特集 2016年2月10日

JRの料金路線図、山手線が消えるのはどのへん?

営業キロ数なのか?

このまえ、静岡の袋井に行った時に料金路線図を撮影したので、それを見てみましょう。
やっぱり!
やっぱり!
ほら、1660円だ! 予想通りですね。これって、つまり下の券売機で買えるきっぷの金額の上限ってことじゃないですか?
そうか、うっかり路線図の形ばかりみててそっちに気がむかなかった……でも、そうなると、上野で1940円の宇都宮が復活してたのはなぜなんでしょうかね?
例外もある……ということでしょうか。やっぱり起点の駅だし、上野からだと宇都宮までのきっぷを買う人も多いだろうから……。
ちょっとまってください。これ、もしかしたら営業キロ数と関係があるかも、たしかJRの運賃って営業キロ数で変わってくるから。時刻表があれば営業キロ数と運賃の対応表があったはずなんだけど……。
そうか、ちょっと本屋で買ってきます!
約10分経過。
買ってきました! えーと、運賃表……。本州3社の幹線の運賃ですね……。
えーと
えーと
あったー!
あったー!
やはり、料金路線図の端っこの駅は、営業キロ100キロメートルの1660円区間であった。
これ、正確にいうと「料金路線図は基本的に営業キロ100キロ区間を掲載している」ということかもしれないですね。このまえ石巻で撮影してきた料金路線図を見てください。
端っこの料金がけっこうバラバラだけど……
端っこの料金がけっこうバラバラだけど……
東北本線や常磐線の端っこは幹線の100キロ区間、1660円で終わってますが、陸羽東線の端っこ、鵜杉は地方交通線だから同じ100キロ区間でも金額が1850円になる……。
そうか、しかしそうなると、気仙沼が1710円で終わってるのが気になりますね。
BRT(震災で被災した線路をバス専用道路に変更したバス路線)の営業キロや料金はまた別になるのかな?
これも、上野の宇都宮みたいな例外かもしれないですね……。
どうも西村京太郎トラベルミステリーみたいになってきた。推理小説では、データを元に推理を展開するタイプの探偵は安楽椅子探偵というらしいが、まさにこれだ。

しかし、データによる推論だけではどうしようもない疑問点がわき上がってくる。

そう、山手線はどのへんで消えるのか? ということだ。

山手線は100キロ超えると消えるのか?

都内の料金路線図は、シンボルのように描かれている山手線。山手線がまんなかにあると、自分の今いる駅の位置がイメージしやすいという利点もあると思う。
この山手線はどのへんで消えるのか?
この山手線はどのへんで消えるのか?
はたして、この山手線も100キロを越えるとプッツリ消えるのか、途中までが1660円区間の場合はどんなふうに描かれているのか?

こればかりはいくら推理しても実物をみなければなんとも言えない。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓