デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


チャレンジの日曜日
 
多摩が鬼太郎だらけ
 


最近
アニメ化されたり
映画化されたりと
ちょっとしたブームになっている
あの妖怪漫画
「ゲゲゲの鬼太郎」。

みんなも好きだよね。

僕もゲゲラーとして
鬼太郎は
大好きなのですが、
なんと!

多摩には
「鬼太郎通り」
なるものがある!

とのことなので 、

さっそく
ゲゲゲっと
行ってみることにしました!

(text by ヨシダプロ



というわけで
妖怪大好きな俺たちゲゲラーにはたまらない
その目的の地「鬼太郎通り」は、
「調布」という街 にあるらしいので

多摩から京王線にて
向かおうと思いますが、

水木先生の
鬼太郎たちに会えるうれしさから

まだかなまだかなと
電車を待つ駅のホームからもう

はやる気持ちを抑えられません。


そして
飛び乗った車内でも


テンション上げ上げで
気持ちも高まるばかりですが、


やっと目的のステーション


調布に着いたのでした!

ではさっそく!
ということで

調布の駅から
駅前のすぐ近くにあった

ココについに
やってきましたよ!

パルコ!!

ただいま
調布のパルコは
バーゲン中!

はなやかな
ディスプレイに

へえ〜 このバーゲン品  いいわねえ〜


さすがの僕も大興奮。

って

あらやだ!

今日は
パルコに買い物に来たんじゃないわよ!!

いっけねぇ〜
パルコ関係なかったですね

きょうは調布の
鬼太郎通りに
やってきたんでしたねぇ〜。

というわけで初心に帰って
パルコの奥のほうの
交差点を
渡ろうとしたそのとき、

調布の町の上空に掲げられていた
とあるものを
僕の目が捕らえました!!

!!

こ、これは
もしや!!

 

ゲゲゲのなにがし!!

まさに
鬼太郎!!

というわけで
街中に
突然現れましたが、

どうやらここが
本日目的地
鬼太郎通り(本名:天神通り)
とのことだったのでした!!

で、じつは
鬼太郎の作者の水木先生が
ここ調布に在住とのことで、
このような通りが作られているとのことでした。


でさらにはその柱には
ここ調布市にまつわるくだりの
描写の激中のコマの模様まで!

かなりのゲゲり具合に
ますます気持ちも高まるってものですが、
ではそんな通りを
爆進していくことにいたしましょう!


で、さっそく通りに入ると
いきなりちょっとした断り書きがありまして

 

あらやだ 何かしら

となんとなく読んでいると
そのとき!

ん!!

あの左前方に
捕らえたあれは
もしや!!


鬼太郎!!

会いたかったよ、

ホントの鬼太郎です!!

こんなところに
いきなりいましたよホントに!!

これには
さすがの僕も


大興奮!!     

ゲゲゲ氏
ホントに
こんな街中に
いきなりいらっしゃるだなんて

鬼太郎通り
その名にたがわず
かなり たまらない通りでございます!

ってことはこれから
どんどん
ゲゲゲ氏の仲間の妖怪たちが
街中に突然
次々と出てくるんじゃないかしら!!
ってことで

とっても楽しみでございますが、

きっとここにも…




ここにはいないようでしたが、

じゃぁ
きっとここにも…

ここにはいないようでしたが、

きっと
ここにも…



いねぇ


特にいねぇー


あれぇ〜

この通り
妖怪満載だと 思ってたのに〜


やや肩を落としていた
そのとき!!

「こ、 これは!!」

そのとき僕が目にしたものとはっ!!

パチンコ海物語
ガイアの日!!!

これはすごいわよね!!
パチンコしないのでなんだかよくわからないけど。


…ってこれ
今日のテーマとは関係ないですね
すみません
集中していませんでした
また妖怪探しに戻りたいと思います。

 

……

と、再び通りに目をやったら、

ん!?

あそこの
なんか台の上で
寝ているのは!!

屋外でありながらもまるで自宅のように
だらしのない風体で
寝ているあの男は
も、 もしや …!!

ネズミ男!!

ネズミ男です!!


あのネズミ氏まで
ホントに
街中に突然 いましたよ!

さすが鬼太郎通りでございます!!

いやぁそれにしても
ネズミ氏
あいかわらず実物を見ても
華がない 体ですが、

それにしても
ふと冷静に考えてみると
ネズミ男ってひどい名前ですよね。
種をあらわしてる
普通名詞ですものね。

まぁ
ネズミについては
もういいとして、

するとその先にはなんと、

おしゃれな洋品店もありまして
これには僕も大興奮!!

なんとあのシャカパンが
破格の980円!!

さらに
洗濯物!?と見間違いそうな
その魅惑的なディスプレイにまたしても僕も

大興奮!!

してしまっていたのですが、
今回の目的は
冬物買出しではないので
集中!集中!
ということで
また集中力を取り戻しまして、
鬼太郎通りに目を凝らしてみたそのとき、

ん!!

あ、あそこにいるのは
もしや!

鬼太郎の
仲間の!!

ネコ娘!

一反もめん!!


このおなじみの二人に
僕もたまらず 大興奮!!

…でも、
あれ?
この二人って
そんなに名コンビだったっけ?
ま、まぁいいか

で、いろいろまじまじと
(ダーリン ダーリン)いろんな角度から
ネコ娘を見てみたのですが、

それにしても

!!

このアングルからの
お顔は
ギリギリアウト
かと思いました。
ごめんね
ネコ娘。

 

そんなこんなで
また先に進んでいくと

ゲゲゲシティならではの


鬼太郎による
防犯警告ビラや、

日焼け

なんかのノボリもありまして、

それらにひかれつつ
さらに歩みを進めていくと

ん、

そして
アソコに見えてきたのは

!! もしや…!!

あ、

あれは!!!

あの
おなじみの、

こんにゃく!!

で、なくて

ぬりかべ〜

なのでした。

いやぁさすが鬼太郎通り
いいですねぇ〜

おなじみの
あまりに見事な壁っぷり
さすがの僕も



大興奮!!


いやぁ〜

かべ〜


ぬり〜

ぬりかべ〜


べべべべべぇ〜

…ん、

触わりすぎ?

まぁ
実はこれ、
なんともともとこの場所には
おなじみ妖怪の
子泣きじじいが
いたようなのですが、
それが
心無い者によりぶっ壊されてしまったようでして、
その代わりに
再建されたのがこの
ぬりかべだったのでした!

そんな事件があったがゆえに
こんな

防犯カメラWARNING!
まであったのでした!
確かにそんなことは絶対にしちゃいけないことだよな!!

 

ってなわけで
一通り
有名妖怪にはすべて出会ったところで、
通りの最後に
また鬼太郎がいたのですが

そこにはこのように
先ほどちょっと触れたように
いくつかの鬼太郎人形が損壊されてしまったことがあったのですが、
それの再建費用はなんと
市民のみなさんの募金により
実現したもの!とのことで、
この涙無しでは語れない
市民のみなさんの温かさには
ホント感謝感謝でございます

                「マジありがとうございます」

 

と、
たくさんの妖怪たちにあって
すっかり満足したところで
帰宅の途に
着こうと思った
そのとき、

なんとこの調布から
ちょっと行ったところに
深大寺
というところがありまして、

そこにはなんと
「鬼太郎茶屋」という
なんともなんともな
謎の超ゲゲゲスポットが
あるとのこと!!

これは
行かなきゃハドソン!
ということで
バスに乗り込んで
向かってみることにしたのでした!


 

そして
その地で待っていたものとは!!
驚愕の一部始終は
次のページにて!!

 

 

 

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.