの塩辛い汁ばかり飲んでいるけれど大丈夫かしら。


またしても深い闇の広がるどんぶりが置かれる。

水は3杯くらい必要でした。

うん、塩辛い

どこも期待を裏切らない塩辛さとは・・・。富山の人はどういう食文化を経てきているんだろうと不思議に思う。
ただ、たしかに塩辛いし醤油の濃い味がするのだけどすいすい食べられる。大喜で免疫ができたのだろうか。 それともすでに富山ブラックのとりこになりつつあるのだろうか。
少しだけ醤油を焼いたような香ばしさがあってクセになりそうだった。


揚げ玉をいれてみた

入店した時から気になっていた揚げ玉を入れてみよう。カウンターの中からおかみさんに「しょっぱさが丸くなって食べやすくなるよ」と声をかけられた。ついでにニンニクもおすすめとの事で入れてしまった。


揚げ玉だけだとたぬきそばのような味になったが、ニンニクも入れるとやっぱりラーメンだ。

揚げ玉がしょっぱさを和らげて食べやすくなった。この食べ方はビギナー向けなんじゃないだろうか。そしてきっと揚げ玉は富山ブラックにしか合わないんだろう。
そしてここまでアレンジすると何の食べ物がわからなくなってくるところも楽しい。

なんとなく、地元のソウルフードを見たような気がした。


< もどる ▽この記事のトップへ まだ食べます >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.