特集 2018年5月13日

色んなものを炭酸にしてみよう (デジタルリマスター版)

炭酸がたまらなく好きなのだ

炭酸飲料だーい好き! だって冷たくてシュワシュワで甘くて美味しいんだもん。

そんなボクですが、子供の頃は親の「炭酸飲料を飲むと骨が溶ける」という言葉に思いっきり洗脳されており、ほとんど炭酸飲料を飲むことがありませんでした。
!
しかし中学生時代に「あ、多分ウソだ」と気づくとともにモーレツな反抗期が到来したため、「くっそー、だましやがって! こんな美味しいものを飲まなかったなんてソンだ!」ということで、それまでの分を取り戻す勢いで狂ったように飲みまくりました。……骨云々以前の問題として、あれだけ炭酸飲んでたら身体に悪影響あったでしょうけどね。

最近はさすがに、健康が気になる嬉し恥ずかし三十代なのでジュース類全般を控えるようにはしていますが、それでもたまに飲むとホントーに美味しくて、脳みそがジンジンきちゃいます。
シュワシュワー
シュワシュワー

さて、そんな炭酸飲料の三大要素。冷たい、シュワシュワ、甘い。

“冷たい”は冷蔵庫に入れれとけばいいし、“甘い”は砂糖でもなんでもぶっ込めばいい。しかし“シュワシュワ”だけは個人ではどうすることもできない神の領域といわれてきました(ボクに)。

そんな神の秘術を操って、様々な飲み物を思うがままにシュワシュワにできたとしたら……これほどステキなことはありませんよね。

なんと、そんな夢のようなことを実現できるマシーンが存在するのです。
!
それがこの「ソーダサイフォン」!

金属製のタンクに水を入れ、上から高圧炭酸ガスを注入すると、ただの水がたちまちシュワシュワの炭酸水に変わってしまうという優れものです。

スゲー! スゲー! こんなものがあったら、世界の半分は手中におさめたようなものですよ!
!
!
さあ、なにはなくとも、とりあえず使ってみることにしましょう。まずはごく普通のミネラルウォーターを入れて……。
!
炭酸ガスが漏れないように、厳重にパッキンを装着。
!
ヘッドをギュギュッと締めます。

!
そしてコレが最も重要。炭酸ガスがギューギューに詰まった炭酸ボンベです。
!
この炭酸ボンベをカートリッジホルダーに入れて。

!
ヘッドに取り付けると……。

!
「ジュワーッ」という音とともに炭酸ガスがタンク内に注入されます。

コイツを数回振って、タンク内の水と炭酸ガスを混ぜ合わせると炭酸水のできあがりって寸法です。
!
さーて、どんな感じになっているのでしょうか……。

!
ブショーッ!!
うわわわわーッ!
うわわわわーッ!
予想の三倍しくらいの、ものすごいイキオイで水が噴き出してきました! び、ビックリしたわー!
!
写真だと分かりづらいかもしれませんが、ブクブクシュワシュワと泡が立ち上っています。おーっ、ザ・炭酸水の完成です!

市販のものよりは若干炭酸が弱めな感じもしますが、炭酸の影響なのかちょっと酸味も感じさせる、まあ普通の炭酸水ですよね。

こんなブクブクシュワシュワを家庭で作れちゃうなんてスゴイ!
!
このソーダサイフォンさえあれば、どんな飲み物でもシュワシュワにすることができるのではないでしょうか!?

おおっ、楽しそう! そして美味しそーう!

ファンタオレンジが作れるか?

炭酸水製造器であるソーダサイフォンは、基本的には水専用のアイテムなのですが、今回は科学文明発展のためにあえてその禁を破ってアグレッシブに実験していきたいと思います。
!

まずは果汁100%のオレンジジュース。

ま、最初は無難そうなところから……。ジュースをシュワシュワにしたら、そのまんま炭酸飲料に変身すると思うのですが、どうでしょうか?

この場合だとオレンジ味の炭酸飲料、すなわちファンタオレンジ的なものが作れるハズです。
!
さてさて……
さてさて……
ドドーッ!
ドドーッ!
ドポドポドポドポドポ!
ドポドポドポドポドポ!
……ええええー!?
……ええええー!?
!

なんかオレンジ色の泡が大量にはき出されたんですけど……。どーなってるの!?
!
ジュースらしき液体はグラスの底の方にちょっこしあるばかり。超不器用な店員が入れた生ビールみたいな状態になってしまいました。

これは想像ですが、結構とろみのある濃厚な100%ジュースだけに、気泡の周りに膜ができて泡々だらけになってしまったのではないかと……。

ソーダサイフォンをしばらく置いておいたり、冷蔵庫で冷やしてみたりしても泡の量はあまり変わらなかったです。これは想定外の結果!

しかし、底の方にちょろっとあるジュースをムリヤリ飲んでみると、ファンタよりも濃厚なオレンジの味がありつつシュワシュワとした炭酸感もあり、すごく美味しいのです! ……美味しいけど、量が少な過ぎる。
!

上手いこと作れれば、かなりイケるジュースになりそうなんですけどねぇ。

炭酸アイスコーヒーの味

!

つづいてシュワシュワにしてしまうのはアイスコーヒー。

シュワシュワしてるホットコーヒー……というのも一瞬考えましたが、冷たい液体じゃないと炭酸ガスがうまいこと溶け込まないみたいなので断念。
!
さっそく炭酸アイスコーヒーを噴出! ブホーッ!

!
あわあわあわあわ……!

オレンジジュースの時よりはだいぶマシですが、やはり結構な量の泡が……。パッと見、黒ビールにも見えますね。
!

さて、肝心の味は……。苦くて酸味があってシュワシュワしていて……なーんか色んな味が混ざり合った不思議な味になっています。
!
普通にアイスコーヒーを飲んだのとは明らかに違う感じで、見た目に引っ張られているのかもしれませんが、どことなく黒ビールっぽい味がするんですよね。

そして、ノーマル状態のものよりも苦味が強くなっているような気がします。シュワシュワするアイスコーヒーは爽快感もあり、苦いコーヒーとかが大丈夫なタイプの人は結構イケるかもしれませんが……ボクは正直、甘~い方がいいですね。
!
ガムシロップを入れてみたりもしましたが、やはりコーヒーに入れたのとは違い、なんとも変な味になってしまいました。

シュワシュワアルコールはすごく酔いそう

さて、ここまではソフトドリンクをシュワシュワにしてきましたが、つづいてアルコール類をシュワシュワさせてしまいたいと思います。

居酒屋に行ったらあれだけ色んなサワーが置いてあるので、アルコールと炭酸の相性は悪くないハズ!
!

……ということで、最初のターゲットはみんな大好き下町のナポレオン「いいちこ」!
ショワーッ!
ショワーッ!
!
おおっ、今までになくサワヤカに泡が弾けていきますね。ザ・炭酸飲料って感じ! ……泡とともにものすごい焼酎臭もビンビンに放たれていますが。
!
オレンジジュースやコーヒーと違い、泡がシュッと一瞬で消えて、いい感じのシュワシュワ液体に。サイダーをグラスに注いだ時のような感じです。
それでは、ロックで飲んでみましょう
それでは、ロックで飲んでみましょう

これは……焼酎のソーダ割りなどとは明らかに違う!

焼酎の味自体は薄まることなく、シュワシュワだけが加えられていて、ガツンとくる新感覚の焼酎に! コレはいいんじゃないですか、お店で出しててもいいレベルだと思いますよ!

ただしこの炭酸焼酎、常にシュワシュワと焼酎の臭いを放っていて、口の中でもシュワシュワ……酔いが回るのがものすごく早そうです。
!

ワインをシュワシュワにすれば……

!
さて、焼酎×シュワシュワでかなりナイスな飲み物が完成しましたが、つづいてワインをシュワシュワにしてしまいましょう。
!
!
コレは大体完成系が予想できるんじゃ……。

!
シュワワー……。

ワイン×シュワシュワで、要はシャンペン(スパークリング・ワイン)ですよね。おおむね想像していた通りの飲み物ができあがりました。

ただ、元のワインと比べ若干美味しく(飲みやすく)なっているような気がするんですよ。

「安いワインは空気に触れさせると美味しくなる」

とかよく聞きますが、そういう意味ではこの炭酸ワインはしこたま空気と触れまくっているという状態ですからね。それで美味しくなったんでしょうか。

まあ、ボクは酒の味とかほとんど分からない人間なので、単なる気のせいかもしれませんけどね……。

出汁味のシュワシュワ

さて、ここまで色んな飲み物をシュワシュワにしてきましたが、どれも意外と美味しい飲み物になりました。

そこでここからは、炭酸飲料の枠を飛び出してさらにアグレッシブな素材をシュワシュワさせてみたいと思います。使用する素材は……。
!

めんつゆ!

見た目もちょっとコーラっぽいし、シュワシュワのつゆでそうめんとか食べたらサワヤカな感じはしますけど、どうなんでしょうか……。

ちなみに、もちろんヤマキのめんつゆを使っていきますよ(エライ、俺)。
特にコラボ企画ではありません(そりゃそーだ)
特にコラボ企画ではありません(そりゃそーだ)
!

おっと、やはりシュワシュワとコーラっぽい外見になりましたね。だしのいい臭いがパチパチと弾ける泡とともに漂ってきます。
!
そうめんと一緒に食べてみると……。

うーん、フツウ。そうめんにつけて食べてる分にはほとんど炭酸っぽさを感じないので、まあそうめんとして普通に美味しいです。

つゆをチュルッと飲んでみると、確かに炭酸のシュワシュワ感はありますが、わざわざ手間をかけて炭酸にしなくても……という程度の変化です。

やっぱりヤマキのめんつゆは普通に作っても十分美味しいからなぁ! 変な食べ方をする必要はないでしょう。

炭酸でお口クチュクチュしてみた

!
最後に試してみたいのがこちら。いわゆる液体歯みがきってヤツですね。

コレでお口クチュクチュすると、非常にスッキリサッパリサワヤカな感じになりますが、これがシュワシュワしてたら爽快感がさらにアップするのではないかと思うのですが……。
ジュワーッ!
ジュワーッ!
うわわわ、薄緑色のアワアワ! ちょっと「サンポール混ぜるな危険」的な雰囲気も
うわわわ、薄緑色のアワアワ! ちょっと「サンポール混ぜるな危険」的な雰囲気も
!
今回最大級の泡立ち! グラスに注ぐそばからブクブクブクブク泡になっていきます。……まあ、考えてみたら石けんみたいなモンですからね、コレ。そりゃあ泡立ちますよ。
!
それでもせっかくなので、底にちょこっと残っている液体部分を口にふくんでクチュクチュしてみると……。確かにシュワシュワサワヤカ! 気持ちイイー感じではあるのですが、口の中でもバンバン泡立っていって、口が泡でパンパンになってしまいました。
!

炭酸はステキだ

いわゆる“飲料”のたぐいに関しては、結構どれも違和感なく炭酸飲料にすることができました。まあ、世の中にこれだけ色んな味の炭酸飲料があるんだから、そりゃあ大抵の飲み物はシュワシュワにしてもイケますよね。

ちなみに「みそ汁」や「カレー」みたいな、さらにぶっ飛んだ素材も試してみたのですが、固形の具が入っているものに関してはタンクが詰まっちゃって上手く作ることができませんでした。

シュワシュワカレーとか飲んでみたかったんですが……残念。

ところで、ソーダサイフォンの説明書には「水以外では絶対に使わないように」と書かれてますんで、マネするとしても自己責任で!
おまけ。二、三日放置して気の抜けきったコーラも
おまけ。二、三日放置して気の抜けきったコーラも
このようにシュワシュワに復活させることもできます。ソーダサイフォンって便利!
このようにシュワシュワに復活させることもできます。ソーダサイフォンって便利!

2018年追記

この記事で使用していたのは水以外は推奨されていない「ソーダサイフォン」でしたが、最近はジュースやお酒など、水以外も炭酸にできると公式に謳われている「ツイスパソーダ」という商品が出ているそうです。「ソーダサイフォン」は微炭酸水しか作れないこともあり、引っ越しタイミングで捨てちゃったんですが、「ツイスパソーダ」は気になっています!
ちなみに、水以外が推奨されていない炭酸水メーカーで粘度の高いジュースなどを炭酸化すると、炭酸が大爆発してしまうこともあるそうなので、マネをするなら水以外オッケーなヤツでやりましょう!
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓