特集 2018年11月23日

いまが見納め・京急大師線沿線散歩

ようやく工事区間です

川崎大師駅からようやく線路沿いを歩けるようになり、これがまた「ザ・線路沿い風景」という感じの良い道だった。

そしていよいよ地下化されるエリアに近づく。5つめの駅「東門前駅」だ。

039.jpg
「ザ・線路沿い」を歩くと見えてくるのが東門前駅。
040.jpg
ホーム上にある架線柱が「ハ」の字形になっているのがかっこいい。なんでこんななんだろう。構造的にだいぶ無理してる。

東門前駅を通り過ぎて東側に行くと、とたんに工事祭りがはじまる。いよいよ地下化エリアなのである。

041.jpg
東門前駅そばの踏切。ご覧の通り、工事エリアの柵が出現。
042.jpg
西側、駅方向を踏切から見たところ。線路面と両脇の様子からもわかるように、ここから地下に入る予定の場所。
043.jpg
足下を覗くと……
044.jpg
地下にはすでに線路が!
045.jpg
そしてこんどは工事のヤードになっているため、線路沿いを行くことができない。
046.jpg
ちなみに、近くには川崎大師の自動車祈祷殿というものがあり、踏切から見えるその威容に、みんなぎょっとしてた。
047.jpg
以前の記事「産業道路を愛でる」に書いたが、マンションの横にやおらインド風のデザインが強烈。ここにクルマが並んで、スピーカーで般若心経が唱えられる光景はちょうシュール。すごい光景なので、興味ある方はこんどのお正月あたり見に来ると良いと思う。
048.jpg
しょうがないのでふたたび線路沿いを離れ住宅街を行く
049.jpg
ふたたび線路に近づけるのは隣の踏切。
050.jpg
ここ地上を列車が行く姿こそ、見納めである。
051.jpg
この踏切には工事の説明と状況を記した看板があって、じつに面白かった。
052.jpg
「おおー! ここの下、こんなになってるのか!」
052a.jpg
「見学してみたい!」
053.jpg
「傾斜何度ぐらいになるんだろう?」「そうとう急じゃない?」など喧々諤々。
054.jpg
喧々諤々行われた踏切は上記「B」のところ。ちょうど傾斜になった掘り割りが終わっていよいよトンネルになるあたりらしい(川崎市・京浜急行電鉄株式会社「京浜急行大師線(東門前駅付近~小島新田駅付近)連続立体交差の工事について」より抜粋)
055.jpg
あんまりにも熱心に見過ぎて、通行人に訝しがられた。
056.jpg
で、いよいよ、ようやく地下化の本命・産業道路駅が見えてきた。

「産業道路」って名前、すてきなのになあ

いったいここまで読み進めてくれた人がどれだけいらっしゃるのか、はなはだ不安ですが、ようやく問題の産業道路駅です。

057.jpg
産業道路駅。いかにも工事中って感じ。

今回、ちゃんと見ておこうと思った理由には、地下化に伴ってこの「産業道路」という駅名も変わってしまうというのもある。報道によれば京急の広報は駅名変更について「沿線の活性化に繋がるような、また、将来子どもたちが誇りを持って帰ってこられるような駅名になればと思います」と言っているそうだ。

以前「産業道路を愛でる」という記事を書いたように、ぼくはこの名前は素晴らしいと思っている。実は、さきほどの東門前の駅は、ぼくが今住んでいる家の最寄り駅である。前述のコメントはまるで「産業道路」という響きは子供たちが誇りに思えないと言っているようではないか。そんなことないぞ! 「産業道路」ってちょうかっこいいぞ、と言ってやりたい。

また「川崎区内の他の駅に関しても変更の可能性はなくはないですが、鈴木町駅や東門前駅などは地域との関連や歴史的経緯から難しいですかね」とも言っているそうだが、産業道路の歴史だって、味の素の歴史や、川崎大師の歴史と同じぐらいの重みがあるはずだ。

最初に「ノスタルジーは好きじゃない」と書いたが、この名称変更の理由はどうかと思う。というか、産業道路はまだまだ現役だし、それを誇りに思うことはノスタルジーじゃないよね。

……などと、ちょっとばかりうっとうしい主張をしてしまった。すみません。要するにぼくが「産業道路」とその響きを愛おしいと思っている、ってことです。ええ、よくわかってますよ、ぼくの意見が少数派のものであるってことは。くやしいなあ。

058.jpg
こういう踏切にまつわる標識もなくなるわけですよねえ。
059.jpg
もちろん踏切がなくなるのは良いことなんですけど、でも、この電車マーク、かわいい。
060.jpg
みんな「かわいいよねえ」って言いながら、歩道橋の上から写真撮ってた。

 

<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓