特集 2014年8月4日

ヘボコンレポート~心に残る名試合12選

1回戦 第3試合

チリトリーマアム(inuro) vs アキラ一号(アキラ二号)

当初、ただのガラクタ合戦かと思われたヘボコン。そこに確かなドラマがあると気づかせてくれたのがこの試合であった。

なにしろ、こうなのだ。
圧倒的な体格差
圧倒的な体格差
フィールドの幅は50cm。チリトリーマアムは「土俵の幅いっぱいのでかいロボットを作って突進させたら勝てるのでは」という作戦のもとに作成された巨大ロボ。二台のラジコンがチリトリを乗せて前進するロボットで、今大会最大の体長を誇る。
図体がでかいだけではなく、速い。
図体がでかいだけではなく、速い。
対するアキラ一号は、ヨチヨチ歩くタミヤのキットがベース。正面に貼られた顔も弱気の表情で、しかもそれが歩くとプラプラ頼りなく揺れる。試合前の試運転には会場から「弱そう…」との声も。
対峙する二体
対峙する二体
そんな弱そうなアキラ一号。巨大なチリトリーマアムに対峙するその姿は、単身巨悪に立ち向かう勇者のそれか、それとも風車に挑むドンキホーテか。
いずれにしろ完全に主人公ポジションであることに間違いない。対するチリトリーマアムの悪役ぶり!

そんな対戦のゆくえは動画で見ていただこう。
おもいのほかじわじわ攻めるチリトリーマアム。それもそのはず、2体のラジコンを使った足回りは、コントロールを間違うと猛スピードで場外に飛び出してしまう。幅がいっぱいなので、なおさらはみ出しやすいのだ。
じわじわ迫ってくる巨体
じわじわ迫ってくる巨体
登れ!登れ!
登れ!登れ!
しかしアキラ一号にはチリトリの傾斜を登り切る馬力もなかった。そのままコースアウト&転倒。
ひっくり返った姿が切なかった
ひっくり返った姿が切なかった
風車に敗れたドンキホーテ同様、アキラ一号は破れた。手に汗握るジリジリとした展開が会場を沸かせた。最初の名試合である。
1回戦 第6試合

鬼ゴリモス2号(じゅんじゅん) vs ぺんだこ(ホリ)

対してこちらは、ストレートな意味でヘボコンの真価を見せつけてくれた試合である。何しろ両者とも圧倒的なヘボぶりなのだ。
気迫を感じるビジュアルだが
気迫を感じるビジュアルだが
まずこちらの鬼ゴルモス2号。見た目こそ気迫にあふれているが、当日はじめ店てその動きを見て、僕は衝撃を受けた。
 なんかじわじわ後ろに下がっていく
なんかじわじわ後ろに下がっていく
4足歩行かと思いきや、なんか違う。もがいているだけだ。
タミヤの4足歩行キットを使ったにもかかわらず、色気を出して部品をひとつ自作のものに交換したせいで、ちゃんと動かなくなったらしい。余計な工夫をして台無しになったパターン。
しかも後退といってもまっすぐ進むわけではないので、放っておくと自ら場外に退場していく。

一方で対戦相手のぺんだこ。
キュートなビジュアルで一見完成度が高いのだが、動かしてみるとこうである。
キュートなビジュアルで一見完成度が高いのだが、動かしてみるとこうである。
能力:瞬時にバランスを崩す
能力:瞬時にバランスを崩す
ゲーセンで取った動く人形(音に反応して動く)の外装を付け替えたそうで、こちらもちゃんと動いていたものに余計な改造を入れて台無しにしてしまったパターン。見た目は違えど、奇しくも似たもの同士の対決となった。

試合の様子は動画で。
後退しつつ自分でコースアウトしていく鬼ゴルモス2号と、自らバランスを崩して転倒するぺんだこ。相手を倒すというより、相手の自滅まで耐えた方が勝ち、という大変ヘボレベルの高い試合。
鬼ゴルモス2号が後退でぺんだこに接近、
鬼ゴルモス2号が後退でぺんだこに接近、
一瞬機体を接触させるも、押し倒すには衝撃が足りず
一瞬機体を接触させるも、押し倒すには衝撃が足りず
途中でぺんだこは動作を停止。音に反応して動くしくみだが、操作者から離れてしまったため声が届かなくなったか
途中でぺんだこは動作を停止。音に反応して動くしくみだが、操作者から離れてしまったため声が届かなくなったか
ぺんだこがそのまま静止している間に鬼ゴルモス2号が自ら場外へ
ぺんだこがそのまま静止している間に鬼ゴルモス2号が自ら場外へ
動作させると自滅するロボット2体による対戦。片方が途中で止まってしまったために自滅を回避でき、正常に動いていた方が負ける。という、もう何重にもポンコツな試合であった。

主催者の僕としても、ここまでヘボい展開は正直想定外であった。
この試合、ロボットのヘボさが人間の想像を超えてきた、歴史的瞬間であると思っている。
1回戦 第9試合

戦いをやめさせる牛(きゅんくん) vs 「日本うんこ学会」非公認!腸内細菌プロメテウス・ミラビリス号(モッサリオ・モッサモッサ)

この2体、まずは見た目のギャップをじっくり味わってほしい。
月とすっぽんとはこのことか
月とすっぽんとはこのことか
まずは奥、かっこいい方から紹介していこう。名前は「戦いを止めさせようとする牛」(以下、牛)である。名前のわりにどこにも牛要素がない気がするが、それは試合直前に「重くて動きが鈍るので牛どけていいですか」という申し出があったからである。
もともとの姿
もともとの姿
当初のコンセプトを完全に無視してくる思い切りのよさも驚きだが、外すにあたってネジでも抜くのかと思ったら、単に上に乗っていた牛をどけるだけだったのも驚きであった。接着してなかったのか!

ちなみにでかい基板はジャンク品を使ったハッタリである。実体はこれもタミヤのキット。
そして問題の緑の方
戦いをやめさせようとするのをやめて傍観する牛。そして奥にもう一体、問題の緑の方
こちらは『「日本うんこ学会」非公認!腸内細菌プロメテウス・ミラビリス号』(以下、ミラビリス号)。

今大会随一のヘボいビジュアル。しかも電気を使わないというチャレンジングなロボット。それでいて、技も豊富なのである。
べん毛攻撃!
べん毛攻撃!
威嚇!
威嚇!
移動から攻撃まで全ての動作を空気圧だけで行っており、地味にすごい。機能、機構、工夫、どこをとってもすごいのに全体に漂うこの出来損ない感。もはやヘボの達人技の域。

そんな二体の対戦の様子がこちら。
サイドから回り込むミラビリス号を、そのまま押し出しにかかる牛
サイドから回り込むミラビリス号を、そのまま押し出しにかかる牛
いまだ、威嚇!威嚇!
いまだ、威嚇!威嚇!
威嚇体勢のままあえなく押し出されるミラビリス号
威嚇体勢のままあえなく押し出されるミラビリス号
コントロール性能の高い2体。コースの読み合いで戦略性の高い試合が展開されかけたが、ピンチの挽回のために繰り出した威嚇が全く功を奏さず、結局ミラビリス号が敗退。

体当たりで決着する試合が多い中、「技」が繰り出されたという点で名試合である。(名試合の理由もレベルが低い)
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓