特集 2014年12月2日

しみったれた先輩におごられるツアー

しみったれ界の裏番長、ナオ先輩

さて次なる先輩は、ここまで大人しく後輩キャラを演じてきたナオ先輩である。パリッコ後輩の強い推薦でやってきた彼とは初対面なのだが、チミドロという恐ろしい名前のバンドのボーカルをしつつ、Excite Bitでライターとして活躍もしている方らしい。

そんな初対面の先輩に連れられて、池袋の街をサンシャイン方面へと歩いていく。

先輩が教えてくれたのは、「コンビニ飲み」という作法なのだが、これが破壊力抜群だった。
ジャンクションとしみったれ。
ジャンクションとしみったれ。
やってきたのは池袋にやたらとある某コンビニ。
やってきたのは池袋にやたらとある某コンビニ。
どこにでもあるコンビニでまず購入したのは、ハム、サラダ用のドレッシング、豆腐である。

どれも立ち食い、あるいはヤンキー座り食いには向かない食材だが、どこでどのようにして食べるつもりなのだろう。
サラダは買わずにドレッシングだけ購入。
サラダは買わずにドレッシングだけ購入。
さらにこれはコンビニ飲みのマストアイテムだというベビースター風のラーメンを追加。
さらにこれはコンビニ飲みのマストアイテムだというベビースター風のラーメンを追加。
「おでんは常識の範囲で汁を多め!」と、大きな容器をセレクト。
「おでんは常識の範囲で汁を多め!」と、大きな容器をセレクト。
「これが結構使えるんだよ」と、おでんの横にあった柚子胡椒ととろろ昆布をいただく。
「これが結構使えるんだよ」と、おでんの横にあった柚子胡椒ととろろ昆布をいただく。
コンビニ飲みといいつつも、お酒をまったく買ってくれない先輩。おでんの汁でも飲んでいろということだろうか。

今後の展開がいまいちピンとこない買い物を終えると、レジの脇に合った給湯器で、なんとベビースターにお湯を入れ出した。

先輩!それカップラーメンじゃないですよ!
「これがうまいだよ~」と、周囲の目など気にしない心の強さを持つ先輩。
「これがうまいだよ~」と、周囲の目など気にしない心の強さを持つ先輩。

屋根のある場所で軽く一杯

コンビニを出て向かった先は、某高級スーパー前にあるテーブル席だった。先輩の話では、ここが公共の場なのか、店舗のスペースなのかがグレーゾーンらしい。たぶん後者なんだろうけれど。

天気のいい日なら公園でもどこでもいいのだが(先輩に言わせると公園で飲む酒は野良ビアガーデンらしい)、この日は雨が降ったりやんだりの天気だったので、できることなら屋根が欲しい。
店内のイートインスペースならぬ、店外のイートアウトスペース。寒いので人の気配ゼロ。
店内のイートインスペースならぬ、店外のイートアウトスペース。寒いので人の気配ゼロ。
ここは風を遮る壁や暖房こそないけれど、屋根も椅子もある先輩のお気に入りスポットだそうで、コンビニ飲みで軽く一杯やるには最高の場所なのだとか。

コンビニ飲みとはいえドリンク類はガラスの向こうにある某高級スーパーで買うこと、混み合う時間はさけること、そして来た時よりも美しく使うことを己の中での条件として、ちょっとだけこの場所を使わせてもらうのである。
喫煙はNGだが、飲酒はNGではないはず。お店の人に聞くとダメっていわれそうなので確認はしない。
喫煙はNGだが、飲酒はNGではないはず。お店の人に聞くとダメっていわれそうなので確認はしない。
高級スーパーのお酒売り場で、好きなものを飲みたまえと胸を張るナオ先輩。
高級スーパーのお酒売り場で、好きなものを飲みたまえと胸を張るナオ先輩。
そうはいいつつも、一番端っこにちょっとだけあった発泡酒を真っ先に選んで、後輩に無言のプレッシャーを掛けるのがしみったれたる所以だ。
そうはいいつつも、一番端っこにちょっとだけあった発泡酒を真っ先に選んで、後輩に無言のプレッシャーを掛けるのがしみったれたる所以だ。
10%引きのチューハイを見つけたパリッコ後輩。果汁10%かと思った。
10%引きのチューハイを見つけたパリッコ後輩。果汁10%かと思った。
「ボジョレーとか飲みたいんじゃないの?ヌーヴォー?遠慮すんなよ」と先輩がいうので、氷結のヌーヴォーにしてみた。
「ボジョレーとか飲みたいんじゃないの?ヌーヴォー?遠慮すんなよ」と先輩がいうので、氷結のヌーヴォーにしてみた。

これがナオ先輩流コンビニ飲みだ!

ドリンクとツマミと素敵な場所が揃ったところで、ナオ先輩プロデュースによるコンビニ飲みのスタートである。
たぶんOLがランチとか食べる場所なんだろうな。ツマミを買ったのがローソンじゃなくてすみません。
たぶんOLがランチとか食べる場所なんだろうな。ツマミを買ったのがローソンじゃなくてすみません。
まずは適度にふやけたベビースターから。ベビースターにお湯を掛けてラーメンにするというのは笑い話としてよく聞くけれど、実際にやっている人は初めて見たかもしれない。

はたして「素直にカップラーメンを買ったらダメなんですか?」という後輩からのまっとうな疑問は溶けるのだろうか。
ちょい太めのベビースターが、お湯を吸ってさらに太くなっている。
ちょい太めのベビースターが、お湯を吸ってさらに太くなっている。
まずは先輩が味見。「めっちゃうまい!」と声を上げる。マジっすか。
まずは先輩が味見。「めっちゃうまい!」と声を上げる。マジっすか。
「でもベビースターにお湯ですよ」と、まずは匂いをチェックするパリッコ後輩。
「でもベビースターにお湯ですよ」と、まずは匂いをチェックするパリッコ後輩。
「うわ、ウメェ!」
「うわ、ウメェ!」
「そんな、これがうまい訳ないでしょう」と怪しむケムタ後輩。
「そんな、これがうまい訳ないでしょう」と怪しむケムタ後輩。
「うぉ!これはうまい!」
「うぉ!これはうまい!」
「やばい、太麺最高!」
「やばい、太麺最高!」
先輩、心の底から疑ってすみませんでした!

太麺のベビースターにお湯を掛けただけのものが、びっくりするくらいうまかったのだ。そして「僕はもうちょっと硬めがいい」とか、「お湯を少なくして味を濃くしたい」とか、これを料理として批評を始める一同。今考えると、ちょっとどうかしているかもしれない。

さらに柚子胡椒を加え、味を変えてもう一周。カップラーメンだったら麺が長いのですぐに食べ終わってしまうが、ベビースターなら長く楽しめるのだ。
「この柚子胡椒が合うんだよ!」「いやいや、そんな訳ないですって」
「この柚子胡椒が合うんだよ!」「いやいや、そんな訳ないですって」
「マジうめぇー!」
「マジうめぇー!」

まだまだ続くコンビニグルメ

続いて先輩がレジ袋から取り出したのは、真っ白い豆腐である。これにサラダの横で売られていた胡麻ドレッシングをドバーッと掛けた。

先輩曰く、「これぞシャレオツなコンビニ料理」ということらしい。これを料理だと言い切る先輩、かっこいいっす!
野菜の要素がゼロの豆腐サラダ。
野菜の要素がゼロの豆腐サラダ。
「今回は贅沢して、これをハムで巻いちゃおうか!」と、さらにオプションを投入する先輩。

コンビニグルメというか、リトルグルメ漫画の「OH!MYコンブ」の世界である。今調べたら、OH!MYコンブの原作は秋元康だったので、ナオ先輩もアイドルのプロデュースとかできるかもしれない。
胡麻ドレッシングを掛けた豆腐をハムにドーン!
胡麻ドレッシングを掛けた豆腐をハムにドーン!
クルクルっと巻けば、こじゃれたバーで出されてもおかしくないオードブルのできあがり、らしい。
クルクルっと巻けば、こじゃれたバーで出されてもおかしくないオードブルのできあがり、らしい。
春巻きならぬハム巻きをパクリ。
春巻きならぬハム巻きをパクリ。
「うーん、これはフレンチだよ!フレンチ!」
「うーん、これはフレンチだよ!フレンチ!」
「ムースですよこれ、豆腐のムース!」
「ムースですよこれ、豆腐のムース!」
「いやいや、白子ですって。あるいはフォアグラ!」
「いやいや、白子ですって。あるいはフォアグラ!」
すごい絶賛のされっぷりである。私のところに回ってきたときはハムが二枚残っていて、「おまえ、二枚いっぺんにいっちゃえよ!」「そんな!先輩が食べてくださいよ!」「いいんだよ、おれは食べ慣れているから!さあさあさあ!」みたいなやり取りがあった。

食べてみると、これが何を食べているんだか一瞬さっぱりわからなくなるのだが、高級料理には間違いない味なのである。豆腐がチーズのようでもあり、これはヨーロッパあたりで流行るかもしれない。今後、豆腐はハムで巻くべきだ。
おでんにいつの間にか買っていた白身魚のフライを入れると言い出した先輩。そんな奇をてらわなくてもいいですよ!
おでんにいつの間にか買っていた白身魚のフライを入れると言い出した先輩。そんな奇をてらわなくてもいいですよ!
「いやあ、さすがにこれなないでしょー」
「いやあ、さすがにこれなないでしょー」
「くー、なんで立ち食いそば屋に白身魚のフライがないんだろ。俺、ナオ先輩に一生ついていきますよ!」
「くー、なんで立ち食いそば屋に白身魚のフライがないんだろ。俺、ナオ先輩に一生ついていきますよ!」
いやいや、これがうまいわけがない。でも食べてみたらびっくり。

そんなことを順番でやり続けるという、テレビにおけるリアクション芸の練習会みたいな飲み会なのであった。

「もう酒を安売り店で買って家で飲めよ!」と思うかもしれないが、こういうのがキャンプで食べるカレーみたいでうまいのだ。
社会的に孤独なグルメ。
社会的に孤独なグルメ。
関係ないけど、証明写真の忘れ物がありました。
関係ないけど、証明写真の忘れ物がありました。
温かさこそが最高のご馳走でした。
温かさこそが最高のご馳走でした。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓