デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


はっけんの水曜日
 
天然記念物はサバ缶が好き


以前見に行ったヤンバルクイナはすごく厳重に飼育されていました。

沖縄で天然記念物というとヤンバルクイナとかイリオモテヤマネコとかを思い浮かべる。生息数が少なく、絶滅の危機がある動物たちだ。

ところが沖縄にはサバ缶を置いておくとぞろぞろと集まってくる天然記念物がいるらしい。本当だとしたらかなりリーズナブルなやつらだ。確かめてきました。

安藤 昌教



さばで健康。

本当だろうか

サバ缶に天然記念物が集まる、そんな話を聞いて早速サバ缶を買ってきた。68円だった。こんなので本当に天然記念物が集められるのだろうか。以前見に行ったヤンバルクイナはかなり厳重に管理された環境で飼育されていた。たぶんサバ缶とか与えられたことはないだろう。

海、砂、そして木。

その動物は砂浜のある海で、しかも近くに樹木が生えている場所を好んで生息しているらしい。いろいろ探した結果、意外と近所の海がその条件を満たしていることに気づいた。こんなところに本当に天然記念物がいるのだろうか。

 

木陰に仕掛けます。
早速サバ缶を開けて木の下へ置いてみた。場所を変えてあと2箇所、缶詰の中身だけを置いてある。

 

覗きっぽいけど違います。

あとはじっと待ちます

野生の動物なのだからそれなりに警戒心も強かろうと思い、ちょっと離れた場所から望遠レンズで撮影することにした。この体勢でじっと天然記念物の出現を待つ。何が現れるのだろうか。ワニとか蛇とかだったら嫌だな。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation