デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ひらめきの月曜日
 
開拓時代にタイムスリップの村
入り口でもある管理棟。旧札幌停車場(むかしの札幌駅舎)を再現した建物でおしゃれ。


札幌市、江別市、北広島市にまたがって、野幌(のっぽろ)森林公園という広大な道立自然公園があり、その敷地内に「北海道開拓の村」という屋外博物館があります。

開拓時代といっても、アメリカ西部の開拓時代ではなく、北海道の開拓時代のお話。

「開拓の村」では、北海道の開拓時代、明治・大正のころの建物が54ヘクタール(札幌ドーム約10個分)という広いエリアに移築・再現されており、北海道に入植してきた当時の暮らしぶりを目の当たりにできます。

施設内の建物の数の多さ、最限度の高さもさることながら、それらを支えるボランティアさんがたの働きぶりがスゴイ!ということで実際に開拓時代を体験するべく行ってみました。

(text by 加藤和美



ボランティアの久志本さん。

ボランティアのガイドさん登場

北海道開拓の村では、ボランティアさんに村内を案内してもらうことができるとのことで、事前に予約予約!

当日案内してくれたのは、左の写真の久志本さん。
流れるような名調子の解説ぶりに、キャリアを聞いてみるとなんとボランティア歴10年!

中にはボランティア歴20年(!?)という大ベテランもいるそうで、「私はまだ中堅ってところですかね」と、あっさり。

10年で中堅とは、開拓の村のボランティアは奥が深い。


それでは久志本さんにくっついて、開拓の村の中へ。

 

市街地郡にあるメインストリート。左右には店舗が並び、電信柱まで再現。

町並みから再現度高し

北海道開拓の村は、大小あわせて約52もの建物があるが、それぞれ、

  • 市街地郡
  • 漁村郡
  • 農村郡
  • 山村郡

に分けられている。

そのため、ジャンルの違う建物が並ぶことはなく、敷地内を歩いていると、エリアごとに統一感のある雰囲気を楽しむことができる。


このシステムは……そう、あのレジャースポットの王様、ディ○ニーランドと同じ。

というのはさすがにいいすぎかもしれないが、確かに世界観はバッチリ。
どこを見ても雰囲気をそぐことのない見事な町並みぶり。

 

馬車を引いているのは道産子。村には道産子が3頭いる。

 

馬が引くソリをつくる人々(の、人形)。何も知らずに家に入ると、ちょっとびっくりする。

市街地郡をゆく

メインストリートをはさんで、当時の施設や店舗が並び、少し奥まったところには住宅や学校などがある。

実際に使用されていた建物は当時の雰囲気そのまま。
また外見だけでなく、建物の中は家具や小物にいたるまで本物が置かれていて再現度が高い。


建物によっては当時の暮らしぶりを再現した人形が置いてある。
しかも近づくとセンサーが反応して、スピーカーから生活音や人形同士の会話が流れ出す。

会話の内容は仕事のグチだったり、仕事の話だったりして、当時の世界に来てしまったかのよう。

大正風の理髪店の中でも、人形がヒゲをあたっていた。ダンディ〜。
待合旅館の2階に上がりこむ。室内の小物まで凝っているので、建物の中に入るのがまた楽しい。
市街地郡のまんなかには、ちゃんと派出所もある。警察官の格好で敬礼をキメているのもボランティアの方。
民家の奥に入り込んだら、台所の奥にも人形が!食器まで当時ふうのもので、貝殻でできたスプーンがあった。

 

駅逓所(荷物の運送などを行う場所)の厩舎。ちゃんと馬の人形がある。わたくし、本物かと思い悲鳴を上げました。

農村郡をゆく

にぎやかな市街地郡を抜けると、急に緑が多くなり、農村郡エリアに突入。

農村郡では、北海道に入植して土地を開墾した人々の生活を見ることができる。

基本的に移住した人々は郷里と同じ建物を建てるそうで、たくさんある中でも、仙台風だったり富山風だったりと、それぞれに違う住居が建っていた。

開拓当時、こうやっていろいろな人が北海道に集まってきたのだなあ。

中には人形3人。流れてきた会話を聞くと、言葉のなまりかたといい、生活音といい、本当にリアル。 農村郡では畑まで再現。当時の農作物が育てられている。ロケーションで当時の風景がしのばれる。

村の中はどこを見てもみどころ満載、抜かりなく当時の雰囲気に統一されている。
あまりにも多いので、建物をひとつひとつ紹介しきれないのが本当に残念。

なお、ほとんどが実在した建物を移築したものなので、「以前この建物があった近所に住んでいた」といったお客さんも訪れるとか。


 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation