特集 2015年3月11日

うまい!そして物足りない!毒魚ハオコゼを食べる

しとめたやつのトゲにやられた

結局大小7匹を釣る事に成功。
大小といっても最大で8cmくらい
大小といっても最大で8cmくらい
内蔵を取り除いて下処理をする。
ピンセットとはさみで…
ピンセットとはさみで…
いたっ!結局2箇所刺された。
いたっ!結局2箇所刺された。
指にするどい痛みが走った。指を滑らせて恐怖の背ビレにヒットしてしまったのだ。すぐに熱湯につけて毒を不活化したので大事にはいたらなかったがそれでもしばらく内側から火傷するようないやな痛みがじんじんと続いた。
死んでも毒棘は健在。おそろしいやつめ。
死んでも毒棘は健在。おそろしいやつめ。
痛い、くやしい。こうなったら調理の前にこの恐ろしい毒棘を観察しよう。
マクロで撮影。こんなとんがってるトゲ持ってたらそりゃ毒も出したくなるわ。
マクロで撮影。こんなとんがってるトゲ持ってたらそりゃ毒も出したくなるわ。
熱湯で煮て皮を取り除いた。
貝塚から出土したみたいになった。
貝塚から出土したみたいになった。
以前撮影したゴンズイの毒棘と比べてみよう。
これがゴンズイの毒棘。
これがゴンズイの毒棘。
これがハオコゼ。シュッとしてますね。
これがハオコゼ。シュッとしてますね。
精巧に毒線が刻まれ、刺さったら抜けないような返しまでついたまるで工芸品のようなゴンズイの棘の繊細な仕事と違い、いたってシンプルな作り。しかしその鋭利さは勝るとも劣らない。しかもゴンズイは1匹につき毒棘は3本だが、ハオコゼは14本もの毒棘を装備している。
口元にもやばそうなトゲが。
口元にもやばそうなトゲが。
腹ビレや尾ビレにも毒があるといわれているがどうなのだろうか。

今回私は背ビレだけでなく、胸ビレやエラ元のめちゃめちゃ殺傷力の高そうな太いトゲに刺されたが背ビレ以外はしびれなどの毒っぽい症状は出なかった(ただしめちゃめちゃ痛いし血が出た)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓