特集 2015年4月15日

ふるえろ!呼び出しベル

イオンモール京都桂川

いきなり石垣から京都へと舞台は移る。
かっこいいサイン
かっこいいサイン
イオンだけにやはりワンタッチ・コール
イオンだけにやはりワンタッチ・コール
ここのテーブルの化粧板はいい感じの摩擦係数でいいふるえを見せてくれそうだ。期待しながら石焼ビビンバの出来上がりを待つ。
軽快なうごき!
身軽なボディがテーブルのサーフェイスをうまくつかんで跳ねるようにキレのよい回転。スノーボードではジャンプして回転した角度によって「180(ワンエイティ)」などと呼ぶらしいが、見事な45(フォーティーファイブ)」が決まった。
イオンモール京都桂川(ワンタッチ・コール)
なき声:ピーッ、ピーツ、ピーッ ピーッ、ピーッ、ピーッ
ふるえ:★★★★
食前の写真を撮り忘れたがビビンバおいしゅうございました。
食前の写真を撮り忘れたがビビンバおいしゅうございました。

東京のイオンでは

もういっちょイオン行ってみよう。
東京は東武練馬のイオン板橋、前出の店舗に比べると少し規模は小さくなる。やはり「ワンタッチ・コール」が出てくるかと思いきや……
新種登場!SOFTCALL(ソフトコール)
新種登場!SOFTCALL(ソフトコール)
どこかレトロ感のあるデザイン処理がいい。
どこかレトロ感のあるデザイン処理がいい。
薄型の流線型ボディ、軽さは今までの中で随一なのではないか。ちなみに今回は少しでもベル鑑賞の時間を稼ごうと、作るのに時間がかかりそうなつけ麺を選択した。腹が減っているのではないのかお前は。
おとなしい、動きも微動
実技では光りも音もバイブレーションもかなりおさえ目。コンパクトなだけにちょっとパワー不足感はいなめないか。しかしベルとしての役割はきちんと果たしている。突然知らないおっさんにじっと見つめられて「動きがなあ」とか言われても、知らんがなとっとと飯でも食えといったところだろう。
イオン板橋店
なき声:ピピピー ピピピー ピピピー ピピピー
ふるえ:★★
つけ麺おいしゅうございました。
つけ麺おいしゅうございました。

ホームセンターにはスタイリッシュなのが

イオン以外、ひいてはショッピングセンター以外のベルはどうなっているのだと目をつけたのがホームセンター。
シマホこと島忠・HOME’S
シマホこと島忠・HOME’S
リンガーハットは「ソフトコール」だったが絵がかわいい
リンガーハットは「ソフトコール」だったが絵がかわいい
決して広くはないフードコートだったがその中でも新種を発見。
バン!すごい重厚感!
バン!すごい重厚感!
知性を感じるふるえ。
動きはさほどないがバイブレーションは力強い。食事の出来上がりというより、収穫の豊穣といった原生的な歓びがずんずんと伝わってくる。グッドバイブレーションですね。
島忠・HOME’S仙川店(無線呼び出し装置アンコール)
なき声:ピーッピーッピーッピーッピーッピーッ……
ふるえ:★★★

あの高級フードコートのベルは

品川プリンスホテルの一角で行列の出来る名店をずらり取り揃えている異色のフードコート「品川キッチン」
入口もいわゆるフードコート的な開放感がない。
入口もいわゆるフードコート的な開放感がない。
しかしそんな高級フードコートでもフードコートである以上、料理をお客様に円滑に提供するための動脈となる呼び出しベルは必要不可欠の存在である。
パナソニック「小電力型ワイヤレスコール携帯受信器」品名ながっ!
パナソニック「小電力型ワイヤレスコール携帯受信器」品名ながっ!
清潔感のあるホワイトに側面の操作ボタンがアクセントを、豆のようなアクセントを。
清潔感のあるホワイトに側面の操作ボタンがアクセントを、豆のようなアクセントを。
大手家電メーカーの呼び出しっぷり、お手並み拝見といこうじゃないか。
おー踊れるわこれ。
コールとバイブレーションが交互に作動し、独特のリズムを織りなしている、ダンスフロアでDJ KAORIが鳴らしていても遜色のないレベルだ。踊ろう、そしてうどんを食おう。
品川キッチン(小電力型ワイヤレスコール携帯受信器)
なき声:ピピピピピ(ブー) ピピピピピ(ブー)
※()はバイブレーション
ふるえ:★★★
かきあげうどんおいしゅうございました。
かきあげうどんおいしゅうございました。
秋田彩美館にナマハゲが来ていたので一緒に撮った。「ナマハゲと撮れますよ~」と言われたからだ。
秋田彩美館にナマハゲが来ていたので一緒に撮った。「ナマハゲと撮れますよ~」と言われたからだ。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓