デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
バジルシードで目の掃除?

目のゴミったって・・・

運動場や工事現場など埃っぽい場所ならわかるが、ふつうに家にいてそうそう目にゴミが入って困るものではない。現に今、目は非常に良好な状態である。

それでも、なんとか少しでも効用を証明せねばと、座布団をたたいてホコリを出し、そこに首突っ込んでみる。


カッと目を見開いて。

目は痛くはないが、なんらかのゴミが投入されたはずである。さて種はどんな働きを見せるだろうか。手を洗浄して種を一粒手に取る。

・・・。逡巡中。
い、痛くはないと思うけど。
?なんともない。
目のきわを滑らせる。

撮影のため目を開けっ放しにしていたせいで目が赤くなっているが、種に目が触れた感触は非常にやわらかく、違和感はなかった。吸い付きやすい寒天状の表面が、目の上を自然に滑っていってくれた格好だ。

ひととおり滑らせたところで、取り出して表面を調べると・・・。


確かにホコリ、とれてます。

うーん、昔の人はこうやって清潔な目洗いをしていた、というのだが本当だろうか。確かに清浄なものを使っている気はするが、そんなに目のゴミに悩まされていた時代だったのか。

ところで、今ふと種の入っていた袋を見たら注意書きが。

「種子を食用・飼料用にしないでください」

ありゃ。というわけなので、皆さん園芸用の種を真似して食べてみたりしないでください。

鑑賞だけにしてプヨ。

 
 
関連記事
アイボン装置
目を回すと目は回るのか
ベランダ菜園でパクチー(香菜)を育てた

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.