特集 2015年6月30日

技術力の低い人限定 巨大ロボットバトル(通称:ギガヘボコン)レポート!

各賞発表

優勝
ネコ(tawashi)
ネコ(tawashi)
準優勝
ハリボテエレジー(taka)
ハリボテエレジー(taka)
審査員賞:タミヤ賞
ロボキャッチャー(ゆえ)
ロボキャッチャー(ゆえ)
「見た目の仕上がり、コントローラーを持ち替える所がツボにはまって何度も思い出し笑いしてしまいました。」(株式会社タミヤ・石崎さん)
審査員賞:Makers Hub
Peqqer(チームなるはや)
Peqqer(チームなるはや)
「皆さんのチームワークが好きでした。それからPeqqerにあっさり負けたところ、それでいて本戦では健闘を見せてくれたところまで含めて、よかったです。」(Makers Hubプロデューサー 多田羅さん)
審査員賞:超ロボットエリア賞
豪腕機人DXヘボリオン(ウナゴリラ)
豪腕機人DXヘボリオン(ウナゴリラ)
「今回、参加者のみなさんが1m以上というサイズ制限をどうクリアしてくるかが見ものだったのですが、中でもこれだけ大きい物を作ってきたのは圧巻でした。」(ギガヘボコンCTO(Cheap Technology Officer)/ニコつくスタッフ 中島さん)
審査員賞:デイリーポータルZ賞
ハイエナズクラブ(ハイエナズクラブロボ)
ハイエナズクラブ(ハイエナズクラブロボ)
「ヘボコンを何度か開催して、地形っぽいロボとか罠っぽいロボは毎回出てくるんですが、いつも早々に負けるんですよ。このロボに関しては、そういった系統にもかかわらずすごく健闘したので、やるな、ということで選ばせていただきました」(石川)
最も技術力の低かった人 賞
ボーン・トゥ・ビー・ワイルド(OG技研)
ボーン・トゥ・ビー・ワイルド(OG技研)
こちらはニコニコ生放送のコメントによる投票で選ばれました。
もっとも名誉ある賞である「最も技術力の低かった人 賞」に輝いたOG技研さんには、小学生(編集部・安藤さんの息子さん)が作った木のトロフィーが贈呈されました。
もっとも名誉ある賞である「最も技術力の低かった人 賞」に輝いたOG技研さんには、小学生(編集部・安藤さんの息子さん)が作った木のトロフィーが贈呈されました。
ヘボコンで入賞という栄誉あるのか不名誉なのかよくわからない立場になってしまったみなさん、どうもおめでとうございます!!

出場ロボット紹介

最後に、ここまでに登場しなかった巨大ロボの数々を一挙ご紹介して、このレポートを締めさせていただきます。
パチンコロボット(junji) 親子参加。お子さんがパイロットとなり搭乗、お父さんがロボットごと、ゴムの力でパチンコのように発射。前面に主砲のようなものが見えるが飾りである。
パチンコロボット(junji) 親子参加。お子さんがパイロットとなり搭乗、お父さんがロボットごと、ゴムの力でパチンコのように発射。前面に主砲のようなものが見えるが飾りである。
マックス(Sidemiru) ベイがつかないほうのマックス。柔らかいため相手の打撃でダメージを受けることはないが、かといってダメージを与えることもできない。ただ対戦相手を優しく包み込む。
マックス(Sidemiru) ベイがつかないほうのマックス。柔らかいため相手の打撃でダメージを受けることはないが、かといってダメージを与えることもできない。ただ対戦相手を優しく包み込む。
alptech 白いの スーパーレジェーラ(たかやましろう) そしてまさかの、なんとかマックスかぶりである。こちらは平常時は垂れている腕を、攻撃時に膨らませることによってパンチ攻撃が可能。ただし操縦者が息で吹いて膨らませるため、連戦では酸欠のリスクが伴う。
alptech 白いの スーパーレジェーラ(たかやましろう) そしてまさかの、なんとかマックスかぶりである。こちらは平常時は垂れている腕を、攻撃時に膨らませることによってパンチ攻撃が可能。ただし操縦者が息で吹いて膨らませるため、連戦では酸欠のリスクが伴う。
機能美(chocoxina) リセッシュを搭載、細菌攻撃に強い。前面のアルミホイルで相手のレーザーも跳ね返す。などなど機能は多彩だが全体的に的外れなのがよい。ヘボコンにレーザー兵器でてこねえよ。
機能美(chocoxina) リセッシュを搭載、細菌攻撃に強い。前面のアルミホイルで相手のレーザーも跳ね返す。などなど機能は多彩だが全体的に的外れなのがよい。ヘボコンにレーザー兵器でてこねえよ。
名前のとおり機能美を追求、前面にリンゴのマークをあしらう図々しさも
名前のとおり機能美を追求、前面にリンゴのマークをあしらう図々しさも
ギガポールダンスロボ(アニポールきょうこ) 浮き輪のカブトムシの上で人形がポールダンスを踊る。
ギガポールダンスロボ(アニポールきょうこ) 浮き輪のカブトムシの上で人形がポールダンスを踊る。
裏に電動ドリルがついており、その回転でタイヤを回すという骨太な前進機構。そのせいか走行時は飛行機みたいなすごい音がする。
裏に電動ドリルがついており、その回転でタイヤを回すという骨太な前進機構。そのせいか走行時は飛行機みたいなすごい音がする。
ペットボトル&キャット(伊藤健史) DPZライターからは伊藤さんが参戦。天敵であるペットボトルと猫を融合したコンセプチュアルなロボ。ペットボトルをリサイクルして作る自然に優しいロボの予定だったが、途中で足りなくなり業者から買った。このTシャツはamazonで買えるそうです(舌はつきません)
ペットボトル&キャット(伊藤健史) DPZライターからは伊藤さんが参戦。天敵であるペットボトルと猫を融合したコンセプチュアルなロボ。ペットボトルをリサイクルして作る自然に優しいロボの予定だったが、途中で足りなくなり業者から買った。このTシャツはamazonで買えるそうです(舌はつきません)
日本うんこ学会非公認!大ドでか腸内細菌ロボ サルモネラ・エンテリカ嬢(モッサリオ・モッサモッサ) 3人がかりで操作し、パチンコの原理で発射。口からゴミが飛び出すサルモネラ・ミサイル、投石器の要領で投擲攻撃する機能、目が光るなど、機能は多岐にわたるがもっとも注目すべきは外装のフェルト貼りの雑さである。
日本うんこ学会非公認!大ドでか腸内細菌ロボ サルモネラ・エンテリカ嬢(モッサリオ・モッサモッサ) 3人がかりで操作し、パチンコの原理で発射。口からゴミが飛び出すサルモネラ・ミサイル、投石器の要領で投擲攻撃する機能、目が光るなど、機能は多岐にわたるがもっとも注目すべきは外装のフェルト貼りの雑さである。
クーちゃん弐号機(ティラ) 子供用の車に乗ったパイロットが、踏み台を改造した本体を押して移動。相手を油断させるためにロボットの上には子供(人形)が乗っている。(パイロットも子供だがこちらは優秀なパイロットという設定なので子供としてはカウントしないことになっています)
クーちゃん弐号機(ティラ) 子供用の車に乗ったパイロットが、踏み台を改造した本体を押して移動。相手を油断させるためにロボットの上には子供(人形)が乗っている。(パイロットも子供だがこちらは優秀なパイロットという設定なので子供としてはカウントしないことになっています)
エリーちゃん巨大(ネッシーあやこ) もうひとりDPZからネッシーさん。エリーちゃんは100均で売られている人形で、ヘボコンではロボットの素材として定番。輪ゴムを弾いて後ろから当て、その勢いで進む、というどう考えても動きそうにない仕組みだったが、案の定ピクリとも動かなかった。
エリーちゃん巨大(ネッシーあやこ) もうひとりDPZからネッシーさん。エリーちゃんは100均で売られている人形で、ヘボコンではロボットの素材として定番。輪ゴムを弾いて後ろから当て、その勢いで進む、というどう考えても動きそうにない仕組みだったが、案の定ピクリとも動かなかった。
みやび号(橘家) 見てのとおり和式便器をモチーフにしたロボット。ワイヤーフレームでできたサイバーなロボだが、同時に「ワイヤフレームってこんなだっけ?」という気持ちにもなる。カラー針金は100均を10軒以上回ってかき集めた。
みやび号(橘家) 見てのとおり和式便器をモチーフにしたロボット。ワイヤーフレームでできたサイバーなロボだが、同時に「ワイヤフレームってこんなだっけ?」という気持ちにもなる。カラー針金は100均を10軒以上回ってかき集めた。
コードアームズ・パワーダー(KDM) キャリーカートを横倒しにしたものにラジコン戦車を仕込みラジコン化。よくみると上に小さいキャタピラつきロボットが乗っているのだが、これが本体だそうだ。「本体」の定義について考えさせられる。
コードアームズ・パワーダー(KDM) キャリーカートを横倒しにしたものにラジコン戦車を仕込みラジコン化。よくみると上に小さいキャタピラつきロボットが乗っているのだが、これが本体だそうだ。「本体」の定義について考えさせられる。
ギガパンダさん(みゆ) 第1回目のヘボコンで準優勝した突撃パンダさんの巨大版。足元のチリトリで相手をすくい上げ、倒す作戦。口からシャボン玉を発射する機能が仕込まれていたが不発に終わった。
ギガパンダさん(みゆ) 第1回目のヘボコンで準優勝した突撃パンダさんの巨大版。足元のチリトリで相手をすくい上げ、倒す作戦。口からシャボン玉を発射する機能が仕込まれていたが不発に終わった。
身長が規定サイズに満たなかったため、「わたしの考えたドローン」を頭上に載せて出場。語感の再現度は見事だが戦闘能力は特にない。
身長が規定サイズに満たなかったため、「わたしの考えたドローン」を頭上に載せて出場。語感の再現度は見事だが戦闘能力は特にない。
ピラミッ號(あさよ) コンセプトは「ピラミッド」。頂上の網に入ったビニール紐は太陽を表し、下に搭載されたトイレットペーパーはミイラ。これを巻きつけて相手をミイラにしてやるという作戦(というか設定)。
ピラミッ號(あさよ) コンセプトは「ピラミッド」。頂上の網に入ったビニール紐は太陽を表し、下に搭載されたトイレットペーパーはミイラ。これを巻きつけて相手をミイラにしてやるという作戦(というか設定)。
足元のラジコンカーはスフィンクスである。コンセプトとしては統一されてるにも関わらず、全体で見るとなぜこんなにカオスなビジュアルになってしまったのか。
足元のラジコンカーはスフィンクスである。コンセプトとしては統一されてるにも関わらず、全体で見るとなぜこんなにカオスなビジュアルになってしまったのか。
ギガストライカー木魚(おかめ工房) 第1回目のヘボコンでタミヤ賞を獲得したストライカー木魚の巨大版。音に反応して動く6足歩行キットが4つ内蔵されているため、木魚を叩くことによって進行方向をコントロールできる。木魚といいつつ圧巻の神輿(みこし)っぽさを誇る。
ギガストライカー木魚(おかめ工房) 第1回目のヘボコンでタミヤ賞を獲得したストライカー木魚の巨大版。音に反応して動く6足歩行キットが4つ内蔵されているため、木魚を叩くことによって進行方向をコントロールできる。木魚といいつつ圧巻の神輿(みこし)っぽさを誇る。
このめでたさである
このめでたさである
(おまけ)ルール説明用ロボ。ルール説明のために登場したダミーの人型ロボット。向かって左はブシニャンをイメージしたロボ(中身は編集部 古賀)、右は鉛筆をモチーフにしたロボ(中身はライターきだてさん)。いずれも当日の朝、会場で作った。ルール説明用のため試合は不参加
(おまけ)ルール説明用ロボ。ルール説明のために登場したダミーの人型ロボット。向かって左はブシニャンをイメージしたロボ(中身は編集部 古賀)、右は鉛筆をモチーフにしたロボ(中身はライターきだてさん)。いずれも当日の朝、会場で作った。ルール説明用のため試合は不参加
以上、全31体が今回の出場ロボットでした!

ギガであり、ヘボであった

「普通のヘボコンばっかりやっても飽きるし、巨大ロボットバトルにしましょう」「パイロットが乗っていいことにしましょう」ひとつひとつ冗談で言い出したことが全部そのまま通ってしまい、ほんとに開催されたのがこのイベントである。

すべてのロボットは、サイズが大きくなってもかっこよくならず、大きくなったのと同じ倍率でそのまま大味になっていた。

そんなヘボいままのロボットであったが、それでも大きいと試合の迫力は出るものだ。ヘボいまま、ぶつかり合いや転倒の迫力だけはギガサイズに。「ヘボダイナミック」という新しい概念の誕生した、エポックメイキングな大会であったといえるだろう。

ヘボコンは今後も、こういった派生大会含めて積極的に開催していきたいと思います。
また会場でお会いしましょう!
次回の告知は明日掲載予定!(間に合わなかったら明後日になることもあるよ!)
次回の告知は明日掲載予定!(間に合わなかったら明後日になることもあるよ!)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓