デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
地元丼を探せ
丼といえばこの言葉がピッタリです。


カツよりカツ丼、鰻より鰻丼。「丼」がつくだけで食い気が増す。どんぶりをガツっと掴んで、おかずと飯をチャカチャカっと流し込む快感は他のどんな食事よりも上回る、という人は少なくないだろう。ガサツと言われようと!

そんな丼フリークなら、「××丼」という新種の名前を聞いただけで「この店入りたいッ!」と心踊らせて当たり前。しかも「カツ丼」「親子丼」的な名前で内容が分かるものではなく、「深川丼」的な中身が計り知れない上に地元カラーを感じさせるものならなおさら。そんな東京の地名がついた「地元丼」の数々を食してきました。

大坪ケムタ



高田馬場はちょっとB級、だがそれがいい!

まずスタートは早稲田大学をはじめ数多くの大学・専門学校が所在する学生の街・高田馬場。学生=大食らい、という昭和マンガ的イメージからしても地元丼があるにふさわしい街だ。

しかし、地元丼が出来たのはつい最近の話。登場したのは今年JR駅構内にオープンした丼と定食の店「ちゃぶぜん」。学生や社会人が行き交う駅は「活気のある場所」「早く喰う必要性」と丼を出すにはもってこいの場所だ。そんな「馬場丼」がコレ。


うどんとセットで670円。天かすは取り放題!

ご飯の上に盛られたのはチキンカツとキャベツ、その上に麻婆ソースがトロリ。その下には鶏そぼろがふりかけられている。どこが馬場なのかはさておき、「チキンカツ+麻婆ソース」というメインの組み合わせにはオリジナリティを感じさせる。


カツの厚みはこのくらい。ちとサミシイ。
でも「ご飯大盛無料」は丼好きを震わせる!

丼の魅力というと、上に載った具とご飯を一緒に食べた時に現れる味のハーモニーであることは言うまでもない。そういう味のマッチング的にはどうよ?というと、ご飯の上に載ってるのがパサっとしたカツだけに丼ならでは!という魅力にはやや欠ける気がしないでもない。ソースとの相性は悪くないのだけれど。

しかし揚げ物と濃いソース、隠れキャラとしてのそぼろの存在という量だけでないお得さのボリューム感は、学生の街・高田馬場の名を冠するに及第点。薄めのカツや下のご飯が透けて見えるキャベツなど、各具材の充実度に物足りなさを感じる人もいるだろうが、駄菓子にも似たこのB級感は結構好きなんだけどな。


黒酢、超プッシュ中。

同店は馬場丼以外にも、かつ丼・三色鶏つくね丼・とろーり豚カルビ丼など、丼ものが充実してるのが嬉しい。あとモーニングサービスで黒酢を推しまくってるのが気になった。朝から丼でパワー!酢で体グニャグニャ!体を硬軟両面からバックアップということか。


■馬場丼

具と飯相性 ★★★

ガッツリ感 ★★★★★

地元らしさ ★★★★

 

吉祥寺はパワー系

続いての地元丼は武蔵野市吉祥寺。東京都内の「住みたい街ランキング」で常に上位に来る同駅、武蔵野美術大学があったり「漫画家が多く住む街」というのもあり、どこかカルチャーなイメージがある街といえる。

そんな吉祥寺駅公園口にある、その名もズバリ「吉祥寺どんぶり」の吉祥寺丼がこちら。


ご飯2杯分近くのボリュームで550円。

メインの丼は4種類あり、醤油にんにく・醤油しょうが・塩にんにく・塩しょうがから選べ、いずれもみそ汁に生卵がついてるのが嬉しい。

今回頼んだのは醤油にんにく。ザ・丼!というべき大きめの器にしっかとつがれたご飯、そして豚肉と葱!まさにガツガツと勢いつけて食うために生まれたような、言い意味でオシャレっ気無しの丼。これですよ!

さらに嬉しいのが、カウンターに並べられた調味料の数々。タレから辛味、マヨネーズなど自らブレンドすることで最強の丼をコーディネートすることが可能。特にマヨネーズが置かれてるのが個人的にはかなりグッド!


カスタマイズ自由自在!
マヨネーズもりもり。

ただ、なぜ吉祥寺にこの丼?というとイメージがしっくり来ないような。外から見てオシャレ、洗練という印象のこの街と肉体労働系丼はマッチしてるかというと、うーん。といってもオシャレカフェで「KICHIJOUJI-BOWL」なんて丼出されててもヤですけどね。偏見ですけど。


プロレス系単語もこういう店では正しい。

■吉祥寺どんぶり

具と飯相性 ★★★★★

ガッツリ感 ★★★★★

地元らしさ ★★★

 

続いて、日を変えて新橋に行ってみた。友人の話によると「新橋丼」を見たことあるというのだ。

TVで政治問題をインタビューされるサラリーマン、終電を逃し酩酊するサラリーマン、始発時間にカラスを追い回すサラリーマンなどがしばしば目撃される「サラリーマンの街」新橋。というかそういう印象が強い。何より飲み屋が素敵に多い!そんな街のどんぶり、あぁ気になる!


地域性は一番高そうな感じなのだけど‥。

 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation