特集 2017年10月5日

ICなしで太鼓の達人風ゲームを作る、「普通じゃないプログラム」発表会

会場の一体感がたまらない

机の上に収まらないほどの大きな作品を持ってきて、実際にデモをしてしまうのもABProの魅力の1つだ。
この日一番大きい作品を持ってきたのは秋山 耀さんだ。
作品の全景。でかい。
作品の全景。でかい。
太陽フレアをテーマに持ってきた。壮大だ。
太陽フレアをテーマに持ってきた。壮大だ。
近い未来、太陽フレアが来てしまうとICなどに被害が及び、電子機器が使えなくなってしまう。
そうすると今のコンピューターゲームなどの娯楽が消えてしまう。
ということは、ICを使わないゲームを作ってゲームセンターを作れば、文明崩壊後の地球で大儲けなのでは…!?ということに気づいた秋山さん。
文明は崩壊しているのでプレゼンも紙芝居でお送りしています。
文明は崩壊しているのでプレゼンも紙芝居でお送りしています。
今回はICを使わずに太鼓の達人を作りたい、という発表だった。
そんな動機のために地球の文明を滅ぼしてしまった。どうにか本筋に入れるように導入を持っていった結果である。
こんな仕組み。
こんな仕組み。
オルゴールは皆さん触ったことはあるだろう。あれと同じ仕組みを使う。譜面をパンチカードにするのだ。
モーターでパンチカードを送り出すと、鉄琴が連動して音を鳴らす仕組みになっている。
また、以前作ったという映写機(写真の右上にあるやつだ)も連動して動くようにして、太鼓の達人の画面っぽく「ドン」と「カッ」を表示するようにしたという。

これらがICなしで、電源だけで動くのだ。すごい。
しかし機械要素が多いので、トラブルが多いのが難点だ。パンチカードは詰まるし、映写機もガガガガと不穏な音を立てた。

だが逆にこれが会場の一体感を高めた。「がんばれ!」と自然に声援が飛ぶ。
引きで撮っていたカメラから。みんな前に移動して見た!聞いた!
引きで撮っていたカメラから。みんな前に移動して見た!聞いた!
この雰囲気が僕はとても好きなのだ。
プログラミング発表会と聞くとシステムについて淡々と発表する、というようなイメージがあるかもしれないが、実際には作った人の熱量とストーリーがあって、デモはライブ感があって、グルーブを生み出していく。
やりまーす!
やりまーす!
動画を下に掲載したので見てみてほしい。
上のスクリーンに写っている、洗面器を逆さにひっくり返したようなものが太鼓だ。左の人がお客さんで太鼓を叩く。
大体50秒くらいのところからプレイが始まる。右で譜面を流している秋山さんは大忙しである。
動画の前半では試行錯誤してようやく動いたときの歓声が、後半はやりきった秋山さんへの拍手が気持ちいい。
ちゃんと動かなかったところも映しているので、作った秋山さんは嫌がるかもしれないが、すいません。この雰囲気を伝えておきたかったのです。

来年もこのライブ感を楽しみたい

「普通じゃないプログラミング」にかけるこの情熱、このライブ感よ。たまらない。来年もすぐ参加したい。

今回紹介した作品以外にも普通じゃない作品がたくさんあった。
当日のツイートがまとめられているので、こちらも見てほしい。
ABPro2017まとめ #ABPro - Togetterまとめ
譜面という名の板をみんなで拾う図。
譜面という名の板をみんなで拾う図。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓