特集 2016年12月3日

11月の記事ベスト5&おれたち優勝した

取扱説明書の制作に携わっていると、アニメ・漫画に出てくる機械や乗り物を見るたびに「これにも取扱説明書があるだろうな…」と気になってしまいます。
石川「ぬっきぃさん総集編は初めての登場ですよね。改めて簡単に自己紹介をお願いしていいでしょうか」

ぬっきぃ「はい!ぬっきぃです。ただいま群馬県高崎市在住の29歳です。フリーランスのイラストレーターです。

今年のデイリーポータルZとオモコロが開催したおもしろ記事大賞佳作受賞の縁でデイリーポータルZに記事を書くようになりました。」


石川「まだ3本目なんですよね、この記事で。前の2本も順調に好評を得つつ、3本目にして早くもヒット作が出ました」

ぬっきぃ「恐縮です」

石川「ペンネームのぬっきぃの由来は何ですか?「ぃ」は小文字なんですよね」

ぬっきぃ「そうです。ぬっきぃのぃは小さいぃです。

ペンネームの由来は、旧姓が葛貫(くずぬき)で、難しい名前だとどうしても名字+さん付けで壁が出来てしまうんです。
2つ目の会社で「くずぬきって呼びにくいから、今日からあなたはぬっきぃね!ぃは小さいぃで!」と先輩に付けてもらって、そのまま今まで来ました」


石川「僕で言うとカッワァみたいな感じですね。かっわぁ。葛貫って珍しい名前ですね」

ぬっきぃ「そうなんですよ!手で書くのも面倒くさいし、電話でも一回で通らないし。」

石川「イッシーとかだと、あー本名が石川とか石田なのかなって思うんですけど、元の名前が珍しいので本名のもじりだとわかりませんでした。」

ぬっきぃ「ほかには「くず(ゴミクズのイントネーションとは違う)」と呼ばれたり、下の名前がゆうこなので「くず子」とも呼ばれてたんですが、結構みんな振り返るんですよね。「くず!」「え?」みたいな」

石川「あはは、学級会開かれるやつですよその呼び名。でも語感はちょっとかわいいですね、くず子。
前に会社の近くにあったコンビニの店員に五味さん(たぶん)っていう人がいて、ひらがなで「ごみ」っていう名札付けられててかわいそうでした。漢字にしてあげればいいのに!」


ぬっきぃ「五味さんには勝手に親近感です」

石川「デイリーも「くず子」名義だったら待ったが入ってたかもしれないので、現ペンネームがぬっきぃでよかったです」

ぬっきぃ「もう、その名(くず子)で呼ぶ人はいません…懐かしいです。」
話がそれましたが架空の取扱説明書を作る記事の話でした
話がそれましたが架空の取扱説明書を作る記事の話でした
石川「うっかり名前で盛り上がってしまったので記事の話に戻しまして、テクニカルイラストレーターですね。主にどういったイラストを描いてたんですか?」

ぬっきぃ「2輪と4輪と汎用機の取扱説明書のイラストを描いていました。」

石川「乗り物系ですね汎用機っていうのはなんですか?」

ぬっきぃ「家庭用の耕運機、発電機です。」

石川「へー。耕運機って用途狭いように思うのですが汎用機って呼ばれるの面白いですね。農家的には何でもできるのかな」

ぬっきぃ「耕運機も結構種類がありました。社内では、「汎用機=エヴァンゲリオンの取説来ないかな」とか言ってました。」

石川「業界ギャグだ」

ぬっきぃ「あとエンジン」

石川「エンジンのイラストとかめちゃくちゃ画力鍛えられそうですね。そもそもエンジンにマニュアルがあるのかー」

ぬっきぃ「大体構図は同じで、一部修正が多いのでガッツリ1からは描かないんですよ?
リーマンショックからマイナーチェンジが多かったです。経費削減?」


石川「おー、イラストから透けて見える景気事情。家電とかだと、最初の方に「これはしちゃだめ」みたいな感じで子どもが感電してる絵とか描いてあるじゃないですか、あれも描くんですか?」

ぬっきぃ「仕向によってです。日本仕様だと描くのですが、海外仕様だとギャグチックな「これしちゃダメよ」の絵はありませんでした。何でかはわからないのですが…」

石川「国によって違うんですね。なんでも絵で書いて説明するのは日本のマンガ文化かな。前にこういう記事書いたんですけど、日本の説明書には子供がコンセント舐めてる絵とか描いてありました」
これは本物の取扱説明書から
これは本物の取扱説明書から
記事にもこんな注意書きが(スモールライトの説明書)
記事にもこんな注意書きが(スモールライトの説明書)
ぬっきぃ「ほんとだ!今、手元に自分がやったバイクの取説、海外仕様と日本仕様があるのですが、やっぱり海外仕様に「やっちゃだめ」の絵はないですね。
その代わり「Happy riding!」と書いてあって温かい気持ちになりました。」


石川「おお。そんなところに違いが。工作系のサイトとか見ても、英語のサイトは作り方の説明の最後に「Enjoy!」って書いてあるのが多い気がします。日本語のは「完成」とか。淡白」

ぬっきぃ「ハッピーライディングは導入の部分なんですが、日本仕様だと「安全運転を心がけてください。」でした。国民性が現れてるような気がします
あとインド仕様は女性がサリーを着るので、バイクにサリーガードという部品が付きます。これも改定で一部修正だったのですが、がっつりサリーを着ていました。しかも、横乗りでした。」


石川「サリーガード!(画像検索しながら)ほんとだ」

ぬっきぃ「これです!巻き込まれると大変なんです!」

石川「オーストラリアの車にはカンガルーバーがついてると中学の英語の教科書に載ってましたよ
カンガルーを轢いたときに弾き飛ばして、車の安全を守るバンパーみたいなもの、だったような」


ぬっきぃ「へぇ?!オーストラリアはやったことないです!(画像検索)おお…カンガルーバー切ないですね」

石川「切ないです。事故防止とはいえ」

ぬっきぃ「結構ガッツリ武装って感じですね。」

石川「マッドマックスって感じですね(見てない)」

ぬっきぃ「群馬はこの時期たぬきが…」

石川「たぬきバー。なんかわかんないけどアイスの名前みたいですね。」

ぬっきぃ「葉っぱのカタチですかね、かわいい」

石川「それか化かされて泥水飲まされるバー」

ぬっきぃ「ひどい!」
取扱説明書のイラストは、右利きの人を想定して左向きに描くのがポイント(記事より)
取扱説明書のイラストは、右利きの人を想定して左向きに描くのがポイント(記事より)
石川「普通のイラストとマニュアルのイラストの違いってどんなところですか?」

ぬっきぃ「普通のイラストは結構好き勝手かいてるのですが、マニュアルイラストは作業者が今どこを見ているか考えてイラストを描くところですかね。」

石川「今どこを見ているか。なるほど」

ぬっきぃ「あと、マニュアルイラストは自分を殺します。表現力を出してしまったらとたんに騒がしい絵になってしまうんですよ。なので、パースを付けないように努力しています」

石川「無機質なのがいいんですね」

ぬっきぃ「そうです!人が作ってる感を出さないほうが正解かもしれません。」

石川「たしかに人が書いてる匂いがしないんですよね、あれって。もしかしたらCADとかで製品の設計図から生成してるのかも、くらいに思ってました。
記事の末尾に「こういうのも人の手で描いてるんだね」っていう発言がありますけど、すごいわかる。しかしその無機質な感じも、努力の賜物ということですよね。」


ぬっきぃ「そうですよね、なんでCADがあるのにイラストにするんだろう?って思います。
過去に精度が良くなかったとか色々事情がありそうですね、CADで出すより描くほうが早いわー!とか。
だいたいマニュアルは発売前に作成するので機密なので書いてるところを見る機会ってないと思います。」


石川「あーなるほど、けっこう機密性の高い仕事なんですね。さいごに、今後こういうマニュアル書いてみたい、みたいなのありますか?」

ぬっきぃ「マニュアルで商品紹介です!すごく温かい肌着を手に入れたので、それをマニュアル風に描いて紹介してみたいです!」

石川「ああ、おすすめの紹介がマニュアルになってるのおかしいですね。おすすめって人間のパッションの部分じゃないですか、それが無機質なイラストになって出てくるという」

ぬっきぃ「まさに冷静と情熱のあいだ。過去にもテクニカルイラストの話題は発信してきたのですが、結構みんなマニュアルのイラスト好きなんですよね。」

石川「そうそう、なんか普段意識してないだけに、「あー、こういうのあるある!」みたいな面白さがあると思います」

ぬっきぃ「もっと見て欲しいです。私達の自我を消すテクニックを!」

石川「あはは、自我を消すテクニック。またそのうちマニュアル記事の第2段もやりましょう!」

ぬっきぃ「わーい!やりましょう!」
石川「うっかりイラストの話ばっかりしてしまいましたが、11月はもう1本ありましたね。高崎のパスタイベント
話すと長くなるので、ここではこちらもぜひ読んでくださいということで」


ぬっきぃ「17枚絵を描きました!渾身の記事なので是非読んで、是非来年高崎にお越しください!」

石川「テクニカルじゃない方のぬっきぃさんのイラストが満喫できますね。エモの出た方のイラスト」

ぬっきぃ「堪能してください!」

お知らせと今後の予定

告知が大量にあるので駆け足でご紹介しましょう。(師走だけに)
今週末は大垣とタイのチェンマイでそれぞれイベント出展です。大垣は Ogaki Mini Maker Faire で、林さん、べつやくさん、爲房さん、さくらいさんが参加します。チェンマイはチェンマイデザインウィークというイベントでデカ顔を展示。現地には藤原と小堺さんが行ってくれています。リアルタイム更新をしていますので、遠くていけない方もぜひご覧ください。

そしてなんと、カルカルが渋谷に移転します!その1発目のイベントとして、「水曜どうでしょう藤村DがデイリーポータルZに説教をする会」をやります!12/7よるです。さらに翌日は西村さん出演の「路線図ナイト2」も。
盛りだくさんの告知ですが全部今週末から来週にかけての話です。お見逃しなく!

それ以降、さらなる最新情報はTwitterFacebookを御チェックのほどお願い申し上げます。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓