デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
イッツコムロゴ


フェティッシュの火曜日
 
江戸前天麩羅の高級ネタ、ギンポを釣りたい

ギンポ釣り開始

木村さんの記事を読む限り、ここでのギンポ釣りは何本か竿を用意して、岩の間に竿を突っ込んで立てておき、ギンポがかかるのを待つのが正しいやり方っぽい。しかし私が使っている竿は岩の間に差し込んでも、重力に負けて倒れてしまう針金ハンガー。仕方がないので手に持って探り歩くことにした。

釣りというよりは、どちらかというとダウジングしている人みたいである。お金とか落ちていたら竿が反応しそうだ。それはそれで楽しそうだ。


ダウジングでギンポ釣り。

 

いきなり釣れるギンポ

釣りはじめて早々、まだ五分もしないうちに「釣れた!」という声がした。驚いて振り返ると、友人が竿の先にニョロニョロとした生き物をぶら下げているではないか。


あ、ギンポ。

さすが正しい方の釣り方をやっているだけあって仕事が早い。いきなり本日の本命であるギンポを釣り上げている。

まあこれも私がマグロの大トロを奮発したからに違いない。なんて負け惜しみをいってみたりして。

 

私には釣れないギンポ

よし、次はきっと私の番だなと思って、岩と岩の間に竿を突っ込んで歩くものの、なぜかちっともアタリ無し。なぜだ。やっぱり針金ハンガーじゃダメか。

背中越しに、「あ、また釣れた!」「おお、大物!」「すげーたのしー!」といった友人のハイテンションな声が絶え間なく聞こえてくる。

このまま一匹も釣れなかったら、エサ代代わりに一匹分けてもらおうかと弱気なことを考えはじめたころ、ようやく私の竿にもビビビっときた。

ドキドキしながら岩の間から竿を抜く。ちょっと小さいギンポかと一瞬思った獲物だったが、残念ながら違う魚だった。


質感はギンポに似ている。

残念ながらギンポではなかったけれど、とりあえず魚が一匹釣れてホッとした。やっぱり釣りは釣れると楽しい。そしてはじまる外道(本命以外の魚という意味)の連鎖反応。

友人がギンポを連発する中、確実にギンポ以外の魚を釣り上げていく私。おっかしいなあ。


なんだこりゃ。

お、ちょっと大物。でもギンポは釣れない。

この釣り方、針から竿までの距離が極端に短いので、魚のアタリ、ヒキがダイレクトに伝わってきておもしろい。気に入った。

ギンポは釣れないけど。

 
 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©its communications Inc. All rights reserved.