デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
旅の入り口部分だけを楽しむ


船出を待つ男

旅行というイベントの中でぼくが一番好きなのは、旅を計画し、準備し、当日の朝、空港なり駅なりで出発前にわくわくと胸躍らせる時間だ。つまり旅の入り口部分である。あと、自宅に帰ってきてから旅の思い出にひたる瞬間も好きだ。

そう考えると、現地で旅している時間というのは、自分にとってあまり重要ではないのかもしれない。

入口部分のドキドキだけ味わえるのであれば、現地に行く必要はないのではないだろうか?

榎並 紀行



旅の計画を立てる

ひとり旅のときでも、ぼくはわりときっちり計画を立てるタイプだ。まずはガイドブックを買い、現地の情報を調達する。


ガイドブックコーナーって楽しいよね

今回はひさしぶりにハーレーで旅をしてみたいと思った。5年前に高知まで遠乗りして以来の本格的なツーリングとなる。バイクといえば北海道の広い道を一度走ってみたいと、かねて思っていた。考えただけで気持ちよさそうだ。

徹夜で旅行プランを考えました

行きたいところがありすぎて付箋だらけに

 

完璧なプランを練り上げた

深夜のオフィスに居残り、夢中で計画を立てていたら朝になっていた。出社してきたみんなには「俺って働き者だろ」みたいな顔をしておくが、徹夜で作ったのはプレゼン資料ではなく今週末の旅行プラン。おあいにくさま。

おかげさまで、このままツアー会社に持ち込みたいくらいの良プランができたのでなないかと思う。

どんなプランかというと、こんなのだ

●1日目
7:40 羽田空港発
9:15 札幌着、市内でバイクをレンタル
9:35 すすきので朝食(味噌ラーメン)
11:00 札幌市郊外でスノーモービルに乗る
13:00 昼食(スープカレー)
14:00 石狩国道から旭川方面へツーリング5時間
18:00 旭川のライダーハウスにチェックイン
19:30 旭川駅前の地ビール館で夕食(ジンギスカン)
23:00 就寝

●2日目
8:00 美瑛パッチワークの路ツーリング
10:30 旭山動物園(園内で昼食)
13:30 雪の美術館見学
14:00 道央自動車道、札幌方面へツーリング
16:00 札幌でバイク返却
16:30 市内で土産さがし
17:30 海鮮居酒屋で夕食
20:30 JRタワーの展望トイレ(夜景を見ながらおしっこ)
21:00 新千歳空港発
22:35 羽田着

●予算
飛行機代(往復)/1万7800円
貸バイク代/1万9425円
ガソリン代/1950円
宿泊費/600円
レジャー/1万2150円
食費/1万80円

合計/6万2005円

朝いちばんの飛行機で札幌に行き、ハーレーは現地で借りる。旭山動物園などのメジャースポットもおさえつつ、海岸沿いのツーリングなど、自分なりのこだわりもおさえた。最後は前から行きたいと思っていた札幌駅前のJRタワー。100万ドルの夜景を見下ろす男性用トイレでおしっこをしたいのだ。

予算は5万円台に抑えたかったが、ハーレーとスノーモービルのレンタル代が高くついて少しオーバーしてしまった。その分、ライダーハウスに泊まることで宿泊費が600円に、飛行機代もスカイマークの格安チケットがあったので相場の半分以下で抑えられた。全体的には納得している。


荷物は必要最小限のものでコンパクトにまとめた
現地でのコミュニケーションツールとして手品を持っていく

 

ウキウキと荷づくりをする

旅の準備も楽しい行程のひとつだ。カバンに入れるものをひとつずつ吟味していく作業は旅の醍醐味といえる。

まだ11月とはいえ、きっと北海道は寒いだろう。防寒に重きを置いて、やや衣類を多めに持っていくことにする。

あと、先月社員旅行に参加した際、レクレーションの景品としてもらった手品セットも持っていこう。
泊まる予定のライダーハウスには、僕のようなハーレー仲間が集まっているかもしれない。僕は人見知りなので、手品を通じてライダーハウスの人たちと仲良くなりたいと思う。

さあ、いよいよ出発は明日だ。朝は早いのでもう寝なくては。


つぎへ >
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.