デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
同じものをたくさん集めると楽しくなってくる
このようすは3ページ目で!

タイトルで全て言ってしまったが、同じものをたくさん集めるとだんだん面白くなってくるのだ。

見過ごしてきた些細な違いに気付く。意外なバリエーションに興奮する。分類方法を考えはじめる。

これまでそのような企画を当サイトでも載せたことがあるし、個人的にもガスタンクやトイレの写真を集めていたこともある。

原点に戻って身近な見てるようで見てないものを集めてみたい。ボタン、のぼり、Tシャツである。それぞれいったいいくつぐらいから興奮し始めるだろう。(林 雄司


野のボタンをあつめる

エレベーターのボタンをだだだだーっと押す子どもがいるが、子どもに限らず大人だってボタンを押してみたい。飛行機の操縦席が魅力的なのはきっとスイッチがたくさんあるからだ。押しボタン式の信号は普通の信号よりも嬉しい。

ボタンが魅力的であることが一般的であるということを説明したかったのだが、ほぼ自分の話をしてしまった気がする。ボタンが好きなのだ。

街にはボタンがあふれているので、主に屋外にあるボタンの類を集めてみた。野ボタンである。

コーヒーの味を変えるボタン
冷たい飲み物が出てくるボタン
電車を止めてしまうボタン
駅員が出てくるボタン
信号を変えるボタン
大きな音を出すボタン
ドアを開けるボタン
中に住んでる人の声が聞こえるボタン
領収証が出てくるボタン
遠くの人を呼び出すボタン
遠くの人の声の大きさを変えるボタン
エスカレーターを止めるボタン

ボタンは魔法だ

並べてみるとボタンはすごい。ボタンってすげえ!(2回書いた)すごいのはその効果だ。電車は止めるわ、遠くにいるひとを呼び出すわ、領収書は出てくるわで、まるで魔法である。そうかと思えばコーヒーの味を変えるなんて小粋なこともできる。

もしこれが自分でやるならば「もう1杯、いや、すりきり1杯」とか迷いながらコーヒーを入れなければならないし(インスタントです)、ひとに頼むなら「もうちょっと濃くしてもらってもいいですかね。このままでもいいんだけど。」なんて遠慮しつつ言わなければならない。

12個ではやくも興奮し始めました。

夜だけ有効なボタン
わからないボタン
下に行けるボタン
シャッターを閉めるボタン
大使館の場所が分かるボタン
楽しそうなボタン
戸締まりしたら押すボタン
知らないひとが出てくるボタン(知らない家だから)
押したらオフィスの電気が消えて大混乱のボタン
火事の時だけ押すボタン
汚いボタン
大使館の場所が分かるボタン

ドラえもんなみではないか

屋外でボタンを撮っていて気付いたこと

・押したら大変なことになるボタンがけっこう野放図にある
→ 電車が止まる、必要ないのに押すと罰せられる
・大変なときに押すボタンもある
→ 火事
・スイッチは多いがボタンはあまり少ない。

ドラえもんの道具ではボタンひとつでしずかちゃんの家が見えたり、宇宙人がやってきたり、邪魔な人を消したりできるが街にあるボタンもなかなかである。核ミサイルのボタンまでいかずとも趣がある。野趣あふれる味わいである。

無機的にならべるつもりがじじい趣味みたいになったところで次のターゲット、のぼりである。このままだとボタン専門サイトを作ってしまいそうだ。




 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.