特集 2014年9月15日

世界が輝いて見えるメガネ

夜景を堪能する

せっかくできた新しいメガネをかけて、外に出てみよう。普通のメガネ、僕のメガネ、サンドペーパーで作ったメガネ、それぞれ同じ場所で写真を撮り比べてみた。

ビル横の足元照明

ふつう。まあ何の変哲もない。
ふつう。まあ何の変哲もない。
僕のメガネ。強い光がレンズの曲線に沿ってビヨーンと伸びるのが特徴。日食っぽくもありかっこいい。奥は十字型。
僕のメガネ。強い光がレンズの曲線に沿ってビヨーンと伸びるのが特徴。日食っぽくもありかっこいい。奥は十字型。
これがサンドペーパー。光の足が鋭く、そして長い。十字型でなく何本にも伸びているのもかっこいい。
これがサンドペーパー。光の足が鋭く、そして長い。十字型でなく何本にも伸びているのもかっこいい。

夜の道路

こちらは通常時。
こちらは通常時。
僕のメガネ。遠くの車が光の塊のようになってしまった。
僕のメガネ。遠くの車が光の塊のようになってしまった。
サングラス。遠くの光は光彩が抑えられ、こちらのほうが解像度が高い感じがする。
サングラス。遠くの光は光彩が抑えられ、こちらのほうが解像度が高い感じがする。

マンションの門灯

普通。なんか雰囲気ある写真になってしまった
普通。なんか雰囲気ある写真になってしまった
僕のメガネ。やっぱりこの三日月形の光は独特だ
僕のメガネ。やっぱりこの三日月形の光は独特だ
サングラス。マンガみたいにきれいな効果線
サングラス。マンガみたいにきれいな効果線

青信号

普通の写真
普通の写真
僕のメガネ。パワーアップアイテムを取って高速移動ができるようになった感じだ
僕のメガネ。パワーアップアイテムを取って高速移動ができるようになった感じだ
サングラス。こちらは瞬間移動のアビリティを手に入れたようだ
サングラス。こちらは瞬間移動のアビリティを手に入れたようだ

ビル

普通。1ページ目に掲載したこの写真だけど、
普通。1ページ目に掲載したこの写真だけど、
僕のメガネが、剣山みたいなメタリックな質感であるのに対して
僕のメガネが、剣山みたいなメタリックな質感であるのに対して
サングラスはシルク糸で覆ったかのような繊細さがあるのではないか
サングラスはシルク糸で覆ったかのような繊細さがあるのではないか

電光掲示板

まずは普通
まずは普通
僕のメガネ。もはや文字が読めない(最後のは「顔」です)
僕のメガネ。もはや文字が読めない(最後のは「顔」です)
サングラス。これどことなく東京ドームでライブやるときのステージ照明っぽくないですか
サングラス。これどことなく東京ドームでライブやるときのステージ照明っぽくないですか

交差点

普通。
普通。
僕のメガネ。こうやって見ると光が全部同じ方向に曲がっていて、レンズの曲面に沿っているのがわかる
僕のメガネ。こうやって見ると光が全部同じ方向に曲がっていて、レンズの曲面に沿っているのがわかる
サングラス。傷のつき方にムラがあって、右の交番の光はあんまり伸びてなかったりする。
サングラス。傷のつき方にムラがあって、右の交番の光はあんまり伸びてなかったりする。
比べてみるとわかるのだが、サングラスはよく光ってはいるものの、直線的で、僕のメガネとはちょっと違う気がする。

元々が度入りレンズではないのでそれが原因かもしれないし、何人かの人に話したら、レンズのコーティングが関係しているのではという意見もあった。

なんにしろ、メガネを軽く磨くだけで、光あふれる世界に行けることが明らかになったのだ。最近、日常にハリがないなーと考えている方は、ぜひ試していただきたい。輝かしい日常が待っているから。

さっさとレンズ変えよ

僕のメガネの話に戻ろう。

なんだか手放すのがもったいない気がしてレンズ交換しないで持って帰ってしまったのだけど、写真を見て「やっぱりさっさと交換しよう」と思い直した。

というかよく考えたら、交換後に古いレンズをもらってくればいいじゃん、ということに気づきましたので、もうさっさとメガネ屋さんに行こうと思います。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓