特集 2019年1月25日

GPS描き初め2019・泉北亥

尻尾チームたいへんだったと思ったが……

こんな感じで、崖の下に移動し顔チームと落ち合って「いやー、尻尾チーム、坂たいへんだったよー」なんて苦労自慢(自分で設計しておいてなんだが)。

ところが、顔チームの話を聞いたら、こちらの坂ぐあいもなかなかすごかったようだ。以下、顔チームメンバーが撮ってくれた道中の写真をご紹介しよう。

032.jpg
こちら顔チーム。すごい階段。
033.jpg
写真で見てもあきらかにずいぶん高いところに登ってるじゃないですか(いわばぼくが登らせたわけですが)。
034.jpg
かと思ったら、降りる。
035.jpg
また登る。
036.jpg
(また降りるのか……)

写真を見ただけでそ顔チームの過酷さがわかる。

実際、地形図にログを重ねてみたら、こんなだった。

037.jpg
ウリ坊を地形図に。かなり彫りの深い造形をしていらっしゃる。(「スーパー地形」アプリが表示する国土地理院「基盤地図情報数値標高モデル」の画像をキャプチャ・加筆加工)
038.jpg
特に顔チームはこの口元から目、アゴに描けてのアップダウンがすごいことに。(「スーパー地形」アプリが表示する国土地理院「基盤地図情報数値標高モデル」の画像をキャプチャ・加筆加工)
039.jpg
顔チームの道中の高低差をグラフにしたもの。横軸が道のり、縦軸が標高。登っては降りるのすごい徒労感。(「スーパー地形」アプリの画像をキャプチャ・加筆加工)

上の標高グラフを見ると一目瞭然だ。よりによって往復して描かなければならないクチから目の標高差が激しい。自分で設計しておいてなんだが、これはひどい。

040.jpg
ちなみに、その「目」は「ビッグ・アイ」という施設がある場所だったそうだ。なんという偶然!

顔チーム、140階建てのビルを登る

041.jpg
一方、こちらがわが尻尾チームの標高グラフ。それなりに登り降りがあるが、顔チームほどではない。(「スーパー地形」アプリの画像をキャプチャ・加筆加工)
042.jpg
両チームの歩いた距離と標高差の比較。圧倒的に顔チームのほうがたいへんだった!

なんてことだ。けっこうつらかったので「いやー、尻尾チームはたいへんでさあ」なんて言っちゃったけど、断然顔チームの方がハードであった。はずかしい。

累積標高424mって、140階建てのビルを登ったことになるぞ!

043.jpg
顔チームの皆さん、なんかほんとうにすみませんでした。

GPS地上絵で体力の衰えを実感

今回こんなにしんどかったのは、たぶん加齢のせいだ。最初のGPS描き初めは2011年の「卯」だった。もう8年前。あと3回「子」「丑」「寅」で干支を一周するが、これは体力をつけないとまずかもしれない。

(顔チームの写真は@zhenmeimaoさん、@hirechopさんにいただきました、ありがとう!)

044.jpg
終了後の打ち上げ。描き初めた達成感による追加オーダーの山。

【告知】ジャンクションの写真集出します!

DPZでも何回か記事にしている、こちらもぼくの特殊な趣味。ジャンクション鑑賞。このたび写真集になります!
先行予約始まっております→こちら

自分でいうのもなんですが、いい出来映えです。みなさん、ぜひ。

045.jpg
十数年にわたるジャンクション鑑賞の成果を、ここに。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓