特集 2015年5月27日

矢印だらけ

普通の矢印なんですけどね

秘蔵って言っても、特に変わった形をしてるわけでもない、普通の矢印である。

下の写真はトルコのイスタンブール空港の案内板。僕が好きな直角傘型矢印が5つも描かれている。

どうだ、グッと来るだろう。
すごく格好良いと思いませんか。
すごく格好良いと思いませんか。
下の写真はシャモニーにある観光地モンタンベールで見つけた。赤字に堂々たる白のアイコン。すごく良い。
アローヘッドのサイズとシャフトの長さが特に良い。
アローヘッドのサイズとシャフトの長さが特に良い。
なんでこんなに良いのか、パースのズレを補正して長さを測ってみた。なんとアローヘッドとシャフトの長さが黄金比である1:1.61になっていた。
黄金比については諸説ありますが、良いと感じるんだから仕方ない。
黄金比については諸説ありますが、良いと感じるんだから仕方ない。
モンタンベールの看板は他のアイコンも非常に可愛くて、デザインをパクるべく写真をたくさん撮ってきた。
矢印じゃないけど、この?の形がすごく良い。円とのバランスも良い。
矢印じゃないけど、この?の形がすごく良い。円とのバランスも良い。
ジュネーブでみた信号の押しボタンも良かった。文字が書かれておらず、矢印とボタンのみで構成されている。
傘型矢印とボタンのみというシンプルさ。
傘型矢印とボタンのみというシンプルさ。
外国のこういうデザインは本当に良い。こういうセンスは遺伝子的なものなのか、文化的なものなのかどっちなんだろう。
一見すると単なる傘型矢印だが、微妙に太さが変わっていく、アローヘッドの終端がエレガントである。
一見すると単なる傘型矢印だが、微妙に太さが変わっていく、アローヘッドの終端がエレガントである。
ゴミ箱のデザインとリサイクル矢印の感じもいい。判りやすい。
ゴミ箱が可愛いすぎて家に欲しい。
ゴミ箱が可愛いすぎて家に欲しい。
なんてことない軽食屋さんの看板もこの有様であり、可愛い。
原っぱに唐突に立っている看板。系統としてはサーティーワンタイプ。
原っぱに唐突に立っている看板。系統としてはサーティーワンタイプ。
ホテルにあった案内板も、矢印はもちろんアイコンがいちいち可愛くて萌えた。
萌えー。
萌えー。

従いたくない矢印もある

矢印への反骨で始まった当記事だが、どうにも僕は矢印が好きで従いがちになっている様な気がしてならない。

そんな中、非常に従いたくない矢印を見つけた。

それがコレ。
従っちゃダメなやつだ、これ。
従っちゃダメなやつだ、これ。
以上です。

矢印=鳩

矢印はそこらじゅうに描かれているし、気付かずに従ってるし、自分もよく使う。このありふれ方は鳩のそれである。

だが、そんな存在だからこそ改めて注目して見ると意外な発見がある。使い方に工夫があったり、デザインに凝っていたり、逆に雑だったり。

矢印に込められた想いを想像してみるのもなかなかいいもんですよ。

お知らせ:Androidアプリを作りました

ずっとiPhoneアプリを作っていましたが、Androidアプリを作ってみました。名前は『雨かしら?』。雨が降っている場所を地図でリアルタイムに確認出来るアプリです。日本全国で使えます。

Google Play 雨かしら?

指定地点の天気予報を表示したり、百名山のデータが最初から入っていたり、天気予報アプリとしても使えます。無料ですので使ってみてください。

あと、iPhone版が好評の登山用GPSアプリ『ジオグラフィカ』もAndroid版を作っています。現在はコミュニティでαテストをしていますので、山好きのAndroidユーザーはチェックしてみてください。

Geographica 新世代オフラインGPSアプリ
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓