デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
喫煙セラピー

亀有のドラえもん

亀有駅前のイトーヨーカドーにやって来た。ここの3階には「キッズプラザきゃらんど」という子供のための遊び場があり、ドラえもんのマシーンが1台ある。「ドラえもん南海大冒険」というアトラクションである。


ドラえもん南海大冒険 コックピット

舵で大砲を操作する 大砲

悪者 うまくいくとしずかちゃんが褒めてくれる

舵で大砲を操作して海賊をやっつけていく。「それじゃあみんなで悪い海賊をやっつけに、いざ出発」とドラえもんの声でゲームがスタート。舵で大砲の方向を定め、ボタンを押すと弾丸が飛ぶ。うまく海賊に当たると「いいぞいいぞ」とドラえもん。のび太も「そうそうその調子」と合の手を入れる。制限時間が迫ると「もう時間がないよ」とのび太が困ってしまうが、それに惑わされる事なく落ち着いて狙っていこう。

時間が来ると、「おしまい。楽しかったね。それじゃあ、結果発表」とドラえもんから結果が発表される。結果はAランクであった。「すごいわ、じょうずね」としずかちゃんが光り、「やった、凄い数の海賊をやっつけたよ」と大山のぶ代。

ちなみにあまり海賊を倒せなかった場合、



ジャイアンのしごきが待っている。


イトーヨーカドー亀有店「ドラえもん南海大冒険」:大山のぶ代


池袋の大山のぶ代

東武池袋店の8階、ファミリーガーデンにも大山のぶ代がいる。「ドラえもんのどこでもドア」というゲームだ。どこでもドアを使って色々な世界に行き、そこに隠れている仲間を捜す。


ドラえもんのどこでもドア(画面中央) どこでもドアの冒険が始まる

ロケーションを選択 ドラえもんの腕を握って操作

どこでもドアが開き 選んだロケーションが画面に現れる

「まかい」「かいてい」「ちてい」など、12のロケーションのうち行きたい所を3カ所まで選べる。「みんなどこにいるのかな? 僕と一緒に探してね」と大山のぶ代が言うので、ドラえもんの腕を左右に操作して仲間を見つけていく。「まかい」にはのび太、「くものせかい」にはジャイアン、「おもちゃのくに」にはスネ夫が、それぞれ見つけてもらえるのを待っている。


東武池袋店「ドラえもんのどこでもドア」:大山のぶ代


新宿の大山のぶ代

新宿は、京王百貨店の屋上「SKY PLAY LAND」で大山のぶ代の声を聞く事が出来る。マシンは2台。上野松坂屋にあった「ジャイアントドラえもん」と「ドラえもん大冒険」である。


高層ビル街をのぞむジャイアントドラえもん 孫の面倒を見るおばあちゃん

新宿のタイムマシーン 背もたれには、ドラえもん、ドラミ、のび太

高層ビルとタイムマシーン 昔の世界で悪者を退治

2台とも上野松坂屋のものと全く同じ動作であった。もちろん大山のぶ代の台詞も一緒だ。


京王百貨店新宿店「ジャイアントドラえもん」:大山のぶ代
京王百貨店新宿店「ドラえもん大冒険」:大山のぶ代


ここまで、5カ所のドラえもんを巡ったが、いずれもリニューアルはされていなかった。すべて大山のぶ代バージョンである。どのマシーンもきっと高価なものに違いない。そう簡単には買い変えられないのであろう。

きっとどこを見ても同じ状況に違いない。大山のぶ代さんと水田わさびさん、2つのドラえもんが共存する世界。それが現実なのだ。

自分の中で結論は固まったが、念のため、最後に渋谷のドラえもんを確認する事にした。

 

「そして渋谷」

東急百貨店の渋谷東横店。ここには大きなドラえもんが1台、ポツンと置いてある。


僕ドラえもん 頭の中に入ってね

あたまが うごくよ

ドラえもんの頭の中に入りスイッチを押すと首を振り始める。動きはそれだけである。液晶画面もない。そして、音声もない。渋谷のドラえもんはしゃべらないのだ。これならば声優が変わっても影響がない。ドラえもんのデザインが変わらない限り、リニューアルの必要がないのだ。このマシーンの制作者は声優の交代を予測していたのだろうか。とてもクレバーな設計と言えよう。

いつも心にドラえもん

大山さんと水田さん、どちらの方が良いという話ではない。ただ、僕には大山のぶ代さんの声の方がしっくりくるのは事実だ。長い間、大山のぶ代さんのドラえもんを見てきたのだから仕方ない。そう言った意味では、今回巡った場所に行けば大山のぶ代さんに会える訳で、それはそれで嬉しい事だと思う。

Jackpot : Jackpot
僕につられてどこでもドアにかぶりつく子供

 
 
関連記事
「のび太は最近もダメらしい」
中国でドラえもんの絵本を発見!これドラえもん?
ゲーセンの多すぎるビル

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.