特集 2014年10月17日

工場の中を行く岳南鉄道に興奮

敷地北東の部分がぎざぎざしてて何かとせめぎ合っている情勢。これの原因がこの水路と祠だったのだ。
敷地北東の部分がぎざぎざしてて何かとせめぎ合っている情勢。これの原因がこの水路と祠だったのだ。
前述した「旧東海道と同じように岳南鉄道も迂回している」の理由は、当時の市街地を結んだ結果田んぼエリアの周辺部をなぞる形になったからだ。そしてそういう古くからの集落には神社がいて、それは工場をもってしても動かすことができない。

おそらく水路のそばの守り神だったのだろう。その結果、工場が遠慮する形でこの敷地になったというわけだ。推測だけど。
すぐそばにはちゃんと神社も。
すぐそばにはちゃんと神社も。
というか、またもや小理屈な内容になってるぞ。いかんな。ほんとどうしておっさんになると古地図とか持ち出すようになるんですかね。あとぼく最近老眼がはじまったんですよ。ショック。
水路には「マイ橋」もあって楽しい。
水路には「マイ橋」もあって楽しい。
大きな通りに出ると、川の向こうに製紙工場のすてきな風景。
大きな通りに出ると、川の向こうに製紙工場のすてきな風景。
ふと横を見ると「自由墓地模擬展示」というそそられる看板。
ふと横を見ると「自由墓地模擬展示」というそそられる看板。
覗いてみると墓石展示。
覗いてみると墓石展示。
振り返ると、さっきの川岸の謎のシートの押さえ石が墓石の再利用。どうなんだこれ。
振り返ると、さっきの川岸の謎のシートの押さえ石が墓石の再利用。どうなんだこれ。
道中一番気になったのはこの「BIG FUJI」というスーパーの看板
道中一番気になったのはこの「BIG FUJI」というスーパーの看板
これ共食いキャラだよね!
これ共食いキャラだよね!
ここでも共食いキャラ出現か!そしてこの「BIG FUJI」、ホームページ見てみたら魚、ブタ、牛、野菜、と共食いキャラオールスター勢揃いでびっくりした。
という感じで楽しく散歩してたらあっというまに岳南原田まで到着。
という感じで楽しく散歩してたらあっというまに岳南原田まで到着。
いいな、と思ったのはその岳南原田駅前にある観光案内版。
いいな、と思ったのはその岳南原田駅前にある観光案内版。
なにがいいって、製紙工場を示す絵がいい。
なにがいいって、製紙工場を示す絵がいい。
ぼくはすごく楽しかったのだが、どうだろうか。竹取物語の聖地巡礼がてら工場とそれ以前の土地由来とのせめぎ合いをみなさんにもぜひ鑑賞していただきたい。
やっぱりいちばんかっこいいのは工場くぐりだよね。締めに、あらためて岳南原田駅から見た「ハイライト」部分を。車両の赤と煙突の縞々の組み合わせがすてき。
やっぱりいちばんかっこいいのは工場くぐりだよね。締めに、あらためて岳南原田駅から見た「ハイライト」部分を。車両の赤と煙突の縞々の組み合わせがすてき。

みんな乗りに行こうぜ!

前述したように、残念ながら岳南鉄道の経営は苦しいそうだ。みんなで工場見に乗りに行こうぜ。なくしちゃうなんてもったいないよ、この車窓風景。
ホームの端っこでカメラを構えて車両を待つ、ってやつをはじめてやりました。
ホームの端っこでカメラを構えて車両を待つ、ってやつをはじめてやりました。

【告知:「間取り図ナイトツアー」残り3会場!下北沢・鳥取・岡山にて】


ホームグラウンドであるカルカルを飛び出し、全国のみなさんへへんな間取り図をお届けするイベント「間取り図ナイト」。ただいま全国行脚中です。

そろそろ後半戦。今週末はいったん東京にもどって下北沢で。来週は初の鳥取開催。最終日は岡山で行いますよ!

詳しくはこちら
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓