特集 2014年7月16日

国語辞典の語釈をたよりにコロッケをつくる

とりあえず、ポテトコロッケを作ることに

みなさんもうお忘れかもしれないけれど、いちおう、ぼくは「コロッケだけ全く見たことも聞いたこともない異星人」という体でやっている。

異星人だけど、国語辞典を調べて自分なりにコロッケとはどんものかをまとめてみた。
コロッケ(名) 洋風料理の一。ゆでてつぶしたジャガイモに、塩、胡椒、バターで炒めたタマネギ、ひき肉をくわえて小判形にし、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけ、油であげたもの。
70冊近くの国語辞典を調べて総合し、導き出した異星人なりのコロッケの語釈がこれだ。

クリームコロッケは、別途ホワイトソースを調べるところから再スタートになるので、今回はパスさせていただき、ポテトコロッケでご寛恕いただいきたい所存です。

致命的な欠陥にいまさら気づく

これがコロッケになるのか……
これがコロッケになるのか……
国語辞典で作り方を確認
国語辞典で作り方を確認
しかし、国語辞典を調べただけで、これだけ完璧なレシピができるのだ。レシピ本なんてはっきりいってもう時代遅れじゃないか? これからは国語辞典だけでレシピは十分だろう。そんな気持ちになっていたところ、重要な事に気づく。
分量がまったくわからない
分量がまったくわからない
調理に必要な調理時間、例えばジャガイモをゆでる時間や、適切なジャガイモの分量がまったく分からないという事実が判明した。
仕方ないので、買ってきたジャガイモ全部ゆでた
仕方ないので、買ってきたジャガイモ全部ゆでた
というか、まずジャガイモの皮をむいてからゆでるのか、ゆでてからむくのか。そもそも皮をむくのかむかないのか。そういうことすらも国語辞典だけでは不明なことに今気づく。

さっきまであったあの万能感はいったいなんだったのか? だれだこんなこと考えたのは、ぼくなんだけど。

とはいえ、大雑把な目分量でなんとかなるだろう。そう、おおらかなんです、この異星人。

ジャガイモの皮はどうしたらよいかは、テレパシーで人に聞いたのでなんとかなった。

キャラ設定の甘さを痛感

ジャガイモをゆでている間に肉とタマネギの準備をしなければいけない。
タマネギをみじん切りに……
タマネギをみじん切りに……
今、この原稿を書いていて気がついたのだが、国語辞典にはタマネギをみじん切りにするなんて一言も書いてなかったにもかかわらず、何のためらいもなくタマネギをみじん切りにしてしまった。

我ながら「コロッケのことを何もしらない異星人」という設定の甘さを痛感している。

まあ、その辺は細胞の実験とかではないので、大目に見ていただければ幸いです。

コロッケづくり面白い!

豚ひき肉とタマネギをバターでいためる
豚ひき肉とタマネギをバターでいためる
豚ひき肉とタマネギのいため具合ももちろん不明、すべて自分の目でみて「これぐらいかな……」というところで引きあげる。 完全に手探り状態だ。
においはウマそう
においはウマそう
ジャガイモのゆで加減を計る方法もテレパシーで人にきいた
ジャガイモのゆで加減を計る方法もテレパシーで人にきいた
とりあえず、ひき肉とタマネギをいためおわり、ジャガイモもゆであがったのでジャガイモの皮をむく。
あつ! あつ!
あつ! あつ!
ゆで上がったばかりのジャガイモはめちゃめちゃ熱い。あつ! あつ! と、完全に吉本新喜劇のギャグみたいな状態に。そういう方面の知識はくわしい異星人なのである。
「ゆでてつぶしたジャガイモ」をつくる
「ゆでてつぶしたジャガイモ」をつくる
ゆで上がったジャガイモはとても柔らかく、マッシャーで押せばすぐにグニュッとつぶれる。
わ! すごいジャガイモがすぐつぶれる!(あたりまえ)
わ! すごいジャガイモがすぐつぶれる!(あたりまえ)
異星人の設定はなしにしても、今までコロッケは作ったことがなかった。だから、熱々のジャガイモは皮がぺろんとむけるとか、マッシャーでいもをつぶす感触やらがいちいち新鮮でおもしろい。
<もどる ▽デイリーポータルZトップへ つぎへ>

デイリーポータルZを

 

▲デイリーポータルZトップへ バックナンバーいちらんへ

↓↓↓ここからまたトップページです↓↓↓