デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
うかれコンビニ調査隊

今のシーズンのコンビニは通常よりちょっとうかれているかも。


ここ3ヶ月ほどコンビニをテーマに記事を書いてきた。

読者のかたからちょこちょこ反応がきている。おおむね良い反応ばかりだが中に気になる感想があって
「面白いんですが、地味ですね」
という反響をいただいたことがある。

確かに地味だ。所詮はコンビニの中で済む些末なできごとを取り上げているので地味にならざるを得ない。
ハードボイルドなサングラスとか袖のとれるスーツとかの派手さ、ポップさは通常のコンビニにはない。なぜなら人々はコンビニに派手さ、ポップさを求めていないからである。昔からコンビニは地味なものだと相場は決まっていた。

しかし、そんなコンビニも頑張って少し派手になるときがある。それはどういう時期か。

今のようなシーズンですよ。お盆とか花火とか。

(text by 梅田カズヒコ



いつ行っても“いつも通り”のコンビニ

こういったシーズン、観光客が集まる場所のコンビニはほんの少し盛り上がるのだ。今日はどのクラスにも居るようなちょっと地味めの男の子(愛称:コンビニくん)が夏になって少しだけうかれている様子を紹介します。どうかほほえましい目でご覧ください。

とにかくうかれているコンビニがみたい。そんな気持ちで東京近郊の二大うかれスポット(お台場,舞浜)に行ってみることにした。果たしてコンビニはうかれているのか?

 

お台場、いきなりすごい人

 

お台場の玄関口、東京テレポート駅。平日はウソみたいに空いているが、休日になると人が大挙して人が訪れる。もちろんお盆もだ。

うわ、なんだこりゃ。いくらお盆とはいえ人、多すぎ。駅員に聞いたところ、今日は花火大会だという。おそらく今日この瞬間、花火大会とは知らずに、かつレジャー気分でもなくこの場所に立っているのは僕だけではないか。前日の予定が雨天で順延したらしい。<BR>
でも、こっちにしちゃ願ったり叶ったり。いい“うかれコンビニ”を発見できそうだ。<BR>
さっそく駅そのばのサンクスへ。ここは普段からやたら人が多い。

 

レジがすごい。(本文中1)色合いが妙にはっきりしています。

積み過ぎのおにぎり。(マウスオンでアップに)

お総菜コーナー。見慣れない白い容器が大量に並んでいる、と思ったら、(マウスオン)からあげでした。

これが花火大会当日、うかれコンビニの全貌だ。

駅から花火の会場へ続く行列の一部がどんどんコンビニに吸収されていく。こういった土地勘のない見物客が一カ所に大挙するとき、コンビニは「便利なよろづや」としての激務を見事に勤めあげる。人々は会場に向かう前にあらゆる期待やトラブルを想像しながらコンビニで買い物を済ます。そういった意味でコンビニと花火大会は一見対極に位置するもののようだが実は切っても切れない縁だ。2つは太陽と月のような相関性。もちろん花火大会が太陽でコンビニは月。太陽に照らされ、淡く光り出すコンビニを見ていこう。

まず入って圧倒されたのがレジ。急遽用意された5つのレジに9人の店員。それぞれがせわしなく自分の役目を必死にこなしていた。間違いなく今夜は時給アップだ。お店が繁盛してご機嫌の店長から差し入れもありそう。がんばれ、店員さん。

やはり売れ筋はおにぎりなのか通常の何倍ものスペースを埋め尽くして販売されていた。そしてついにスペースが限界に来たのか通常のコンビニでは見られない積まれかたをされていた。あまり見かけない状況に陥っているうめおにぎり。(マウスオンでアップになります)
隙間なく積まれているおにぎりを眺めていると、ハチの巣が六角形なのはそれが一番効率のいい巣の組み立てかただからだという話しをなぜだか思い出した。

こういった些末なイレギュラーに出会えるのが“うかれコンビニ”の醍醐味である。醍醐味だと感じているのは僕だけではないかと少し不安になるが。

人がごった返すコンビニを歩く。店内はカメラをぶら下げた客や携帯の写メールを掲げたお客さんが居る。お台場の花火大会には約60万人の人が集うらしく、そのほとんどが写メールをぱしゃぱしゃ撮っているだろうが、おそらく僕だけが違う対象物を撮っているだろう。

花火大会の楽しみ方の極北に立っている気がした。

総菜コーナーには見慣れない白い容器がたくさん置いてあった。なんだと思って手に取ってみたら(マウスオンで画面が変わります)この正体はからあげでした。片手に収まるサイズで300円。価格のほうもうかれ気味だが、このあたりはお祭りに免じて許してやっていただきたい。

クーラーボックスなんかも大量に売ってました。
ガリガリ君もお祭り仕様で大量発注。
忙しいんだよ! トイレなんか貸してやれっか! って感じ。 
お店の外には家族連れが。手にはフランクフルト。僕の中でフランクフルトは“うかれ食品”です。

 

お台場のコンビニは確かにうかれていたぞ。

お台場のコンビニは想像以上にうかれていた。花火大会の底力を知った訪問だった。花火の本番は夜。まだ本番まで時間があるのでひとまず舞浜に移動してみることにした。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation