デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
むしろハズレが気になるガチャガチャたち

ガチャガチャで学ぶ実社会

  続いて訪れたのは、ガチャガチャのラインナップが充実しているおもちゃ屋さん。店自体も昔ながらのたたずまいで味わい深かったが、ガチャガチャも種類が多く魅力的だ。

 

おしっこもらしそうな充実ぶり

 

 数ある中からトライするのを選んだのは、これだ。

 

マジ欲しい

 

 ボタンを押すと、小島よしおのセリフが流れるというボイスストラップだ。まずい、これは欲しい…。個人的に小島よしおの結構なファンなので、普通に欲しくなってしまった。

 そういう意味では残念感をあえて味わうという今回の趣旨とはずれてしまう。ただ逆に、欲しいからこそ本気で残念に思えるということも言えるだろう。

 もちろん、全てが当たりのタイプではない。しっかりとハズレ入りが明言されている。

 

手書きでのアピールは珍しい 中にのぞくあの小島が欲しい

 

 わざわざ手書きでハズレが入っていることを表示しているのは初めて見た。こうして言われると余計に緊張感が高まる。今回の記事で初めて「ハズレないでくれ」と思う。

 カプセルは透明タイプで、商品が入っているのが見て取れる。頼む、出てきてくれ!

 

あー… あー…

 

 今回のガチャガチャはこれまでのものとは違い、200円を投入するタイプ。それゆえだろう、ハズレとは言え出てくる物の質はなかなかに高い。知らないアニメだかゲームだかのフィギュアが2連発で登場。きれいによくできているとは思う。

 そして、本気でやってくるがっかり感。今回は斜に構えてハズレを楽しむことはできていない。さあ、次はどうだ。

 

たまごっちのキャラクターだった気がする 光る

 

 出てきたのは、確かたまごっちで見たような気がするキャラクターの何か。適当にいじっていると、星形になっている台座を回すことによって光ることがわかった。

 さすが200円のクオリティ。それはわかったから、小島よ出てきておくれ。

 今回も設定した5回ルールは守りたいので、残りはあと2回。ハンドルを回す手にも力が入る。

 

おりゃー! おりゃ…

 

 願いむなしく、小島は登場せず。後ろに引くと走る車のおもちゃと、男前豆腐店のストラップだ。

 ものすごく残念。5回ルールを破ってもう少しやってみたくなってしまったが、費やしているのはすでに1000円。ここはやめておくべきだろう。

 悔しく思いながらガチャガチャの中をのぞいてみる。

あれー?

 

 奥に当たりが入ったカプセルが3個並んでいるのが見える。ただ、よくよく見ると、下に落ちてこないように透明のプラスチック板でガードされているではないか。

 そう言えばこういう仕掛け、子供の頃にのぞいたときも見た覚えがある。ちくしょう…。

 もちろん手前の方にちゃんと出てきそうな当たりのカプセルもあったので、売り方として不当なことをしているわけではないと思う。ただ、こんなところにも現実社会の実態が見えた気がしたのは否めない。子供はこうした経験を通して世の中というものを学んでいくのだろう。

ガチャガチャを通して人は成長する

  ガチャガチャのハズレで残念感を味わおうとした今回の試み。期待通りの結果が出たと思う。

 改めてガチャガチャをやってみて、子供がいろんなものを学び取る要素が詰まっていることを感じさせられた。自分が本当に欲しい物を見極めることも大事だろうし、お金の使い方の自制心も育つだろう。

 そして小島の例のように、商売上の思惑が交錯する実社会を学ぶことにもなるだろう。

 悔しくってあとからヤフオクを見てみたら、小島よしおのボイスストラップは2種類セットで600円とかで売られていた。大人ながらにショッキング。自分も実社会を学びました(実際買いました)。


 
 
関連記事
俺たちの考えるガチャガチャ
上海のガチャガチャに挑戦
ガチャガチャのマシンを紙で作る

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.