特集 2014年9月10日

歩きスマホは思った以上に危険

パワーアップ歩きスマホ

Makeに触発されて工作欲が湧いてきた。Makeで得た教訓と共に歩きスマホをもっとパワーアップさせたい。
こういう写真って、後ろのネギが気になってしょうがないよね。
こういう写真って、後ろのネギが気になってしょうがないよね。
それで出来たのが、こちらの歩きスマホ2.0。ただ足を付け替えただけではない、優雅な足取りとスマホの操作感を感じられるのではないだろうか。
人が立っているように見える!
人が立っているように見える!
もちろんこれも歩く。更にそれだけではなく、音声を発する機能まで搭載してしまったのだ!
驚かれたであろうか。音声は先程のものと合わせて5種類ものバリエーションで自由自在に発することが出来る。
何と、中にスマホが仕掛けられていたのだ!!!
何と、中にスマホが仕掛けられていたのだ!!!
それは何と、中にスマホが仕込まれておりスマホが歩きながらスマホを操作しているという一番初めに載せたポスターとほぼ同様の歩きスマホっぷり。

また電話で着信をさせると自己紹介、LINEで着信させると時候の挨拶など、離れた所から操作でき「うんこ」と発することで子供ウケもバッチリだ。

いや、ほんと、よくわかんなくなってきちゃったんですよ。

いや、ほんと、よくわかんなくなってきちゃったんですよ。
いや、ほんと、よくわかんなくなってきちゃったんですよ。
私の言葉に偽りはない。

もっとちゃんと工作したい

人が歩いているように見えるようにしよう。

人の中にスマホ入れたらスマホが歩いてスマホを操作してることに!

スマホ入れるんなら着信音で音声出すことが出来る!

小堀さんのマシーンが鼻水でウケてたから「うんこ」って言わせたらウケるんじゃないか
無い知恵絞って、配線を逆にして前後逆に歩くようにしたりもした。
無い知恵絞って、配線を逆にして前後逆に歩くようにしたりもした。
と、いう思考回路で精一杯頑張った結果が歩く歩道2.0だ。

どこかに進もうとした時に、歩きスマホの時のように手元しか見えないような近視眼的な思考でいると間違った方向に進んでいたり、思わぬ危険な目にあったりする。

進むべき時はしっかりと前と周りを見て行こうと、歩きスマホ2.0に教えられたような気持ちになりました。お後がよろしいようで。

コアラのマーチを振り続けると一個のチョコの塊になるということから生まれたコアラのマーチ振り機。かっこいい。
コアラのマーチを振り続けると一個のチョコの塊になるということから生まれたコアラのマーチ振り機。かっこいい。

という事で初めて参加したMake、面白かった。レベルが高くても低くても、それぞれみんな物づくりを楽しもうとしていてその姿勢を持った者同士尊重しあっていて凄くいい雰囲気のイベントだった。

また、レベルが高い人達も長時間の展示を経ていると「ちょっと今調子悪くて」とか「この部分だけ壊れちゃって…」とか手作り感が見えて親近感が湧く。きっと歩きスマホももっと修練すれば凄いものが作れるはずだ。

歩きスマホはたぶんもう作らないけど。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓