デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ

ひらめきの月曜日
 
甘くないカントリーマアムと羊羹
甘くないカントリーマアム作りました

お菓子には2つの種類がある。それは、甘いお菓子と甘くないお菓子だ。

だからどうしたという風が吹いて通り抜けて行くが、今回はその甘いほうのお菓子から甘さを抜いてみようと思うのだ。

甘いお菓子は「甘くて」おいしい。それが甘くなくなるとどうなってしまうのか。味覚というよりも、心に訴える結果が待っていました。

(text by 古賀及子

クッキーは、甘くないとクラッカーになる

単純に考えれば本来甘いはずのお菓子から甘さ(砂糖)を抜いたら、そもそも料理としてそのお菓子がきちんと出来上がらないか、出来上がったとしても美味しくないというガッカリした結末が出るのは予想できる。

そんなガッカリをわざわざ体験するのは嫌だ。それでも実行しようとしたのには訳があるのだ。

実は普通に食べるために自宅でなんとなく作ってみた砂糖抜き(ほんのちょっとは入れた)クッキーが意外にも美味しかったのである。


これ。粉ものが好きな人は普通に美味しくいただけると思う

クッキーというのは材料も作り方も本当に様々だ。手をかければいくらでもかけられるが、逆に手抜きもとことんできる。

私は手を抜きに抜いた、小麦粉と砂糖と油を混ぜて焼くだけというクッキー(というのだろうか)をよく作っていたのだが、ここから試しに砂糖を抜いてみたら意外に美味しかったのだ。

美味しかった、というか、それはクラッカーだった。

あ、クッキーから砂糖を抜くとクラッカーになるのか、と驚いた。考えてみれば当たり前かもしれないが、これは嬉しい結果で、もしかしたら他のお菓子からも砂糖を抜いたら何かうきうきすることが起きるのではないかと思ったのだ。

ターゲット、まずは羊羹

さて、では何から砂糖を抜いてくれようか。と考えたとき、まず思い浮かんだのは羊羹だった。

甘いものオブ甘いもの、ザ・羊羹、である。どら焼きの皮も、モナカの皮も、ついには金つばのあの薄い皮すらももどかしいとばかりの、あの直接的なたたずまい。ちょっとは遠慮して何か着てはどうだろうと常々思ってしまうほどのダイレクトな甘さ。

あの羊羹が甘くないって一体どういうことになってしまうんだろう。


甘くない羊羹作りのため、まずは甘くないあんこを作る

圧力鍋で一気に炊いて、砂糖を入れずに煮詰めて行く。どうなるんだろう……


さらにカントリーマアムを!

そしてもうひとつは「カントリーマアム」である。ご存知、不二家から出ているあの無敵の大ロングセラーおやつだ。


みんな大好きカントリーマアム。60年代ぐらいのアメリカ家庭の手作りクッキーを再現しているという柔らかさ

ん? カントリーマアムってクッキーじゃん。クッキーは甘くなくすとクラッカーになるって最初に言ったじゃないのさ? と思う方もいらっしゃるかと思うのだが、私の作るクッキーはカリッサクッとした固さのあるクッキー。カントリーマアムのほうはしっとりやわらかないわゆるソフトクッキーとはちょっと違う。

ハードなタイプのクッキーから砂糖を抜くとクラッカーになるなら、ソフトクッキーの場合はどうなる? という好奇心ももちろんあったし、なぜ銘柄指名でカントリーマアムなのかというと、ある人の反応を見たかったのだ。

「甘くないカントリーマアムのことを想像すると、絶望的な気持ちになる」

今回、私が甘いお菓子から甘さを抜いてみようと思うという企画を周囲に提案したとき、そんな言葉が言った人がいたのだ。当サイトに主に映像制作や出演で参加している宮城さんだ。


みんな大好き宮城さん。近頃は年末の時代劇での落武者姿が新たな一面として定着(本当はエアギタリストで映像ディレクターです)

果たして、甘くないカントリーマアムを作ったら宮城さんは絶望してしまうのだろうか。それを確かめてみたかった。

甘くないお菓子作り。味は、そして宮城さんはどうなってしまうのか。検証していこう。


  クッキー作り、ジャガイモを使います >
 


 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックエントリーNo.1いちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.