特集 2018年9月20日

ギターでパソコンを操作する、「普通じゃないプログラム」発表会

マッドサイエンティストなネタも

同じ筋肉ネタでも実用的な方向を目指したのが個人サークル「カサネタリウム」の堀洋祐さんだ(一応書いておくが、筋肉ちゃんも実用的な部類だ)。
彼が取り上げたのは「歯ぎしり」だ。
寝ている間のことなので自分では認識出来なくて困ってしまう、歯ぎしり。
寝ている間のことなので自分では認識出来なくて困ってしまう、歯ぎしり。

これをテクノロジーの力でなんとかしようという取り組みだ。
まずは歯ぎしりをしたかどうかを把握出来るようにする必要がある。

そこで出てくるのが筋電センサーだ。筋肉ちゃんでも出てきた。
そこで出てくるのが筋電センサーだ。筋肉ちゃんでも出てきた。
歯ぎしりをしてみると、わかりやすいように付けたLEDが光った。いい感じに検出が出来ている。
検出が出来たので、今度は歯ぎしりを抑制したい。
堀さんは筋肉に電気を流すことで動かし、止められるのではないかと考えた。ちょっとマッドになってきたぞ。
口を強制的にパカっと開けられるのでは!というアイデア。
口を強制的にパカっと開けられるのでは!というアイデア。
しかしマッドすぎてなかなかにまずいらしい。
しかしマッドすぎてなかなかにまずいらしい。
さすがに「死因:歯ぎしりを止めようとして電気を首に流した」という最期は避けたい。
ということで、一旦「リラックスさせるツボを押す(なぜなら歯ぎしりはストレスが原因の1つであるから)」という解決策が取られた。
全体の図。歯ぎしりしているイラストなんてあるのか、いらすとやは。
全体の図。歯ぎしりしているイラストなんてあるのか、いらすとやは。
今回はひとまず妥協点を見出すことになったが、研究が進めば人類は歯ぎしりから卒業出来るかもしれない。
今後の発展に期待をしたい作品であった。

占いだって関係ない、ABProの前では

最後に明治大学宮下研究室の上野新葉さんの作品を紹介したい。
バレエが趣味の上野さんが好きな演目に「ジゼル」というのがある。
ジゼルの人物相関図。みんな好きばっかりだこれ。
ジゼルの人物相関図。みんな好きばっかりだこれ。
そして劇中でジゼルがアルブレヒトと花占いをするシーンがある。
ジゼルが好き、嫌い…と花びらをちぎっていくと、どうもこのままだと「嫌い」で終わってしまうことがわかってしまう。
そこでアルブレヒトがこっそり花びらを1枚ちぎり、「好き」に変えてしまうという内容だ。
これにヒントを得て開発されたのが「ABPropose」だ。ボタンを押すと花びらが1枚飛んでいって、結果を操ることが出来る。
これにヒントを得て開発されたのが「ABPropose」だ。ボタンを押すと花びらが1枚飛んでいって、結果を操ることが出来る。
これで花占いで結果を決めてしまう、アブノーマルなプロポーズが実現可能だとしている。
これで花占いで結果を決めてしまう、アブノーマルなプロポーズが実現可能だとしている。

花占いの「占い」部分をふっ飛ばしてしまうすごい発明だ。確かに占いと言いつつ、好きか嫌いかの二択しかない花占いさんサイドにも問題があろう。

ということで、好き、嫌い…とちぎっていく。
ということで、好き、嫌い…とちぎっていく。
あ!このままいくと「嫌い」が…!
あ!このままいくと「嫌い」が…!
ここでおもむろにボタンを押す!
ここでおもむろにボタンを押す!
花びらがぴょーん。
花びらがぴょーん。
これで花びらの枚数調整は完璧だ。
装置に付いているボタンが3つあるので、3回までは調整が効くようになっている。複数人でやっても安心である。

ところで余談だが、僕がちょうど今作っているモノが完全にこのABProposeとネタかぶりをするというすごい偶然が起きた。一言で言って悲劇である。
どこかの媒体で出るので、もし見かけたら「こいつ泣きながら仕上げたんだな」と思ってほしい。

それはさておき、今回も数多くの普通じゃないプログラム作品を見ることが出来た。
ABProが目指すのは「人を驚かせ、笑わせ、幸せにするようなプログラム」だ。
全人類がABProの作品に触れて幸せになったら、こんなにいい未来はないんじゃないだろうか。
来年の開催はほんとにみんな見に行ってほしい。早くも次回が待ちきれないが、それまでに筋肉ちゃんを鍛えておこうと思う。

打ち上げも最高だ、ABProは

打ち上げの写真が何回か出てきたが、これも僕はすごく好きなのだ。
みんな見せたがりなのだ。発表した現物を持ってきたり、発表しなかったモノを持ってきたりしている。
これを見ながらビールを飲んでアレが面白いコレが面白いとしゃべる、こんな最高な会はない。

今回もすべての作品を紹介出来ず恐縮である。
発表と観衆の模様は下記から見られるので、雰囲気を味わってほしいと思う。

ABPro2018まとめ #ABPro
これは明治大学宮下研究室、塩出研史さんの「近づけるだけで乾杯音が鳴るグラス」。面白くて何回でも見られてしまう。毎回これで乾杯したい。
これは明治大学宮下研究室、塩出研史さんの「近づけるだけで乾杯音が鳴るグラス」。面白くて何回でも見られてしまう。毎回これで乾杯したい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓