デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
ふつうの日記を日本史風に

続いて岩山のダム

今日最後の目的地はロックフィル形式の阿木川ダム。だいぶ日も暮れかけているので、急いで見学しましょう。


阿木川ダム すぐ下流には恵那の街が広がる

早くしないと暗くなってしまう、と思って急ぎ足でダムの上を歩いていたところ、いきなり足を滑らせて転んでしまいました。いたた…と思って足元を見ると、そこにはバナナの皮が!何でこんなところにバナナがあるんだよー!と怒りを皮にぶつけますが、ゴミを放置するわけにもいかないので、回収して帰ってきました。


――薄暮の頃、阿木川堰堤を歩いていると、南蛮の果実に足を滑らせ転倒。武士を転倒させるとは、手打ちにしてくれる!否、珍しいので持ち帰ることに。この一連の出来事は、「阿木川の歩(ほ)」、「阿木川の滑(かつ)」、「阿木川の転(てん)」、「阿木川の怒(ど)」、「阿木川の掃(そう)」として広く知られています。――


足早にダム見学していると 突然バナナの皮が!
あー いたた…
こんにゃろ! しっかり回収

そうこうしているうちに、すっかり日も暮れました。帰りましょう。

でも長丁場なので、途中のサービスエリアで休憩して食事とトイレも済ませました。


――巡礼も済み、故郷へ帰るとします。途中、談合坂の茶屋で一休み。飯と厠を使う「談合坂の食(しょく)」、「談合坂の催(さい)」、「談合坂の爽(そう)」というところまでは記録が残っているのですが、その後の行方は分かっていません。無事に武蔵国に戻れたのかどうか、真実は歴史の闇の中なのです――


個人的にすごく好きな談合坂サービスエリア 腹減ったー
もれるもれる スッキリー

というわけで、一日の自分の行動を歴史的表記で追ってみました。

下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるかな、と思ってしつこく続けてみましたが、一文字表記はまったくフィットしてくれませんでした。やはり千数百年の積み重ねには敵わないということでしょうか。でも、このページのデータが残っててくれれば、千年後くらいには歴史的表記として認知される日がきっと来るでしょう。

むしろ心配なのは、ここまで読んでくれた人がどのくらいいるのか、さらにその中で理解してくれた人がどの程度いるのか、ということです。

途中から自分でも意味が分からなくなってしまったので。

この「フルーツ」の表記は変だよね

中央高速駒ヶ岳サービスエリアにて

 
 
関連記事
日常生活を法廷風スケッチで
ダムめぐり
ビバ!じじい趣味

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.