デイリーポータルZロゴ
検索天気地図路線このサイトについてランダム表示ランダム表示
東急メディアコミュニケーションズ


ロマンの木曜日
 
ステーキの「食べ歩き」

おいしいお店を巡る事を「食べ歩き」と言うが、今回のレポートはグルメが集うステーキ屋を紹介する企画ではない。ステーキを食べながら歩く、という「食べ歩き」に挑戦するのだ。

(text by 住 正徳



立ち売り用の台を作る

まずは、駅弁の立ち売りの人が首からかけている台を用意する。あの台の上に料理を並べて食べながら歩く、という作戦だ。

料理を乗せる台がクルンってひっくり返らない様に色々試し、分かったポイントが以下である。

・台は高さがあった方がいい。
・台というよりも箱の方が安定する。
・なるべく軽くて丈夫な箱を選ぶ。
・ひもは箱の下部よりも上部で結べ。

これらを考慮して、最終的に写真の様な立ち売り台に落ち着いた。


食べ歩き用のテーブル(首掛けタイプ)

食べ歩き用にうってつけだった「つくば物流センター」のケースは、夕方までに返すという条件で近所の薬局から借りて来た。きっと夕方になると「つくば物流センター」の人がケースを回収しにくるのだろう。それまでには「食べ歩き」を終えなくてはならない。

「つくば物流センター」ケース上部の穴に紐を通して輪を作り、そこに3Wayバックの肩ひもをくくりつけた。肩ひもにはクッションがついているので、首にかけても痛くない。テーブルクロスをかぶせて荷物っぽい雰囲気は払拭する。

以上で移動するダイニングテーブルの準備は整った。
あとは「食べ歩き」用の料理が必要だ。



本格的な料理を食べ歩きたい

最近仲良くなったお店のシェフに企画協力のお願いをした。


創作料理レストラン「プレジール」

引き受けてくれたのは、「プレジール」オーナーシェフの高畑さん。日本、フランス、イギリスで料理を学び、お寿司からフランス料理に至るまで、幅広いジャンルの料理をこなす。どの料理も凄くおいしいので、五反田にお越しの際は是非お立ち寄り下さい。(プレジール


シェフの高畑さん

開店前の時間をお借りして、高畑さんに料理を作っていただいた。移動テーブルの大きさに限りがあるので料理は以下2皿のみとした。


焼き大アサリのブロヴァンス風 牛フィレステーキ、イチジクソースがけ。新鮮茄子を添えて

以上の2品に加え、ロールパンと赤ワインも用意してくれた。


食べ歩き料理南仏風。by 高畑シェフ

移動テーブルと料理を持って「プレジール」を後にした。「食べ歩き」を試しやすい場所に移動するのだ。

料理が冷めないうちに、急げ。



 

▲トップに戻る バックナンバーいちらんへ

 
Ad by DailyPortalZ
 

アット・ニフティトップページへアット・ニフティ会員に登録 個人情報保護ポリシー
©2012 NIFTY Corporation