デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
ギプス内かゆみ対策グッズをつくる

試して頂きます

マクラさんの待つ病院へ向かった。

針金ハンガーが神田邸になかったので、100円ショップに寄った。 私はかなりの自信作を持っていったつもりだったが、その苦心の作が水の泡になるようなすばらしいグッズを発見。お見舞いとしてもぴったりの品だ(後述)。喜んでくれるにちがいない。


よう!

点滴中に紙ヤスリを試す神田ぱんさん
「痛っ!」という顔を何度も見ることに……
左:花青購入のコスモスの造花。右:土屋見舞い品のバラの造花
お、いいかも!

 

家族愛がかゆみを緩和する

「お、よーしよしよし」の声と「痛っ!」の声がなんども病室に響きわたる。整形外科とはいえ一応は患者。その病人が一番威勢が良かった。


協力者が必要だが一番効果のある家族愛グッズ

 

一番効果のあったグッズ発表


1位
土屋:アカ擦りタオルプラス針金ハンガー(入れるとき用)ただし協力者が必要
2位
2人:ずっと「ねじりっこちゃん」と呼んでいたひねって強度をつけた針金・自由自在な動きでワキの下も掻ける
3位
妻(神田ぱん):紙ヤスリ抜きのアルミメジャー
4位
100均:「あそれいらない」と言われたかわいそうな造花たち

一番手応えを感じたのは原始的ともいえるシンプルなものだった。土屋イチ押しだが、まったく手のかからないグッズだったのでやや複雑な気分。しかも神田邸の風呂場から拝借しただけだ。

残念だったのはバラの造花がお気に召さなかったことだろう。暗くなりがちな病室に花を添える意味でもこのグッズには意義があるはずだったのだが、マクラさんに限りそんな気遣いは無用だった。ひと夏木っ端みじんで、落ち込んでいるかと思ったのだが「そりゃ海で骨も折るだろうよ……」というほどのパワーは健在で、逆にほっとした次第だ。

この記事が公開される今日、無事マクラさんのギプスは外されるはず。ギプス解放記念(?)おめでとうございます。

というよりもなによりもご家族の方々、大変大変おつかれさまでした。

ギプスのかゆみにお悩みの方に

(またはその可能性のある元気な方へ)

真剣に取り組んだつもりでしたが、やはり、自家製掻き器は限界もあり危険も伴います。ギプスがずれる原因になったり、皮膚が傷ついたり するので、決しておすすめはできません。

その後、神田ぱんさんが調べつくした結果、ギプス装着時にオススメの商品を発見して重宝したそうなので紹介しておきます。

ターゲットフレッシュ

専用のノズル付き、ギブス内のかゆみを軽減してくれる専用スプレー。病院の処方が必要で薬局では売っていませんが、一部のネットで購入できます。また、介護用などでよくある清拭料などもおすすめだそうですよ。


 
 
関連記事
包帯の正しい巻き方・間違った巻き方
不謹慎を許して、美味「病院カレー
ギプスをおしゃれに履きこなす

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.