デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


年末年始とくべつ企画
 
年末スペシャル時代劇『江戸無血開城』


いよいよ『江戸無血開城』(そういえばそういうタイトルでした)が12本目にして完結。全部つなげたものはプープーテレビで20時に公開。

〜撮影が終わってから〜

安藤さんと林さんと三人でカルカルにて三日目撮影も実はあって、あとは編集とこの記事作成でぎりぎりでした。


みんな憑き物が落ちたようになっています

編集もこれだけ長いと大変ですよ

普段1分くらいの動画なのに、今回は30分近く。くわえてメイキングもあって追い込まれているのに、撮影の抜け落ちが見つかったりする。あわてて必要な素材を録りに(音だけでカバーすることにした)安藤さんのところへ。撮影が終わったからか顔がピカピカしていた。あの日はやっぱりみんなきつかった。

一体何をしていたのか、振り返ってもよくわからないが、とにかく目の前にお侍さんの格好をした周囲の人たちの素材があって、それを切った貼ったしている。また寝られない。


〜撮影現場から〜

初日のラストシーンで全体のラストシーンでもある。いよいよ出オチの住さん登場。


デイリーポータルを作った二人

住さんのキャラクターが変わった

最後は明治時代になっておわりにしよう、ということに決めていたので終わらせる役目を住さんにしてもらった。明治っぽいから、と決めたレンタルの服は大礼服というものだそうだ。帽子も別料金、頭の羽も別料金なのだが、ここら辺にくるともうたがが外れて、おもしろいから全部借りよう、と衣装屋さんからばこばこ借りていった。でも出番はこれだけ。ぜいたくをした。

衣装が変わった住さんは「ああ、皇族みたいな感じでいいかな」と勝手にキャラクターを変えて「さようならお江戸、こんにちわ明治」と平坦な感じでやるのが何か変で可笑しかった。

編集してて思ったけれど、やっぱり何かみんな変なんだけど似合っていて、それが何となく可笑しい。おもしろ記事をずっと書いてる人たちは変な筋肉が鍛えられるのだろうか。



ラストシーンで橋を疾走する原始人安藤さんを移動車から撮った一枚。

ぎりぎりだった。いや、今だってぎりぎりなんである。時間も体力もいろいろぎりぎりなんである。慣れないことはやるもんじゃないな、と思いながらも「時代劇を撮った」という冗談だけは達成できたのでよしとしたい。あとは全部、よしとできないくらい追い込まれたのであまり考えたくないのだ。

カルカルで最後の撮影を3人でしてたときの帰り道
林さん「大北くん、次はSFやろうよ」
安藤さん「あ、宇宙大戦争やりたいっすね」
大北「わはは、そんで出てくる異星人の家が貧乏だったりするんすよね」
こうして悲劇は繰り返されるのだな、と帰ってから思った。

あ、よいお年を。

 

プープーテレビで長いの公開します

各ページにちょっとずつ載せた動画は、1本にまとめたものはプープーテレビで公開します。公開は20:00〜。こちらでごらんください

 

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.