特集 2015年6月30日

技術力の低い人限定 巨大ロボットバトル(通称:ギガヘボコン)レポート!

決勝戦
ハリボテエレジー(taka)
vs
ネコ(tawashi)
いきなり決勝戦からご紹介してしまう。
ヘボコン史上初の巨大ロボットバトルの頂上決戦。迫力という点では歴代のヘボコン中で髄一の試合であった。
左がハリボテエレジー最終形態、右がネコ最終形態
左がハリボテエレジー最終形態、右がネコ最終形態
ハリボテエレジーは子供用の電動スクーターがベース。市販品を使っているだけあって、パワーはもちろん、スピードも速い。
馬の頭を移動中になくしてしまったそうで、写真の頭は会場で急遽作り直したものである。(だから色塗ってない)
初期形態はパイロットも普通のヘルメットであった。ライオンは別のロボットから受け継いだもの
初期形態はパイロットも普通のヘルメットであった。ライオンは別のロボットから受け継いだもの
対する、ネコは馬力の強さで決勝まで勝ち残ってきたマシンだが、動力はタミヤのモーターというから驚きである。移動速度は遅いものの、その場で旋回&後退もでき、小回りが利く。
こちらもダンボールの中にはパイロットが乗っており、前面の猫を裏からつかんで揺らすという隠し技(?)も。中からの視界が極端に悪いのが難点。
こっち見んな系の正面顔。
こっち見んな系の正面顔。
いずれもここまでの試合を馬力で勝ち残ってきた2体だ。そんなパワー系同士の決勝戦。スピードを兼ね備えたハリボテエレジーと、小回りのネコ。はたして優勝はどちらの手に!?
スタートと同時に両者猛スピードで突進。土俵中央で激しくぶつかり合う
スタートと同時に両者猛スピードで突進。土俵中央で激しくぶつかり合う
何度も激しく激突しつつも、ジリジリと押し勝っていくネコ。しかし土俵の中央過ぎたあたりでハリボテエレジーも踏ん張り、試合は膠着状態に
何度も激しく激突しつつも、ジリジリと押し勝っていくネコ。しかし土俵の中央過ぎたあたりでハリボテエレジーも踏ん張り、試合は膠着状態に
小回りの利くネコ、回転でハリボテエレジーをさらに後ろに押しやる。そのとき…
小回りの利くネコ、回転でハリボテエレジーをさらに後ろに押しやる。そのとき…
細かく動き続けたネコの足場が土俵スレスレに!危ない!
細かく動き続けたネコの足場が土俵スレスレに!危ない!
体制立て直しのためにいったん退いたネコに、ハリボテエレジーが猛スピードで突進、激突!勢いで押し勝ちたいところだが…
体制立て直しのためにいったん退いたネコに、ハリボテエレジーが猛スピードで突進、激突!勢いで押し勝ちたいところだが…
やはり馬力でネコのほうが勝り、ハリボテエレジーはそのまま押されて場外へ。ネコ、優勝!!
やはり馬力でネコのほうが勝り、ハリボテエレジーはそのまま押されて場外へ。ネコ、優勝!!
巨体と巨体のぶつかり合い!これぞ巨大ロボットバトルといった感じで、ヘボコンであることを忘れそうになるほどの激戦であった。それまで生暖かい笑いに包まれていた会場が、このときばかりは皆、息を呑んだ。このときばかりは…、ね。

さあギガヘボコン最高の白熱試合はもうご紹介した。名試合10連発、のこるは「このときばかり」以外の、怒涛のヘボ試合9連発である。ロボットバトルに対する期待値を一気に下げてから、次のページに進んでいただきたい。
1回戦第1試合
ハンガー2(hirotakaster)
vs
ぽこぽこおむすび君(よこちゃん)
ハンガー2は文字通りのハンガーである。
アイリスオーヤマで2000円
アイリスオーヤマで2000円
ボディの下にボクシングロボがついている(というかぶら下がっている)
ボディの下にボクシングロボがついている(というかぶら下がっている)
ハンガーの脚についた車で前進しつつ、ボクシングロボが高速でパンチを繰り出す。
何もしなくてもプラプラゆれているボクシングロボの頼りなさ、そしてパンチの圧倒的なリーチの短さ。戦闘力2くらいの感じだが、しかし相手によってはこれを下回る弱さを叩き出してくる場合もある。最後までわからないのがヘボコンである。

一方、ぽこぽこおむすび君は手作り感あふれるキュート系。
おむすびくんは動力を持たず、隣にいる米粒くんが自走して引っ張っていく
おむすびくんは動力を持たず、隣にいる米粒くんが自走して引っ張っていく
「こだわりうどん」ののれんをマジックで雑に消して「おにぎり」に書き換えてある
「こだわりうどん」ののれんをマジックで雑に消して「おにぎり」に書き換えてある
頭がちょっと光る(こだわり)
頭がちょっと光る(こだわり)
前進時は米粒くんが先行するため、ハンガー2に接触するのは足元のみ。この時点で、ハンガー2のパンチは一切当たらないことが確定した。やっぱり戦闘力2じゃダメか……。
大きなおむすびを引っ張って笑顔で侵攻する米粒くん。ハンガー2に動きがないが…
大きなおむすびを引っ張って笑顔で侵攻する米粒くん。ハンガー2に動きがないが…
あっ、土俵の継ぎ目に引っかかっている!
あっ、土俵の継ぎ目に引っかかっている!
一方でぽこぽこおむすび君側もハンガーを押し切るパワーはなく、そのまま時間切れに(時間切れの場合は移動距離が長いほうが判定勝ちになります)
一方でぽこぽこおむすび君側もハンガーを押し切るパワーはなく、そのまま時間切れに(時間切れの場合は移動距離が長いほうが判定勝ちになります)
判定でぽこぽこおむすび君の勝利!

パンチが当たるとか当たらないとか以前の問題であった。前に進めないのだ。初戦にふさわしいヘボ試合といえよう。

ただ、結果的に試合には負けたものの、米粒くんのタックルに大きく揺らされつつも何度も耐えたハンガー2。ハンガーとしての耐震性能はバッチリなのではないか。これで2000円。アイリスオーヤマのハンガー、買いだ。

土俵問題

ちなみにこの土俵、ニコニコ超会議の運営サイドに作ってもらったのだが、
足跡はともかく、タイヤの跡!?
足跡はともかく、タイヤの跡!?
この板、一体どこから持ってきたのか。
それで、この板に微妙な(本当に微妙な)反りがあり、継ぎ目に少し凹凸ができていた。一般的な巨大ロボットであればまったく問題ないレベルだが、我々は技術力がないので巨大ロボットなのにミニ4駆サイズのタイヤを使ったりしている。以後、この凹凸が試合の行方を大いに左右することになる……!

1回戦第6試合
電脳王(えきどなG)
vs
ほむほむランチャー(えんにょ)
電脳王はロボット工学とサイバネティクスの応用から生まれたロボットである……と思う。生体エネルギーである「マゴニウムエネルギー」で戦うそうだ。
平たく言うと、孫が乗る。
平たく言うと、孫が乗る。
人体をロボットに融合させ、エネルギー源として使用する恐ろしい設計のロボット。そこに融合するパイロットは、愛する孫である。戦場においては家族をも犠牲にせねば勝利はつかめない。それが戦争なのだ。

そして、事件は試合開始直前に起こった。
パイロットが搭乗を拒否!
パイロットが搭乗を拒否!
搭乗を拒否するパイロット・孫。エヴァンゲリオンにおける主人公・碇シンジのごとくである。仕方がないのでダミープラグ(平たく言うとマネキン)を搭載、ラジコン操作により出動することに。(パイロットが乗ったところで実際にはラジコン操作なのだが)
乗らなくてすんでご機嫌
乗らなくてすんでご機嫌
そしてほむほむランチャー。ランチャーの名は伊達ではない。8連発可能な砲身を持つ、全身これ武器、といった感じのマシンである。
そのわりには妙にピースな外見
そのわりには妙にピースな外見
上部にはLEDライトがついており照準を合わせることができるが、弾丸である風船が直進しないのであまり意味はなさそうだ。それよりもガムテープでベタベタに貼られた外装が気になるが…
なんという雑さ
なんという雑さ
夜行バスの中で潰れて二次元化してしまったものを会場で補修した結果らしい。

さて、どちらも試合前から一度ピンチを迎え、切り抜けた感のあるマシンである。この幸運を引き続き試合に持ち込めるのか!?
ランチャーから次々と風船を繰り出す、ほむほむランチャー
ランチャーから次々と風船を繰り出す、ほむほむランチャー
猛攻のうちの一発が電脳王に見事クリーンヒット!しかし所詮は風船。ダンボール製の薄い装甲にも特にダメージはなし
猛攻のうちの一発が電脳王に見事クリーンヒット!しかし所詮は風船。ダンボール製の薄い装甲にも特にダメージはなし
高く舞い上がる風船。唐突に情緒。
高く舞い上がる風船。唐突に情緒。
ほむほむランチャーは早々に全弾打ち尽くし立ち往生、電脳王も思うように動けず。時間切れ判定に。
ほむほむランチャーは早々に全弾打ち尽くし立ち往生、電脳王も思うように動けず。時間切れ判定に。
判定により、ちょっとだけ動いていた電脳王の勝利!

見掛けだけは派手だが実効性のなかった、ほむほむランチャー。もはや「見掛け倒し」というのもおこがましいような、戦う前から完全に予想がついていた攻撃力の低さである。「あー、やっぱりね」という気持ちで会場が一体となる、ヘボコンならではの暖かい試合であった。

混線問題

ところで、いまの試合で電脳王がちょっとしか動かなかったのには理由がある。この会場内、多数のラジコンや無線機器が稼動しており、すぐに混戦するのだ。おかげでラジコンを使用したロボットは、勝手に動いたり動いてほしいときに動かなかったりと、非常に厳しい環境となっている。このことは今後の試合にも大きな影響を与えることとなるので、覚えておいてほしい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓