特集 2018年11月15日

京都の伏見稲荷大社は夜にこそ行くべし~地元の人頼りの旅 in 京都~

お薦めスポット15:法輪寺からの展望

祇王寺の女性に薦められたのはまたしてもお寺だった。日本を旅していて寺社を薦められる事は多いけど、京都は圧倒的である。

でやってきたのは渡月橋からほど近い法輪寺。1700年の歴史がある。

066.jpg
多くの人でひしめく渡月橋の向こう側
067.jpg
境内にのぼる階段では手が届く所にモミジの葉が。紅葉が楽しみである
068.jpg
お薦めは舞台からの景色。この日はイベントがあり地元の人達が多くきていた。

嵐山にも一望できるような所があったのか。少し登っただけだけど、渡月橋はもちろん、広い空や山並みが眺められてとてもきれいだった。

お薦めスポット16:橋本の元遊郭街

さてお次は「風の駅」で話に出てきた場所へ。

バイクで中心地に戻り、電車に乗り換えて一気に南下。大阪にも近い橋本という駅にやってきた。ここは電車を降りて1分のところから、遊郭の名残を見ることができる。

069.jpg
あまり人が通らず、とても静か。
070.jpg
建物が豪華な造りでかつての賑わいを想像する。新選組もこの辺で遊んだらしい。


これまでも元遊郭街を見たことがあるけれど、時とともに営業形態を変え、スナック街のようになっていく印象だ。

ここまで当時の姿を残している建物が並んでいるのを見るのは初めて。昭和初期の最盛期には80以上も並んでいたのだとか。

071.jpg
ああ、中を見てみたい…

それぞれ技工をこらした格子戸や二階の手すりなど、建築に詳しくなくてもついつい眺めてしまう。

072.jpg
鯉の透かし彫りやタイル。こういった建物はいつまで保存できるのだろうか。

犬の散歩をしていた方に思い切って声をかけてみた。昔はこういう建物がもっと残っていたけれど、今は持ち主がいなくなってきて、新しい建物に建て替えられたり、更地になってきているそうだ。

073.jpg
この辺りの妓楼は旅館として形態を変えてそのままの姿が残ったのでは、と言われている(他のサイト情報)

持ち主がいなくなった場合、歴史的背景を考えると積極的に保存はできないのかもしれない。けれど、無くなるのは勿体無い、とどうしても思ってしまう。

074.jpg
黒塗りと窓の形がかっこいい。
075.jpg
端っこの方で見つけた銭湯の瓦もかっこいい。残念ながら数年前に閉店。
076.jpg
裏の川からの風景。大きい空き地がポッカリとできている。

まさにひっそりと静かに残っている、そんな景色だった。けして普通のガイドブックには載らないディープスポットであった。

お薦めスポット17:はずれがない中華屋さん「華祥」

さて哀愁100%の橋本から賑わいのあるエリアに戻り、京都での最後の食事をすることに。グルメっぽいご夫婦と犬を発見!

077.jpg
「ここは絶対!」と太鼓判。

「京都に住んでるからって、いかにも京都らしいもの食べるわけじゃないよ」と笑いながらよく行く中華屋さんを薦めてくれた。そりゃあそうですよね。

078.jpg
入るとすぐ厨房を囲むようにカウンターがある。

ハズレがないと聞いていたものの、何にするか迷うなあ…とメニューを開くと変わった白いチャーハンを発見。

079.jpg
卵白あんかけチャーハン(900円)。これが衝撃をうけるほど絶品だった

思い切って頼んでみると、フワッフワの白いあんかけがパラパラとした本格チャーハンにかかっている。口に入れると…ほんのりとした甘さと塩気があいまって美味しい。

表現が難しいけど、穏やかな海の中をカニをしゃぶりながら泳ぐような、夢心地のような味である。

080.jpg
隣に座った外国人にも親指を立てて勧めたくらい美味しい。

お薦めスポット18:色んな角度からみる京都タワー

さて旅も終盤。バウムクーヘン屋さんが一生懸命描いてくれた地図を元に京都駅前にやってきた。

081.jpg
駅から見たタワー。日によって色が変わるそうだが、今日は緑色。
082.jpg
バウムクーヘン屋さんが好きなのは、駅ビルのガラスに映ったこのタワーと
083.jpg
隣にあるロームという会社のビルとセットに眺める京都タワー​


バウムクーヘン屋さんは昔、京都駅のお店に出入りしていたそうなのだが、そこから出てくる度に見るこの光景が思い出深く、好きなのだそうだ。

なるほど今までタワーしか目に入らなかったけど、ロームのビルも負けじと光り輝いていてキレイだ。この2つの光の配色もお楽しみポイントである。

これから夜に京都を訪れるたびに毎回ここで写真を撮りそうだ。

お薦めスポット19:京都タワーの地下の銭湯

084.jpg
最後は銭湯で締めた。けっこう人がたくさんいた!

という感じで、最後はサッパリしてから帰途についた。

日の短い季節だったけど、おかげで夜までしっかり堪能できた。京都の皆さま、ありがとうございました!


いつ行っても圧倒されるまち

20代前半に訪れた時、取り憑かれたように京都の寺社を巡った。どこも東京では見られないほど立派で、歴史があって、ただただ圧倒されていた。

そして15年以上たった今でも、やっぱり圧倒された。なんだあの伏見稲荷の鳥居の多さは!なんだあの祇王寺の美しさは!なんだあの卵白の旨さは!なんだあの…!思い返すだけで興奮してくる。これからも何度でも京都に圧倒されにいきたい。

085.jpg
京都駅までの帰り道。最後までワクワクする

 


 

京都の人は京都観光ってするの?聞いてみました。
logo02.jpg
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓