特集 2015年10月23日

果物をかわいいガスタンクにする

タマゴってつまり「タンク」だもんなあ

工作中、冷蔵庫のドアを開けて「あっ!」ってなった。
工作中、冷蔵庫のドアを開けて「あっ!」ってなった。
フルーツ・ガスホルダライザーがそれらしく見えない大きな理由のひとつは「色」だと思う。

ガスタンクって一色だ。前述したようにイラストが描かれている場合もあるが、基本的には柱もタンク本体も同じ色だ。だいたい薄緑色。

リンゴ・ガスホルダライザーは赤に、ラフランス・ガスホルダライザーは緑に塗るべきではないのか。ええ、そのとおりだ。

でもほら、工作の中でも塗装って難しいじゃないですか。しかも今回考えなしにABS樹脂と塩ビの混合というやっかい素材選びをしてしまったのでなおさら塗るのがむずかしい。一瞬お隣さんにお願いしようかと思ったけど、それにしては本体の出来が悪すぎる。申し訳なさ過ぎる。

でも、これがタマゴなら解決だ。形はタンクそのものだし、色も白い。一石二鳥。
ただ、サイズが小さくなると誤差が目立つのよね。
ただ、サイズが小さくなると誤差が目立つのよね。
で、できたのがこれ。それなりにかわいいぞ。かわいいのでテーブルじゃなくて赤い椅子の上で撮影したぞ。
で、できたのがこれ。それなりにかわいいぞ。かわいいのでテーブルじゃなくて赤い椅子の上で撮影したぞ。
買ってきた材料が許す限りの数を作った。たくさんあるとかわいさも増す。100個ぐらい作りたい。
買ってきた材料が許す限りの数を作った。たくさんあるとかわいさも増す。100個ぐらい作りたい。
考えてみれば、タマゴは「タンク」そのものだ。ちなみに「卵形消化タンク」というタンクがある。ガスじゃないけど。

それにしても、こうして改めて見てみると、タマゴの形ってすごいな。こんなにきれいな形の物がスーパーに並んでるのって、ガスタンクがしれっと街の風景として存在してるのと似てる。
冷蔵庫のタマゴホルダーがこんなだったらいいのではないか。
冷蔵庫のタマゴホルダーがこんなだったらいいのではないか。

夏にスイカで再チャレンジだ

最後のタマゴは、なんか「逃げた」感じがする。素材選びをやりなおし、あらためてチャレンジしたい。ちゃんとクッション性も備えたフルーツ・ガスホルダライザーに。ゆくゆくはスイカも。
ガスタンクの写真を整理していたら、福島駅そばのこんなものが。まさにフルーツモチーフ。無意識にこれに連想させられていたのかもしれない。
ガスタンクの写真を整理していたら、福島駅そばのこんなものが。まさにフルーツモチーフ。無意識にこれに連想させられていたのかもしれない。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓