特集 2014年8月29日

農村を走る学園都市線に乗ってきた

ようやく終点へ

その先も、終点までのどかな景色や駅が続いた。
これが「学園都市線」の景色である
これが「学園都市線」の景色である
もうすぐ終点
もうすぐ終点
もはや学園都市は数十キロ先である
もはや学園都市は数十キロ先である
やがて遠くに街並みが見えてくると列車にブレーキがかかり、終点の新十津川駅に到着した。

これだけ長い路線の終着駅だけど線路とホームは1本だけで、来た列車がそのまま折り返すだけのシンプルな構造だ。
え、これが終点?と目を疑った
え、これが終点?と目を疑った
というわけで長いようで短い旅が終わった
というわけで長いようで短い旅が終わった
新十津川駅の全景
新十津川駅の全景
新十津川町は明治時代に大洪水の被害に遭った奈良県十津川村の住民が移住してきたところでこういう名前がついた。

町の中心部は駅からやや離れているようで駅前にはほとんど何もなかった。
駅前通りにはミニ図書館とLPガス屋さんだけがあった
駅前通りにはミニ図書館とLPガス屋さんだけがあった
なぜか駅前にいたポニー
なぜか駅前にいたポニー
駅前に小さな牧場があって、ポニーの親子(?)が放牧されていた。そのポニーと戯れているうちに、僕が乗ってきた列車は発車ベルを鳴らすこともなく、折り返して発車してしまった。
あー!...行っちゃった...
あー!...行っちゃった...
仕方ない、次の列車を待つか、と思って時刻表を見たら、6時間以上も先だった。何しろこの駅まで来る列車は1日に3本しかないのだ。
6時間なにしよう...
6時間なにしよう...

来たかったけど早く帰りたい

ずっと乗りたいと思っていた札沼線(学園都市線)。途中までは確かに学園都市を走る路線だったけど、後半は対照的に農村をのんびり走る路線で、途中駅を境にしたその対比が楽しかった。

後半の部分はきっと赤字だろうしいつ廃止になってもおかしくない気がするけど、楽しいのでみんな乗りに来るといいと思います。
新十津川行きディーゼルカーの車内にあった路線案内でも省略されていてそりゃないだろう、と思った
新十津川行きディーゼルカーの車内にあった路線案内でも省略されていてそりゃないだろう、と思った
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓