デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


ちしきの金曜日
 
牛にバナナの皮をやる

それでは、いざ!


バナナの皮、どーぞ 舌でペロン
……パクッ! もしゃもしゃ

おぉ、食った!牛がバナナの皮を食った!

バナナの皮を牛の鼻先に持っていくと、 くんくんと鼻を鳴らした後、舌を出してペロッペロッと味見。 食えると判断したのか、パクッと一口。

いやはや、牛がバナナの皮を食べるというのは本当だったのか。 少なくとも、この牛は皮を食べた。


動画でもどうぞ(音は出ません)


別の牛にも与えてみる

しかし、一匹の牛がバナナの皮を食べたからといって、 全ての牛がバナナの皮好きとは限らない。

さっきの牛は、食えるものならとりあえず何でも食ってやれ、 というスタンスの牛なのかもしれないし (ちなみに、私はそういうスタンスだ)、 飼い主からのプレッシャーを感じてイヤイヤながら仕方なく食べたのかもしれない。

どの牛も、変わることなくバナナの皮が好き。 それを証明する為には、他の牛にもバナナの皮を食べさせてみて、 きちんと食いついてくることを確認しなければならない。

というワケで、別の牛にもバナナの皮をやってみた。


さぁ、どーぞ ……ハムッ!
ハムムムム むしゃむしゃ

やはり食った。しかもかなり食いつきが良い。 よこせ!とばかりに私の手からバナナの皮を力強く引っ張る牛くん。

それにしても、いやぁ、見事な食べっぷりだ。 くっちゃくっちゃとアゴを動かしながら皮を租借する牛くんを前に、 私はなんだか凄く良い気分になっていた。 家族が残さず料理を食べてくれた時のおっかさんも、きっとこんな気分なんだろう。


再び動画で(音は出ません)

ちなみに、皮だけでなく実の部分も少しだけ与えてみたが、 こちらはわずかに口に含んだだけですぐに吐き出してしまった。

どうやら牛は、バナナならなんでも良いというワケではなく、 あくまで皮の部分が好きらしい。


実の部分はお気に召さないよう


バナナやり、楽しい

牛にバナナの皮をやるのはなかなか面白いものだ。

私がただ近づいただけでは全く関心を見せない(むしろ逃げようとする)牛たちが、 バナナの皮を見た途端、フハフハと息荒くこちらに寄ってくる。 ぎょろりとした目を輝かせながら、こちらの手にあるバナナに舌を伸ばしてくる。

それが、何とも楽しい。


たそがれる牛

いいからバナナの皮食え! べろーん どうだ?バナナの皮の味は

うまいっす! バナナの皮、サイコォー!

バナナは牛を狂わせる。

黄色く、かぐわしい香りを放つ甘美な果実(の皮)が、 その反芻動物たちを引き付ける。 牛たちはベロンベロンと舌を出し、我を忘れてそれを口へと運ぼうとする。

牛はバナナの皮に夢中になる。 そして私は牛に夢中になる。


バナナ食えー 食えー、うまいだろう? うまいか!そうか!
俺のバナナの皮を食えー 2本か?バナナ2本ほしいのか? このいやしんぼめ!
バナナ食えー食えー食えー 食えー…… ……

はっ!

少々我を失っていた。気が付くと、私は逃げる牛たちを追いかけていた。 私は夢中になるあまり、 牛が恐怖するような異様な雰囲気を放っていたのだろうか。

ふと後ろを振り返ると、そこには笑いながら私を見るスリランカの人々の姿があった。 どうやら私が牛にバナナをやっていたその行動の一部始終、見られていたらしい。

私は苦笑いを浮かべながら、慌てて残りのバナナの皮をビニール袋にしまい、 そそくさとその場を後にした。

まぁ、ともかく、牛はバナナの皮が好き。 それはもう、間違いの無い事実のようである。

ヤギもバナナの皮が好き

 
 
関連記事
落ちているバナナの皮レポート
闘牛アンダーグラウンド
牛はそんなにゲップをしてるのか?

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.