特集 2014年11月10日

Make: vs DPZメディア対抗ヘボコン対決!

Make: vs デイリーポータルZ、開戦

各チーム2体ずつということで、今回は総当たり戦で4試合行うこととした。(本番はトーナメント)

ルールは相撲と同じで、場外に出るか、転倒したら負け。長方形のベニヤ板が土俵だ。そのほか技術力の低さに配慮した細かいルールもあるが、それは試合を見ながら解説していこう。

第1試合 水玉きのこと仲間たち号(森田) vs ラグナロク~神々の運命~(藤原)

第一試合はどちらもパーツどっさりの盛り系どうしの対決。

重心が低く、前進後退のコントロールもできるラグナロクはかなりの安定感を誇る。
いっぽうで水玉きのこと仲間たち号の突進力もかなりのもの。押し合いに持ち込めれば勝算はあるか!?
白熱の試合の様子は動画でどうぞ。
試合開始と同時に猛突進をかける水玉きのこ
試合開始と同時に猛突進をかける水玉きのこ
しかし進路は逸れ、敵にたどり着く前に場外へ
しかし進路は逸れ、敵にたどり着く前に場外へ
一般的な相撲のルールであれば場外に出たほうが負けだが、ヘボコンには独特のルールがある。
こうやって相手と接触する前にどちらかが場外に出てしまった場合、その試合は無効になるのだ。

技術力のない人が作ったロボットは、直進もできないので往々にして勝手に場外に出てしまう。そうなると戦う前に負けたようでがっかりなので、「試合らしい試合」ができるまでやり直せることになっているのだ。(ただし2回まで)
ミニヘボコンのポイント7

接触しないで場外に出たら再戦だ。(2回まで)
再戦。ラグナロクの新幹線が水玉きのこにヒット!
再戦。ラグナロクの新幹線が水玉きのこにヒット!
しかし水玉きのこの暴走は止まらず、そのまま直進して場外へ
しかし水玉きのこの暴走は止まらず、そのまま直進して場外へ
まさに暴走機関車といった感じの、水玉きのこと仲間たち号。メルヘンな設定とは裏腹なその力任せのバトルスタイルは、ラグナログの牛歩戦術に敗れた。

というわけでデイリーポータルZチームが一勝。
続いては、一号対決だ。

第2試合 セレブMakey 1号(鹿野) vs 殺ロボマシーン1号(きだて)

亀が本体を引っ張るセレブMakey。牽引で移動するロボットは、前回のヘボコン含めても初めてのタイプである。そのポテンシャルは未知数。

対する殺ロボマシーンは、牽引のヒモを切断する作戦。ヒモ vs ハサミ、セレブMakeyは恰好の餌食となってしまうのか!
移動性能の低い殺ロボマシーンは、敵を待ち伏せで襲撃する作戦に
移動性能の低い殺ロボマシーンは、敵を待ち伏せで襲撃する作戦に
しかし敵地までたどり着くことなく、セレブMakeyは場外(このとき殺ロボマシーンが転倒したがセレブMakeyの場外が一瞬早かった)
しかし敵地までたどり着くことなく、セレブMakeyは場外(このとき殺ロボマシーンが転倒したがセレブMakeyの場外が一瞬早かった)
ちなみにきだてさんはロボットとペアルックである。(仮面もペアルックの定義に入るんですかね)
ちなみにきだてさんはロボットとペアルックである。(仮面もペアルックの定義に入るんですかね)
再戦。カメがジリジリと殺ロボマシーンに迫るが、ここで立ち往生。試合は膠着状態に
再戦。カメがジリジリと殺ロボマシーンに迫るが、ここで立ち往生。試合は膠着状態に
しばらくすると殺ロボマシーンがひとりでバランスを崩して自滅。
しばらくすると殺ロボマシーンがひとりでバランスを崩して自滅。
セレブMakeyの時間稼ぎにより、バランス問題を最後まで解決できなかった殺ロボマシーンが自滅。相手の弱点を尽いた見事な戦略であったといえる。(意図的だったかといわれると微妙な気がするが)

ここで勝負は1勝1敗。戦況は引き分けのまま、各ロボット、次は2度目の戦いである。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓