デイリーポータルZロゴ
このサイトについて
東急メディアコミュニケーションズ


土曜ワイド工場
 
川がキラキラしている
それは小川にあるという。


この間ディープインパクトのいる牧場に行ったが、そこの牧場で流れていた小川がとてもきれいで、キラキラしていた。ものすごくハデな装飾してキラキラさせている携帯電話をデコ携帯と呼ぶなら、あの川は「デコ川」と呼んでいいぐらいだ。

とりあえず見てください。

(text by 小柳健次郎



きれいな小川。どこらへんがキラキラしてるかというと、中心から右下にかけて白いぽつぽつとした物があります。これがデコ川の象徴である、キラキラです。

こんなキラメキ見たことない。これがデコ川だ。デコ川だよ。

 

要は光の反射が美しい

きれいな川できれいなキラメキを見ると、ウッカリそういうのは特別に美しい川でしか見られないものではないかと思ってしまう。そしてデコ川とかいう名前を付けてしまう。

が、別に特殊なことでもなんでもなく、単に太陽の光が揺らぐ水面に反射してるだけなので、どんな川でもデコるんである。


水面が揺れるところでキラメキ発生。
水面が揺れてないから草も一直線。

この写真の川はあまりきれいではない。というよりなんか変な泡が流れてたりして、正直ちょっと汚い。あとなんか臭い。

でも左の写真のようにキラメキは発生する。デコ川である条件は、その川がきれいかどうかは関係なく、ただ晴れた日で水面が揺れて反射が起こっていれば良い。水面が揺れてなかったらフーフーすれば問題ない。

つまりデコ川と普通の川はなんにも違いがないことがバレてしまった。でもやっぱりデコ川と呼ぶのはきれいでキラキラしている川に限定したい。生理的に。

 

デコ川コレクション

ということでそんな素敵なデコ川を取り集めてみました。どうぞ目くるめくキラメキの世界をご賞味ください。


控えめななきらめき。デコ川と思わないと普通の川の写真になってしまうので注意。デコ川です。

これはわかりやすいデコ具合。

ふっくら艶やかなデコ川。

ド派手マダム大行進なデコ川。

森の中のひっそりとした狭い川で発見。美しい田舎の娘といった感じだろうか。

連なる光がまるで天の川のよう。写真は全部なにも加工とかはしてません。

カメラの設定を変えるとこんなふうにも撮れる。なんとなく亡くなる間際に見る景色のよう。

服もきらめく。

トドもきらめく。

 

揺らめく川のきらめく時代

川がこんなにキラキラしてるなら、世のキラキラもすべて川になっていくんじゃないだろうか。未来を先取りして、世間の光ってるものをデコ川をプリントしたものに変えてみた。 


ビックリマン懐かしいなー。キラキラシール出るかなー。
やった出たー!川キラシール出たー!(出ません)

デコ携帯とかってむかし流行ったけどさー、
これからのロハス時代はこれよねー。

ミラーボールデコ川。すごくきれいだと思います。
紙を貼っただけだしほとんど光らないけど。

ギャル小川、大量発生の予感

デコ川はとてもキラキラしている。そして輝きには品があった。

世の中にはたくさんの光り物があるが、あまりに付けすぎるとあのマダムやあのギャルみたいにとても品のないものになってしまう。

将来その人達が小川の品のあるきらめき具合に気付いて、小川をプリントしたシャツやストールなどを来たギャルが発生するかもしれない。背中にでかい機械をしょって、頭から小川を流すマダムもいるかもしれない。

そんな妄想をさせるほどの、デコ川のきらめきの綺麗さでした。

写真の確認をしていると、でかいコイが写っているのに気づいた。

 
 
関連記事
地味なものをキラキラに
釣具屋でデコ電作り
そのへんのマイナスイオンを計る

 

 
Ad by DailyPortalZ
 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ
個人情報保護ポリシー
©TOKYU MEDIA COMMUNICATIONS INC. All Rights Reserved.