デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


フェティッシュの火曜日
 
板橋観光

北町若木トンネル。若木町側の入り口。崖につっこんでるみたいでしょ。

地形図で見てもこの高低差。
数値地図 5mメッシュ(標高)カシミール3D を使用しています)

エレベーター付き歩道橋

第一の目的地・トンネル

これが実家(いまは知らない人が住んでいる)の近所にできた北町若木トンネルである。環八が通っている。

猟犬をたくさん飼っていた家とか内田さんちがなくなって環八ができていた。景色が一変している。ダムの底に沈んだ村、みたいなことが自分が知っている土地でおきたことに驚く。

このトンネルは北町と若木というふたつの街をつないでいるのだが、北町と若木は高低差があるのだ。低地にある若木町からはトンネルというか、道路が崖につっこんでいる。分かりにくいので図示すると

こういうことなのだ。しかしどうだろう。みんな板橋のトンネルに興味あるのだろうか。僕はいま遠足でつまんない説明を延々としている地学の教師みたいになってないだろうか。

いや、僕には垂涎もののトンネルなのだが、あのときの地学の教師の気持ちがよくわかる。カルデラをばかにしてすまなかった。

トンネルの写真を撮っていると散歩中のおじいさんに声をかけられた。すっかり景色が変わっているので写真を撮っている、と説明すると、おじいさんは

「弁当屋はひっこして別のところでやってるよ」

と教えてくれた。ドラクエだったら次の町でのヒントになりそうな情報だがここは板橋だ。竜とかいない。

蜂蜜焼。懐かしい味。

華やかにします

トンネルを見てひとり悦に入っているのも板橋観光としては偏っている感があるので、板橋初心者を招いて板橋の魅力を分かりやすく伝えてゆくことにしたい。一般性のある観光に戻すのだ。

写真は移動中に食べた蜂蜜焼。大判焼きと呼ばれたりしているもの。うまい。母親が買ってきてコタツに入れてある味。

次のページから板橋ぶらり旅みたいな記事になりますぜ。

 

 


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation