特集 2016年3月30日

電子レンジの押したこと無いボタン料理

電子レンジレシピのメニュー選択の謎

ウチの電子レンジにはあたためとは他に自動で調理をしてくれるボタンがあり、そのレパートリーが意外とある。
!
ゆで野菜系はまぁ分かる。ゆでと言うか普通にレンジで火を通す感じだろう。通常のレンジでも使っていた。レンジで茶碗蒸しは結構定番だ。

しかし塩サバ!?からあげ!?なんでグラタンはナスに限定したの!?パスタもたらこだけなの!?という謎チョイス。
たらこパスタ、ただ
たらこパスタ、ただ
レシピを見てみるとナスグラタンはオーブン機能でグラタンが作れるということ。たらこパスタは、レンジパスタ容器が無くてもパスタは茹でられるよ。以上のことは言っていなかった。

それ以外の辺りで気になるものを作ってみよう。

美味いし便利。塩サバ

塩サバをレンジで作れるのか。
塩サバをレンジで作れるのか。
ただ焼くだけなんだけれど、魚焼きグリルの掃除とかを考えちゃうとちょっと敬遠しちゃう塩サバが電子レンジで焼ける。これが本当にいい具合に出来るのならば朗報である。
!
!
取説レシピ通りに電子レンジにかけて写真を撮るとすっごく幻想的な写真が撮れるので複数載せておいた。電子レンジは塩サバの夢を見ているようである。
素晴らしく均一な焼き上がり。
素晴らしく均一な焼き上がり。
出来上がりの音を聞いて駆けつけると鯖は脂をジュワジュワ言わせながら現れた。黄金色に焼けた皮はいかにも美味しそう。すげぇな電子レンジ。
完全に美味い。
完全に美味い。
一度も裏返されずに炙られていた鯖の皮はパリッパリに仕上がっており、魚焼きグリルで焼いた尾の部分よりも美味しい。

裏返さないので調理中に様子をうかがう必要もなく放っておけば完成する。後片付けは下に敷いたアルミホイルを捨てるだけといいことだらけだ。
これには石像たちも大はしゃぎ
これには石像たちも大はしゃぎ
調理に少し時間がかかるが、一度焼き始めると残り時間が秒単位で表示されるのも御飯を作るのにも便利である。電子レンジに焼き魚系機能がある方は一度試してみて欲しいと思う。

なにが起こったひとくちカツレツ

カツレツが電子レンジで作れるなんて
カツレツが電子レンジで作れるなんて
ここまで電子レンジの力に感動しきり。そんなこと出来る!?って思いながら始めたが、今は「電子レンジでひとくちカツレツが作れます」って言われたら「まっ、マジで!?で、でも電子レンジが言うんだから出来ちゃうんだろうなぁ…」という気持ちである。
豚肉を薄く伸ばしたものに
豚肉を薄く伸ばしたものに
バターと粉チーズとパン粉を混ぜたもの
バターと粉チーズとパン粉を混ぜたもの
衣として肉にまとわせる
衣として肉にまとわせる
あれっ?何故か覚える違和感に、これで合ってるよな?と何度もレシピを見返すが合っている。ふん?わかんねぇけど電子レンジさんならここからでも巻き返してくれるだろうという信頼がある。とりあえず作ってみよう。
えっ
えっ
そう思って出来上がったのがコチラである。
んっ?
んっ?
んんッ!?
んんッ!?
ついつい石像も目を疑う出来上がりである。石像のタイミングでないのについつい出してしまった。
ひとくちカツレツです。
ひとくちカツレツです。
見た目に恐ろしい物が出来た。マジか?って思うがマジである。写真詐欺にあった気はするがレシピは間違い無いものを使っている。

薄く伸ばされた豚肉は非常に柔らかく、チーズとバターの衣は駄菓子っぽい味がする。しかし衣?がブビョっとしており水でふやけたチーズ味のビッグカツみたいな感じだ。
どうしてそうなった、これでOKなのか感で言えばこの石像。
どうしてそうなった、これでOKなのか感で言えばこの石像。
それ無茶じゃない?って思ったレシピ群だが実は得意みたいなジャンルと、やっぱり全然無茶でした。っていうレシピがあるのが見えてきた。

なんでも出来ちゃうよ!って言うよりも逆に奥深く思えてきちゃったぜ電子レンジ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓