特集 2017年1月7日

12月の記事ベスト5&「先祖」フォルダ

2016年12月9日、H-IIBロケットの打ち上げを種子島でみてきた。

ロケット最高

藤原「きだてさん、あけましておめでとうございます!」

きだて「おめでとうございます。今年もよろしくお願いします!」

藤原「今年もよろしくお願いします。2017年の抱負とか決めましたか?」

きだて「今年の抱負、まだ決めてないです。あれ、いつぐらいまでに決めればいいんですかね。
1月中には決める所存です。」


藤原「お、はやいですね。6月くらいまでならOKではと答えようとしたところでした。」

きだて「6月でいいのか。スケジュール的にだいぶラクになりました。」

藤原「半年くらいは準備にあてても大丈夫だと思います。」

きだて「ではそのような感じで、今年も引き延ばし引き延ばしで進めたいと思います。」


藤原「今年の抱負はまだということですが、去年はどうでしたか。何かすごくいいものが見られたとか。」

きだて「ロケットですよロケット。ロケットの打ち上げ最高でしたよ。もう本当にすごい最高。
あんな最高なものが世の中にあるとは思えないぐらい最高でした。ロケット最高。」


藤原「この短い文の中にもうロケットが4回出てきましたね。いや、本当に羨ましいです。」
これを見てきたというきだてさん
これを見てきたというきだてさん
きだて「ありがたいことに関係者席(竹崎観望台)で見られたんですが、それ記事に書いたら多くのロケット好きからTwitter上で妬まれました。」

藤原「そうそう、そうなんですよ。はじめ種子島のロケットが観られるスポット巡りしてたはずなのに、え、関係者席!?ってなりました。
友達だとおもってたのに!」


きだて「でも、たぶんもう一回普通に打ち上げ見に行くと思います。次はみんなと一緒の席で。
それぐらい最高だった。」


藤原「そこまで最高と言われると見に行きたくなります。やっぱり打ち上げの瞬間がすごかったんですか?」

きだて「打ち上げ動画とかテレビの中継で見たことはあったんですが、実際に見ると本当にすごいです。
マイクとか通すと、大きすぎる音とかはカットされるじゃないですか。現地でカットされないロケット発射音って、本当にすごい音なんですよ。
耳元で雷が落ちたような衝撃というか。」


藤原「花火を観たときにドンとお腹に響くやつのもっとすごいバージョンでしょうか。
体にくるやつ。」


きだて「体にくるやつが、しばらく続くやつ。」

藤原「うらやましい…。」
体にくるやつが、しばらく続くやつ
体にくるやつが、しばらく続くやつ
きだて「雷のバリバリバリバリバリバリバリバリ!みたいなのと、ロボットアニメでブースターふかしてるみたいな「ドゥオオオオオ!」っていう噴射音のミックス。
あと、数㎞離れた先にまで、風が来ます。」


藤原「ロケットから約3.7kmって書いてありますね。そこまで風が…。ロケット風だ。」

きだて「一般席の長谷展望公園が7㎞弱離れてるんですが、そこでも風は来るそうです。ぶわっ…て来る。」

藤原「その風、缶詰にしてほしいくらい羨ましいです。」

きだて「あと、宇宙センターから10㎞ほど離れた喫茶店の人が「窓ガラスがビリビリ振動するよ」って言ってました。打ち上げの度に振動するの、すごい羨ましい。
IoTで、ロケット打ち上がるたびにウチの窓ガラスを振動させる装置とか作りたい。」


藤原「トラックが横の道通ってガタガタするのとは大違いですね。」

きだて「ロケットの部品を積んだトラックで揺れてると思えば、それも風情ですよ。たぶんロケットの部品は積んでないけど。」

実際見ていたときは叫ばずにぶつぶつ呟いてた

藤原「ロケットが射点にたどり着いてから発射までしばらく時間がありましたよね。そのときはどんな感じでしたか?」

きだて「14~5時間ぐらい時間が空くんで、展望公園の取材とかで島内を回ってたんですが、けっこう上の空でした。もう打ち上げ早くしろよ!みたいな感じで。
いいよもう、ちょっと早めに上げろよ!
それでもまだ時間があるから仕事でもしようと思ったんですが、ぜんぜん進まない。」


藤原「15時間って観客としてはけっこう長いですね。」

きだて「でも展望公園に見に来てる人たちは場所取りですごい早くから待機してるてんですよ。」

藤原「記事だと打ち上げが近づくに連れてきだてさんの気持ちの描写が減って、行動しか書かれてなくてリアルだなと思いました。」

きだて「気持ちはもう「早く早く」しかないですから。
面白いこととか考えてる余裕がない。」


藤原「そんなに長い時間焦らされると気がおかしくなりそうです。」

きだて「その分のカタルシスもあって、最終的には「うぉぉぉぉぉっ!」てなるのか。
打ち上げの瞬間をカメラで撮らなきゃ、とかの緊張もあったので大丈夫だったけど、たぶん何も無しで見てたら叫んでたと思います。」


藤原「発射時の感想がぜんぶ「うわー」になってますね
実際もうおーって言ってました?」


きだて「「えー、マジかー。これマジかー。うわーマジかー」って連呼してたようです。」

藤原「夢の中で言ってそうなセリフだ。
夢か現実か判断できないレベルの光景だったんですね。」


きだて「他の取材チームに迷惑かからないよう、叫ばずにぶつぶつ呟いてたようです。マジメか。」

藤原「ギリギリのところで見せた配慮ですね。」

きだて「ギリギリのところですね。」

ロケットの代償

藤原「しかしロケットの発射をそんないいところで観たせいで、運を使い果たして悪いこととかおきてないですか。」

きだて「打ち上げ見てから残り年内ずっと犬のうんこ踏むかなと思ってたんですが、意外と大丈夫でしたね。ただ、レギュラー仕事が1本打ち切られたので、ある意味は不運来たかも。」

藤原「ロケットの代償ですね、きっと。諦めるしかないやつです。」

きだて「ロケット見れたから仕方ない。
それぐらいの価値はあったんだ。
自分に言い聞かせてます。」


藤原「逆にロケットのバリバリのせいで血行がよくなって健康になったとかポジティブな効果はないですか。」

きだて「ロケット関連では無いですが、お土産に買って帰った安納芋が美味くて奥さんに好評だったので、家庭の雰囲気は良くなりました。種子島のおかげです。
車で通り過ぎただけなので写真が撮れなかったんですが、島内の安納芋直売所が「芋の駅」という名前だったのが面白かったです。」
安納芋が名物
安納芋が名物
藤原「安納芋も有名なんですね、種子島。「芋の駅」は「お菓子の家」の街にありそうな感じです。」

きだて「あと、文房具的には「種子島はさみ」というのが有名なんですが、時間が無くて買うことも出来ず残念です。」

藤原「これはもうみんな種子島いくしかないですね。」

きだて「記事読んで1月の打ち上げを見に行きます、という方からツイッター経由で「レンタカーが予約できなかったけど、他に何か手はありませんか」と相談を受けました。」

藤原「おお、そんな方が。どうにかなるんですか。」

きだて「島内には、WEB予約のページが無くて電話予約だけ受け付けてるローカルなレンタカー屋さんが何軒かあるので、それが穴場ですよとお伝えしました。無事に予約とれたみたいです」

藤原「ぐうぜん種子島情報に詳しいきだてさんがいてよかったです。」
種子島はまかせろ
種子島はまかせろ
きだて「今回は記事内で『宇宙ビジネスコート』さんにお世話になりました。宇宙ビジネスに興味のある人はぜひこちらも御覧下さい。
僕も、ロケット打ち上げと同期して窓ガラス揺らす装置をビジネスとして展開できないか、相談してみたいです。」


藤原「IoTでARだ。夢が広がりますね。」

きだて「みんなも種子島いこう。僕も今年中にもう一回ぐらい行く予定です。
つづいてはライターのさくらいさんのインタビューです。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓