デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
酔っぱらうと危険な居酒屋

なぜ危険なのかと言うと、居酒屋の入口から道路までの距離が異常に近いのだ。「玄関開けたら2分でご飯」という昔のCM風に言えば、「玄関開けたら1歩で車道」である。酔っぱらってふらふらと店外に出たら命に関わる。気になったので酔っぱらうと危険な居酒屋に行って来た。

(text by 住 正徳



そのお店は津久井道沿いにある

酔っぱらうと危険な居酒屋は東京都世田谷区三軒茶屋と東京都町田市を結ぶ県道沿いにある。世田谷通り、津久井道と呼ばれている道路だ。

よく車で通る道なので以前から気になっていた。問題の居酒屋の前を走る時は、酔っぱらいが飛び出してくるかもしれない、と「かもしれない運転」を心がけている。出て来ないだろう、と高をくくった「だろう運転」をしていたら人身事故につながってしまう。

運転する立場からもそれくらい緊張するお店である。お客の立場だとどんな心地がするのだろう。

最寄り駅の「読売ランド前」から徒歩でそのお店に向かった。


読売ランド前の地味な方の出口を出て

津久井道沿いを町田方面に歩く

駅からしばらくはガードレールがあり、しっかりと歩道が確保されている。しかし、そのお店に近づくにつれ、ガードレールはなくなり歩道の道幅がせまくなるのだ。


歩道ぎりぎりを歩くおばさん

歩道と車道の境界を示す白線の上を歩くおばさん。買い物袋は車道にはみ出ている。
そして、このおばさんの左側が「酔っぱらうと危険な居酒屋・てっちゃん」だ。

道路の反対側からお店の全貌を見てみよう。


白いバンの向こうが「てっちゃん」

タクシーの向こう

今入口が見えた

三軒茶屋と町田を結ぶ道路である。交通量がとても多いのだ。車が邪魔でなかなか「てっちゃん」の全貌をとらえる事が出来ない。

車が途切れるのを待ってデジカメのシャッターを押した。


酔っぱらうと危険な居酒屋

「てっちゃん」を訪れたのは午後2時過ぎ。営業時間外だった。
夜、改めて来る事にして「てっちゃん」と津久井道の距離を測ってみた。


車道までの距離は79センチ

まずは玄関から車道までの距離を測った。「てっちゃん」の入口から白線の内側までメジャーを当てる。


玄関から車道までの距離を測定

測定結果は79センチ。一般的な平均歩幅は「自分の身長-100センチ」で算出出来るらしいので、身長179センチの人だと「てっちゃん」を出て一歩で車道、という事になる。僕は167センチなのでセーフだ。

さらに、「てっちゃん」の看板から車道までの距離も測ってみた。


看板から車道までの距離を測定

その距離はなんと29センチ。おばさんの買い物袋もはみ出るはずである。
測定中も僕の真横を車がビュンビュン通り過ぎていく。



大きいのから 小さいのまで、とにかく車通りが多い

僕は死にません 大きいのが多い


みんなが「かもしれない運転」をしてくれればいいのだが、中には「だろう運転」の人もいるだろう。やはり、酔っぱらうと危険だ。


さらに道を下ると

本題から逸れてしまうが、「てっちゃん」から更に町田方面に少し下ると「浮かれると危険なセクシーグッズショップ」がある。


セクシーグッズ

このお店も入口から車道までの距離が近い。


片手分ほどの距離

良い買い物をした、などと浮かれて店を出て両手を広げたりしたら大変だ。片方の腕が車に当たってしまう。セクシーグッズ片手に事故に遭ったら色々と面倒臭そうだ。


アダルトショップをやりませんか?

このように、セクシーグッズを買う時にも注意が必要な訳であるが、本題は居酒屋の方である。

夜になるのを待って、改めて「てっちゃん」にやって来た。



歩道ぎりぎりに歩いて「てっちゃん」を目指す

酔っぱらうと危険な居酒屋の店内はどうなっているのか?
そして僕は酔わずにこのお店を出る事が出来るのか?





 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.