デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
メリケン粉からガムを作ってみた


料理漫画を読んでいると本当に美味しそうな料理が次々と登場する。

しかし残念なことに紙に印刷された漫画の中に出てくる料理の味はどうやったって味わうことは出来ない。

それならば自分で作っちゃえばいいんじゃないだろうか!? ということで、料理漫画に登場する料理を作って食べてみたいと思うのだが……。

(絵と文 北村ヂン



料理漫画大好きっ!

僕は自分が食べる物に対してあまりこだわりがない、基本的にお腹がふくれれば何でもいいと思っているタイプだ。しかし昔からなぜか料理漫画を読むのは好きで、やたらと買い集めている。

105円也のカップラーメンをすすりながら超ゴージャスな料理が登場する漫画を読んでたりしている生活は、我ながらわびしいことこの上ないんだけど。

 

いくら貧乏舌の僕とはいえ、それだけ美味しそうな料理の載った漫画を日々読んでいると、時々「コレ、食べてみたいなぁ〜」なんて思う時もある。とはいえ、高級なレストランや料亭に行くお金なんてないし……。

それならば自分で作ってみようと思い、「美味しんぼ」に登場する料理を再現するためのレシピ本を買ってみたりしたものの、料理といったら目玉焼きとスクランブルエッグ、あとホットケーキくらいしか作ることの出来ない僕にとって究極のメニューを自作するなんてハードルが高すぎだ。

そもそも究極のメニューって、究極の食材を探し出すことからはじめなきゃいけないような気がするし……そんなの面倒臭すぎるよ。

そんな時、こんな僕でもお気軽に作れそうな料理漫画料理を発見! それが「美味しんぼ」17巻に登場する「代用ガム」!

貧乏すぎてガムすら買えなかった子供時代の富井副部長に、お父さんが「じゃあガムを作ってやろう」ということで、メリケン粉からグルテンを抽出してそれをガムの代用にしたという話だ。

……うーんと、料理と言えるのかどうかすら非常にビミョーだけど、一応は「美味しんぼ」に出てきた食べ物だし……。それに、メリケン粉を水道水ですすぐだけで作れるという超簡単なレシピ。材料代も大してかかりそうもないし、これだったら僕でも作れるでしょ!

 

メリケン粉からガムを作る

ほい! というわけで、こちらのメリケン粉を使って「代用ガム」を作っていきたいと思います! 多分グルテンが多く含まれている方がいいんだろうなと思うので強力粉を使用。

ちなみに、自宅の台所はシャレにならないくらい汚いので、知り合いの事務所の台所を使わせてもらいました。

手の上にこんもりとメリケン粉を乗せて、ここにジャージャーと水をかけていくとデンプンの成分が流れ出し、グルテンだけが残されて代用ガムが完成するって寸法! いやー、カンタンカンタン。

……と思っていたんだけど。

ん?

あれ、全部流れちゃった。ガムはどこいった?

確かに「メリケン粉に水をかけたら、ただ単に流れて行っちゃうだけじゃなんじゃないの?」という疑問はやりはじめる前から若干抱いてはいたものの、「美味しんぼ」を読む限りはこんな感じで作れていたハズなんだけどなぁ……。

やっぱり究極のメニュー(じゃないけど)は素人がおいそれと作れる物じゃないってことなんだろうか。

この、すさまじく虚しい気持ちはなんだろう……

つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.